土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

軍国主義を復古させるJC幹部たち

社団法人日本青年会議所、「日本の魂」創造グループ、近現代史検証委員会が共同でつくった「近現

代史検証報告書」。いわずと知れた中学生を相手にした洗脳セミナーを実施するJCメンバーが自らの歴史観と思想をシンクロさせることを求められている報告書である。

これを読んでいて、Jの驚くべき「野望」がかいま見えたので書いておく。

この報告書は、「結論」として「8 その後もやまない戦争」という項目をたてて、大筋、次のようにのべている。

大東亜戦争(この報告書の言い回しにしたがう)はポツダム宣言を受託することで終結した。
極東国際軍事裁判(東京裁判)は、法理学をないがしろにした裁判であり、世界に新しい秩序の確立と戦争のない豊かな世界を築くことが目的であったが、世界にはまだたくさんの戦争がつづいている。

そしてこうしめくくる。

-----(引用開始)-----
確かに,自衛権しか持たない日本は,先の大戦以降は軍事上の犠牲者は,PKO活動などでの数名や,自衛隊の訓練中の事故死での犠牲者などに限られている。しかし,このことをもって世界が平和であるとは言えない。世界の現状に目を向け日本人として歴史から学んだ教訓を日本精神として伝える役目が我々にはある。それが次代に向けた我々の使命であると考える。
-----(引用終了)-----

この「歴史から学んだ教訓」とは何か?
53ページに「大東亜戦争まとめ」と題する小見出しがあって、次のようにかかれている(アンダーラインは引用者)。

-----(引用開始)-----
大東亜戦争(太平洋戦争)は支那事変(日中戦争)の延長にあり,もし,‘たられば,が許されるならば,支那事変が起こらなかったら大東亜戦争に突入しなかったのではと言われている。ただ当時の状況では白色人種対有色人種の構図は明確であり,誰もそれに抗う術を持たなかった。そこに日本という東洋の小国が立ち上がったことに意味があるだろう。現に戦争終結後,植民地にされていたアジアの諸国は独立を果たした。日本の植民地とされていた韓国,台湾は世界でも有数の先進国の仲間入りをした。少なくとも日本の精神や情熱が注入されたことは歴史が証明している。現に東南アジア諸国は,もし,戦時中日本の植民地になっていたら今頃は世界有数の先進国になっていたと語られたという。我々は負の遺産として大東亜戦争を捉えるのではなく,何のために日本が戦ったのか,そして日本の精神が貢献した部分は何かも含めて同時に検証してゆかなければならないと考える。
現代の日本人は戦争がない平和な日本を謳歌している。でもここに辿り着くために,我々の祖先が血の滲むような努力をしてきた事実にそろそろ気付かねばならないだろう。
-----(引用終了)-----

驚くべき歴史観である。
日本の植民地だったから「韓国,台湾は世界でも有数の先進国の仲間入りをした。少なくとも日本の精神や情熱が注入されたことは歴史が証明している」。
それに反して占領が短期間だった東南アジア諸国はそうなっていない。
日本の精神や情熱が不充分だったからだ、というわけだ。

こんな唯我独尊の思想をほかにみたことがない(^○^)

つまり、JCが中学生たちに洗脳しようとしていることは、たまたま武力、物量で日本は負けたが、その精神は世界にあまねくひろげていい(つまり八紘一宇である)。
それを次世代に伝えるのがわれわれの使命だというわけである。

驚くべき時代錯誤(^○^)
自己満足、自己過信、唯我独尊であり、まるで戦前の狂信的な軍国主義者をみているような思いである。

そういえば、この報告書には執筆者がつくった「日本の魂(こころ)」と題する「詩」も掲載されている。

-----(引用開始)-----
日本は本当に美しい
われわれ日本人はながきにわたり自然と共生し 八百万の神々とともに生き
恥を知り 誇り高く 和を尊び 清楚端麗 創意工夫 巧みの技 絆を大切にする
世界がうらやむ精神性や文化を育ててきた 高い品格のある国で生きてきた
失ってはいけない大切なもの 伝えなきゃいけない大切なもの それが日本にはある
近現代史の史実の中に 私たちが将来伝えていかねばならない 日本の姿がある
この国のためを思い全身全霊を捧げてきた 有名無名の先人たちの姿がある
どんな国を残そうとしたのか どんな子どもを育てようとしたのか
本当にまっすぐに真剣に 日本にそして将来のこの国に暮らす我々のために
尽くしてくださった
そんな熱い気持ちを そんな真摯な姿勢を 私たちはちゃんと理解しているだろうか
自らが正しい歴史観を持って 人々にそして子どもたちに伝えているだろうか
まず日本のことをもっと知ること 日本の物語を日本の言葉で伝える
日本で起きたことを 日本がしてきたことを 正確に自信と誇りを持って
自分の言葉で 子や 孫に 人々に そして世界に話しかけること
SPIRT OF JAPAN
日本の魂とも言える武士道の精神
その基本にある言葉をよく胸にきざみ込んでおくといい
武(もののふ)という文字は 戈(ほこ)を止(とど)む といい 平和を意味する
武士とはその実行者 武士道とはその平和の実行者のもつべき規範
この精神こそ今世界中が必要としている
私たちはこのすばらしき精神を持っている
-----(引用終了)-----

これが詩と言えるかどうかはわからないが、彼らの思い込みをかいま見せる言葉たちである。

はっきりしていることは、こんな彼らが協調できる世界は21世紀には存在しない。
1930年代以降の歴史でも否定された復古主義である。

せいぜい、存在できるのはクーデターによる脅しで、軍部が主導権をにぎっていった昭和初期の日本だけだろう。

彼らの跋扈を許してはならない。
---------
【参考エントリー】
日本青年会議所は国民を欺く団体か?


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 ランキングアップにご協力を!励みになります。
     ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

こういう人たちを満足させるには、「日本人専用」の地球を一つ作って与えなければならないでしょうね。
  • posted by 志村建世 
  • URL 
  • 2007.06/06 15:24分 
  • [Edit]

そうですね(^○^) 

昔は青年将校、いまは青年会議所ですかね。

こんな連中が国の進路を誤らせきた元凶です。

その背後で糸を引いている魑魅魍魎を

白昼に引き出さねばなりません。
  • posted by 土佐 
  • URL 
  • 2007.06/06 16:28分 
  • [Edit]

 


土佐→土佐高知です。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.06/06 16:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ