土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

DVDだけではわからない洗脳プロジェクト

JCネタをひきつづき書く。JCがこの近現代史プログラムにどれだけ力をいれているか、その靖国史

観による青少年の洗脳に力を入れているかは、DVDアニメだけではわからないと思う(いまこれが一人歩きしているが)。

きのうのエントリーでも紹介した、青少年にプログラムを実施する側、つまりJC会員たちがみずから靖国洗脳のよき尖兵として「思想改造」をとげるためのテキスト群をダウンロードしてみるとそれがよくわかる。

近現代史検証報告書は、A4版で96ページ。
「日本の誇り」は、A4版で10ページ。

JC会員たちは、これを読んで5時間の事前セミナーに参加し、歴史観と思想をこのテキストのレベルで「完全にすりあわせをしてお」かさせられるのだ。

この問題に関心のある人は、ぜひともこの二つのテキストをダウンロードして読んでみてほしいのだが、パラパラと見るだけでもすごい。

「近現代史検証報告書」の目次をあげる。
------(引用開始)------
目次
1 前書き
2 大東亜戦争史(日清戦争から大東亜戦争まで)
2-1 日本の開国と欧米列強の戦略
2-2 日清戦争
2-3 日露戦争
2-4 韓国併合
2-5 第一次世界大戦とベルサイユ条約
2-6 満洲事変
2-7 支那事変(日中戦争)
2-8 南京事件の真実
2-9 ブロック経済と世界恐慌
2-10 アメリカの排日移民法
2-11 アメリカの対日戦略
2-12 大東亜共栄圏
2-13 国際連盟脱退
2-14 日本の石油戦略
2-15 ABCD包囲網
2-16 ハル・ノート
2-17 大東亜戦争開戦までの経緯
2-18 日本軍の作戦
2-19 特攻作戦と軍首脳部の作戦政策
2-20 日本本土に対する無差別攻撃と原爆投下
2-21 日本の技術
2-22 終戦の詔書(玉音放送)
2-23 日本が後進国でなかった考察
3 GHQ の占領政策
3-1 GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)が目指した日本の民主化とは
3-2 ウォー・ギルド・インフォメーション・プログラム
3-3 太平洋戦争史とは
3-4 なぜこのような政策が行われ,成功してしまったのか
4 極東国際軍事裁判(東京裁判)
4-1 極東国際軍事裁判(東京裁判)
4-2 マッカーサー証言
4-3 外国から見た極東国際軍事裁判の評価
4-4 東京裁判の検証
5 靖國神社
5-1 靖國神社の生い立ち
5-2 国家神道としての靖国神社
5-3 敗戦後,宗教法人へ
5-4 歴代総理大臣の参拝
6 日本国憲法の誕生
6-1 大日本帝国憲法改正に至る経緯
6-2 憲法改正諸案
6-3 GHQ 草案と日本政府の対応
6-4 日本国憲法の成立
7 経済発展と安全保障
7-1 高度経済成長
7-2 安全保障のアメリカ依存
8 その後もやまない戦争
------(引用終了)------

靖国派の歴史観にもとづいく総合的かつ全面的な近現代史が展開されていることが目次だけでもわかるだろう。

一例だけあげる。
靖国神社への天皇親拝問題についてだ。
報告書はこの問題について次のように書く(77ページ)。

------(引用開始)-------
また昭和天皇の御親拝は8 回行われている。しかし昭和51(1976)年11 月を最後に以後30 年間天皇陛下の御親拝はない。何故か?はっきりした事は分からないが,昭和50(1977)年三木首相の私的参拝に始まった,天皇陛下に私人としての立場があるのかないのか,といった議論に端を発し,以降御親拝が出来なくなってしまったとも言われている。
------(引用終了)-------

ここには「富田メモ」などに書かれた、昭和天皇がA級戦犯合祀にたいする怒りからやめたという情報は一言も出てこない。
代わりに櫻井よしこら一部の右派人士がとなえているだけの説をとりあげている。
これからみてもこの「近現代史検証報告書」が拠ってたつ特異な歴史観が伺える。

奥原JC会頭は、以前に紹介した「弁明」コメントのなかで次のようにのべている。
------(引用開始)------
DVDの公開について

 このDVDアニメ「誇り」は、あくまでも近現代史教育プログラムの中の一つの素材であり、このDVDを見ることだけでの効果を期待していません。視聴後のプログラムや討議によって、確かな歴史認識を学ぼうとする意欲を持たせることを狙いとしています。特定の考えや思想を押し付けるものではありません。よって、視聴のみの公開はいたしておりません。

DVDアニメ「誇り」の内容について

 これまでの数年間を通じ日本JCが史実に基づいて近現代史を研究し、2006年度にプログラムの補助教材として作成したものです。過去の戦争を肯定するものでも、軍国主義を賛美するものでもありません。真意は全く逆であり、未来の子どもたちを二度と悲惨な戦争に巻き込むことのないよう、世界平和の大切さを訴えるものです。
 諸外国との協調関係や世界平和を希求する心を育み、世界平和へ繋がる日本の姿勢について自ら考える機会を提供することが目的であります。それは世界の国々と本当の意味で深い友好関係を築き、国際社会の貢献へと繋がるものと考えます。
-----(引用終了)-------

だが、これまでみてきたようにこの近現代史プログラムは「特定の考えや思想を押し付けるものではありません」どころか、思いっきり特定の考えや思想を押し付ける洗脳プログラムであることは明らかではあるまいか。

日本青年会議所が、この近現代史プログラムを撤回し、実施中止を声明することを強く求めるものである。
---------
【参考エントリー】
日本青年会議所は国民を欺く団体か?


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

ぼけーっとすごしていたら、子供の周辺でこうしたことが起きています。ぜひ、DLしたという近現代史検証報告書をアップしていただけませんか?もうJCのホームページでは見られません。JCは著作権を主張しますかね?
  • posted by まる 
  • URL 
  • 2007.06/20 21:37分 
  • [Edit]

まだ、ダウンロードできますよ。 

ここ↓にいってください。
http://www06.jaycee.or.jp/2006/soul/modern/modules/xfsection/article.php?articleid=14
ダウンロードできます。

いま試しました。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.06/21 11:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

土佐高知さんちから見えるJC

 リンクさせてもらっている土佐高知さんのブログ。このところ系統的に、伊吹大臣も「私が校長なら授業に使わない」とその内容にまゆをひそめた「靖国DVD」について書いております。必読の内容です。

約束事は平和・反核・護憲だけ

 先日も緩やかな社会運動体をこしらえようという構想を発表しました。それは「平和

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ