土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

高知県JC幹部の歴史認識は?

5月27日午後に青年会議所・高知ブロック協議会主催の「マニフェスト型公開討論会」があった。会場は

高知市のRKCホール。参加は参議院高知選挙区から立候補を予定している、田村公平、武内則男、村上信夫の3氏で、その様子の一部は、高知サンサンテレビで放映された。

討論会は2部形式で、第一部のコーディネーターは須賀仁嗣・高知新聞政治部長。
第二部のコーディネーターは、藤澤寿幸高知青年会議所理事長。

高知のJC幹部が洗脳DVDをどのように評価しているのか、自分たちの近現代史プログラムにどのように感化されているのか、二人の幹部のその日の発言を収録しておく。

結論からいうと、相当な洗脳されぶりである。

一人は二部のパネリストの一人として参加した日本青年会議所四国地区高知ブロック協議会会長、もう一人は、二部のコーディネーター藤澤寿幸高知青年会議所理事長である。

いずれも当日、参加された方が起こしたメモからの引用である。

-----(引用開始)-----
【日本青年会議所四国地区高知ブロック協議会会長の発言】
今年から青年会議所は、近現代史、アニメ「誇り」をつくり、中学生を対象に全国で共同運動の事業をしている。

日本が戦争にまけて六十猶予年がすぎました。
日本は戦後、戦争から無縁の平和な国を生きてきています。

歴史をふりかえるにはまず、自国の立場を明確にした自国の歴史をしっかりと学ばなければなりません。

現在の日本の社会一般に浸透している近現代の歴史は、先人の思い行動が正しく伝えれられていないのではないでしょうか。

青年会議所がまとめた近現代の歴史は、日本は何を目的として、どんな道を歩んできたのか、どんな思い出いきてきたのかを子ども達に私達の言葉で伝えていくことを目的としている。

歴史は複雑で見る立場が違えば解釈もことなるものです。
私たちは過去の歴史を知らずに平和な生活をおくっているような気がします。
戦後の日本の教育は先の戦争が日本による一方的な侵略戦争だとし、悪いのは日本と言う洗脳に近い歴史観をおしえてきたような気がします。

このような過去のすべてを全面的に否定し原因の追及すら封印する教育では、日本という国に誇りや愛着、自尊心をはぐくむとはいえないと思います。

戦争を肯定するつもりはありません。
歴史を改ざんするつもりもありません。
しかし昔から日本人としてうけついできた美徳や動機、価値観は、みなおしていかなくてはいけないのではないでしょうか。

私たちが次世代に託すべき日本のすばらしき歴史、精神性をこのDVDアニメで伝えることで、自然と心情からわきおこる気持ち、本当の意味での国を愛する心が芽生え、日本に生まれて本当によかったと思える子ども達に感じてもらっていきたいと考えております。
青年会議所として、このような事業をおこなっております。

青年会議所としては、自分たち若者が子ども達にどのように戦争というものをつたえていくか、そして日本が戦争をしない国になっていくためにこういう事業をとりいれていますので、戦争についてはいろいろ意見があるとおもいますが、青年会議所としても絶対してはいけないと伝えていきます。

【藤沢寿幸氏の発言】
やはり過去の歴史の問題点は、方向性や考え方においていろんな問題点があります。
現在われわれがおぼえておる教育問題そのものが正しいか正しくないかを否定するとか肯定するとかではなく、今後の日本人としての生き方や愛国心にどれだけめざめるのかということを、日本青年会議所として提起していきたいということになります。

日本青年会議所としては戦争をしたことに否定するとか肯定するとか、そのとき軍部がおこなったことを肯定するとかいうことは考えておりません。
ただ過去にもどって日本人としても誇りをどうやってとりもどせるかということに関しては、過去の歴史問題をひもといていくべきではないか、とかんがえて今回の近現代史という言葉がでてきております。

先ほどから軍の活動だけに論点をおいてますけれど、そうではなくて、今後近現代史にもとづいて、教育的に改正していくところがこういうところにあるんじゃないだろうかというところがありましたら…。

現在の防衛については、他のかた、われわれの中では難しい考え方だとおもいます。

さっき武内さんからは従軍慰安婦等の話がありましたが、我々青年会議所は、あくまで東京裁判は戦勝国の一方的裁判だという位置づけをして、どれが正しいか正しくないかあんまり考えていない。

そうじゃなくて、もともとそれがあっていままでの教育をおこなってきたから、ちょっと卑屈になっているとか、日本人としての誇りを失っているとかいうことをうんと考えて、こいういう「誇り」というビデオを提出させてもらっています。

そのへんが教育的な問題に関してご意見のほうよろしくお願いします。

日本共産党さんが平和主義だというのはよくわかるんですが、いままでの教育が、すべて歴史問題について正しいか正しくないか議論していくべきだとわれわれかんがえております。今後の教育のありかたについてどのようなご意見があるかうかがいたい。
-----(引用終了)-----

やっぱ、相当洗脳されている(^○^)
こんな団体に子どもたちをまかせてはおおごとである(^^;
---------
【参考エントリー】
日本青年会議所は国民を欺く団体か?

日本青年会議所四国地区高知ブロック協議会会長のブログ


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 ランキングアップにご協力を!励みになります。
     ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

張りぼてのブロック会長 

  児島さん藤沢さんには、あなた方が言われていることが御自身で本当に理解されているのか自問していただきたいですね。

 彼らは現在の価値観から歴史を捉える必要があります。「靖国史観」は一般世界の常識からはかけ離れていますし、大日本帝国の政策の誤りで犠牲になった人々を愚弄するものです。 

 JC幹部としての発言は合格でしょうが、一般市民の立場になったとき果たして日本JCの言う「愛国心」や「誇り」が自分たちの生活にどのような結果がもたらされるか、歴史を勉強すべきです。

 日本はとてもすばらしい国です。その良さは挙げればきりがありませんが私はその中でも「謙虚な心」は代表的な美徳でしょう。謙虚になってJCの掲げる「誇り高き日本」等と言う言葉を考えたとき、恥ずかしいというか胡散臭い印象をうけます。
 
 歴史教育で「誇り」や「愛国心」を高めようなどということは19世紀ヨーロッパの国民国家成立期や中国、韓国または北朝鮮のやることと同じ古いやり方です。同じレベルになれば同じような窮屈な思いをすることになるでしょう。

 日本人の誇りを取り戻す=靖国史観で歴史教育
 戦後の歴史教育=GHQ洗脳の自虐史観
このような認識の人たちがJCメンバーの多数ではないと思いますが、こんな発言をしている幹部連中は本当にヤバイですね。

  
  • posted by takuya 
  • URL 
  • 2007.06/06 23:59分 
  • [Edit]

 

青年会議所ってなんか楽しそうですね

児島さんのブログみました、内容は???(*o*;

たぶん「いいひと」なんでしょう

自分たちだけで遊んでくれたらいいのに

  • posted by あやか 
  • URL 
  • 2007.06/07 18:25分 
  • [Edit]

 

そうですね。
自分たちだけで遊ぶ分にはいいんでしょうが…(^○^) 。

ことしの日本青年会議所近現代史検証委員会は、

第2回会合を靖国神社でひらき、

全国で最低200箇所はセミナーをひらく計画だそうです(^^;

始末におえないのは、こうした歴史認識で外国とも仲良くできると思っているんだからたいへんです。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.06/07 18:37分 
  • [Edit]

最近の高知JCもレベルダウンかな 

 地方のJCで市民との交流事業を」経験せずに理事長や幹部になった連中は日本JCに変な憧れがあるから影響を受けるのでしょう。
 自分達が市民と一緒に活動していれば偏った思想に影響されるわけがありませんね。

 自分などもJCの現役時代に日本JCに出向しました。研修で中国へ船で行きました。北京の人民大会堂で、中国共産主義青年団と交流したりしました。

 抗日戦争で傷を負ったという共産党の幹部が講演したりしました。抗日戦争の話をされていましたし。

 また高知JCの韓国との交流事業へ参加したこともありました。高知の中学生と韓国の中学生が交流しました。相手の韓国の中学生宅へホームスティしましたし。

 安重根記念館へも行きました。それこそ「歴史のとらえかた」で韓国の教師と論争したこともありました。

 韓国との交流事業をした人は、在日コリアの人でしたが後に高知JCの理事長になりました。
 かれは学生時代は日本名を名乗っていましたが、社会人になって在日コリアを名乗りました。

 それだけフランクでリベラルな組織でありました。
 偏狭な歴史観でアジアのJCとお付き合いができるはずがありませんし。長続きはしないでしょう。

 

 ‘けんちゃん‘さんの時代には幅広い活動があったのですね。同じJCでも日韓断絶(?)する時代、JCと共青団との交流など、今では考えられないことですね。価値観の違いを乗り越え、その中で考えることで、得るものが大きかったのではないでしょうか。
 ブロ長は日本JCの意向を伝えるだけの存在だったのでしょうか、日本JCに思考を預けている方が多いように思います。
  • posted by takuya 
  • URL 
  • 2007.06/24 22:52分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ