土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

JC会員の洗脳からはじまるプログラム

日本青年会議所のつくった近現代史教育プログラムについて、つづきを書く。DVDについてはしばらく

お預けとして、青年会議所はどうやってこれを中学生たちに教育(洗脳)しようとしているのか?

彼らのプログラムから実証してみよう。
「プログラムの進行」によると、実施対象は中学生以上で30人~40人を推奨。
実施場所は各地の青年会議所の青少年事業か、全国各地の中学校の総合学習授業等ということになっている。

その前段「事前準備」として、事業計画メンバー(つまり中学生たちと直接会話するメンバー)を対象にした、5時間程度の「洗脳セミナー」を実施することにしている。

このメンバーは、事前に「近現代史検証報告書」「日本の誇り」の熟読(素読に5時間程度かかるらしい)を読んで参加することが義務づけられる。

この二つの文書は、下記からダウンロードできるので興味のある方は取り出してほしい。
近現代史検証報告書および日本の誇り

そして本番でも5時間のセミナーが義務づけられるのだ。
プログラムにそって説明しよう。

①まずDVDアニメを鑑賞する。
②そしてシーンごとにわからなかった語句などをチェックシートに記入し、それらに注意しながら③もう一度、DVDアニメを鑑賞する。
④そしてわからなかった語句を「近現代史検証報告書」をつかって、調べそれをチェックシートに記入する。
⑤他のメンバーと語句、史実などについてディスカッションし、ここで語句、史実の解説を「完全にすりあわせをしておく」ことが義務づけられる。
⑥2回目のディスカッションでは、当日を想定した歴史ポイントの解説の説明を統一させる。特に日清・日露戦争、支那事変、大東亜戦争、極東軍事裁判を重視する。
⑦当日の中学生たちにおこなうプログラムのシュミレーション(リハーサル)をやって、不備なところをチェックする。

これらは、自由研究ではない。
すべて「近現代史検証報告書」「日本の誇り」DVDアニメをつかって、プログラムの実施に当たるJC会員の思想を特定の歴史観・価値観に統一させることに眼目がある。
つまり、勝共連合ばりの洗脳を実施するのである。

それらを経て、洗脳をうけたメンバーは、中学生を対象にしたプログラムを実施していく。
これについてもみておく。

①事前に配っているアンケートを回収する
②開会あいさつ(2分)
③DVDアニメ鑑賞(30分)
④歴史ポイント解説+グループディスカッション(45分)
 グループにわけた中学生を対象に、「洗脳」をうけたJC会員が歴史ポイントを解説し、中学生たちと討論するのだが、細かな指示がある。
 たとえば日清・日露戦争では、「日本の勝利がアジア(有色人種)に与えた影響を強調する」。支那事変(日中戦争)では「当時中国は内乱状態にあり日本が中国の内乱に利用され,支那事変は仕組まれた戦争であったことを中心に説明する」といった具合。
⑤グループ発表(中学生に3分程度で学んだこと感じたことを発表させる)
⑥「日本の誇り」(これはDVDとはちがう、杉原千畝やチャンドラ・ボースなどのエピソードをつづったテキスト)から抜粋した文書をくばり、それに説明を加える。
⑦閉会
⑧「誇りシート」(アンケート)記入。
 事前のアンケートと比較してプログラムの実施効果を確認する。

これが日本青年会議所が実施しようとしている近現代史プログラムの素描である。

壮大な靖国派の「洗脳」プロジェクトといえる(^○^)

いま全国各地で、教育現場に持ち込ませないようにする働きかけがひろがっているが、当然のことである。
そしてこうしたことを行なう日本青年会議所は、社団法人の資格そのものが問われているといっても言い過ぎではないだろう。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

JCでは靖国史観は主流にはならんでしょう 

 JCは地方組織が偉くて、ブロック協議会(高知県)、四国協議会(四国)、日本JCは地方のJC(LOM)に乗っかっているだけ。中央委員会が独裁する組織政党とは全く組織原理は異なります。

 JCの理事長も理事も1年で交代しますし、3年で構成メンバーの半数は入れ替わる「新陳代謝の激しい組織」なのですね。

 今日も「卒業」した高知JCから会報が送付されてきました。記事を見ますとJCの先輩の西山真男氏が高知商工会議所会頭に就任するお祝いがあったとか。宴会の様子の写真が。見ると懐かしい人達がたくさんいました。

 そのほかは定例会の様子。新入会員が3分間スピーチしたとか。懇親会ではじけたとか。また須崎JCの50周年の式典。懇親会の様子であるとか。シニア(OB)と現役JCと四国銀行役員の懇親会があったとか。ようするに懇親会が多い団体。

 イデオロギーなんて関係ありませんね。
 JCよりも週刊モーニングの「専務島耕作」はマークしないと。原子力発電の推進を盛んに主人公島耕作が言っていますし。こちらのほうがJCよりも遥かに市民大衆に影響力がありますね。

http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/cat262931/index.html

 市民側もアニメやコミックの表現を真剣に考えないといけない。

 

弘兼憲史氏のコミックは、ちょっとまえから
??をもって読んでいます。

ヒューマンスクランブル、ハローハリネズミあたりは
好きだったんですが、

島耕作については、はじめから好きになれませんでした。

「加地隆介の議」から、完全に変節(いや、元々そういう思想的バックボーンをもっていたのかもしれません)したと思います。

コミックの影響力については、お説の通りだと思います。

ただ、JCも、このあいだの討論会でのブロック協議会長や理事長の発言メモを読んでみると、????ですね。

DVDアニメ礼賛ですよ。

ブロック協議会(高知県)も(^^;

右傾化著しい日本JC 

 現役JC会員です。最近DVD問題で会員と議論しましたが、予想以上に「洗脳」?が進んでいるように感じました。
 あのDVDについて私が様々な歴史認識についての問題点を指摘し危険性を説明しましたが、それに対しては何一つ反論できないのに、その主張は誤解でDVDは今の日本人が忘れている倫理教育のためのものであるなど、自分の言葉になっておらず、日本JCが言うままの主張の繰り返しでした。そこには自分でなにかを調べたり判断したりすることが欠落していました。
 私がいるブロックではロバート会議法などを理解している人は大変少ないと思われます。協同運動など日本JC相手には逆らわないのが常識のようです。問題について本当に質の高い議論が行われることはほとんどありません、LOMメンバーが利害関係のある関係業者でさらに田舎とあっては波風を立てない方が得策ということで致し方ないことかもしれません。
 最近の日本JCの右傾化は毎年の会頭所信や改憲草案などに見られるようにひどいものがあります。極右の政治活動の片棒を知らず知らずに担がされるJCには決してしてはなりません。
 地方の祭り、子供達の交流イベントなど地域で信頼されているJCをぶち壊さないようにしたいものです。
  • posted by takuya 
  • URL 
  • 2007.06/05 00:42分 
  • [Edit]

昔からそんなもの 

 大昔のJCといえば、麻生太郎氏の前後の日本JCの会頭がテレビで,「青少年がたるんでいるので今直ぐ徴兵制度を復活させよ」「そのためには憲法改正だ」なんてわめいていましたし。

 ご指摘のように結局「心の問題」として逃げるしかないのでは。日本の極右勢力は論争には弱いですし。

 またご指摘の「ロバート議事録」はあれ以上はない民主的な会議のやりかたですね。

 レーニンの考案した独裁主義の手法である「民主集中制」とかいうのより遥かに民主的。
 そのあたりは左翼関係者も真剣に勉強していただきたいと思いますね。

けんちゃんへ 

これは認識が甘いと思いますよ。

過去の会頭が勢いでポロっといったことと

こんどのケースはぜんぜん質的に違います。

膨大な報告書もつくり、DVDもつくって乗り出そうとしているわけですからね。

それとレーニン云々は、この場合、ピンボケです。

議論を散漫にしてどうするんですか?
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.06/05 13:00分 
  • [Edit]

民主集中制こそ諸悪の根源 

 共産党や左翼勢力、新左翼も含めレーニン主義の幻想を放棄しない限り、この種の極右勢力とは戦えませんね。
 私は左右の全体主義嫌いです。「9条の会」が今ひとつ広がりがないのも組織原理や運動の原則が「独裁主義」が潜んでいるからです。それをなくしませんと共同戦線は組めませんね。

 昔から日本JCは変な学者との付き合いもありました。いくらDVDを作成したところで、実際の教育現場で採用になる筈もないと思います。

 また地方のJCに降りてきても採用することにはなりませんね。JCはまちづくりが主体の公益団体です。党派でも思想集団でもありません。

 高知でも「国旗と君が代の」強制に反対したのは高知JCのシニア(OB)の教育委員でしたし。

takuyaさんへ 

>地方の祭り、子供達の交流イベントなど地域で信頼されているJCをぶち壊さないようにしたいものです。

そうですね。

でも、すでにJCがやばい団体だということは広がっているようです。

夏のキャンプなんかも、JCがかかわっていると洗脳されるかもしれない、という懸念が広がっているという話を聞きました。

JCの命取りになりかねません。

現役のみなさんの理性的対応に期待したいものです。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.06/05 15:19分 
  • [Edit]

洗脳はじわじわと 

サラリーマンJC会員として社命で行かされてます。
地方JCではまだ日本JCほど右翼化は進んでいませんが、もともと土建屋とかぼんぼんとかあまり勉強しなかったやつらが簡単に洗脳されつつあります。
中国・韓国・朝鮮に対する差別的発言とかひどいもんです。奥原の挨拶では特攻隊とか人間魚雷とか武士道とか出てきます。横浜のサマコンでは、上智大教授やアサヒビール元会長や金美麗らの右翼連中の差別発言に拍手する参加者が結構いるし、末期的な状況になりつつあります。うちのLOMでは刺青が入ったやつが2人もいます。
  • posted by サラリーマンJC会員 
  • URL 
  • 2007.11/03 01:07分 
  • [Edit]

サラリーマンJCもいるんですか 

貴重な情報を有難うございます。

これは知りませんでした。

JCの変質はいつからか、調べているんですが、
どうも2006年の
池田佳隆会頭からみたいですね。
そこから歴史問題にぐっと入り込んでいます。

全体の流れとのなかで
JC会頭の歴史を読み返してみるのもいいかもしれません。

これからも外部からはわからない情報を、お知らせいただければと思います。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.11/05 10:06分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「原発」を推進する島耕作

 団塊の世代、全共闘世代の「代表」である島耕作。今や世界的企業初芝電産の専務。中

ロバート議事法をご存知でしょうか?

 130年以上前にアメリカのロバート将軍が考案された「ロバート議事法」。会議の意

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ