土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

洗脳DVDの近現代史は0点だ(^○^)

社団法人「日本青年会議所」がつくったDVD「誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~」のつづきを

書く。これは全体で30分くらいのアニメーションで、ストーリーも幼稚だが、これを観て「日本を平和で明るい社会にしなければならないと感じました」「紳士的、礼節を重んじる日本人としての誇りを取り戻すために、このDVDが出来たのだと思います。JCのこのDVDを見て、まじめに「JCは日本を変えられる」を感じました」という現役JCマンがいるのだから、中学生を「洗脳する」には効果抜群だろう(^○^) 。

しかし、開国後の日本が朝鮮の近代化をうながして、共にアジアの仲間としてロシアの脅威に対抗しようとした、というのにはのけぞった。
近現代史をお勉強しているという雄太クンだが、テストしたら0点だろう。

実際はどうか。

開国直後から、日本は朝鮮半島をねらっていた。
西郷の「征韓論」は置くとして、明治政府は鎖国政策をとっていた朝鮮に対して、明治8(1875)年江華島事件(雲楊号事件)をおこす。

武力で朝鮮の開国を迫ったのである。

そして、1876年江華島条約(日朝修好条規)を結ばせ、釜山・元山・仁川の3港を開港、ソウルに日本公使館の開設を認めさせた。

これは日本がアメリカから結ばされた、日米修好通商条約(1858年)の焼き直し、治外法権の認定など、不平等条約であった。

ここのどこが「共にアジアの仲間としてロシアの脅威に対抗しようとした」というのだろうか(^○^) 。
バカも休み休み言えよ、雄太クン。

その後、朝鮮はどうなったか?

日清戦争をへて朝鮮への発言力を強めた明治政府は、それに抵抗する王妃・閔妃を殺し(1895年)、さらに影響力をつよめる。

明治政府は1904年、1905年の二度にわたる日韓協約を押し付けて、朝鮮から外交権などを奪い、保護国化する。
1907年には第三次日韓協約を押し付け、内政権まで奪う。
そしてついに1910年、日韓併合条約によって朝鮮を植民地にしたのである。

雄太クンは、ここらの大事な点をスポンと飛ばし、「(日清・日露戦争)をきっかけとして日本は、朝鮮半島と、中国大陸の北東部にある、満州という地域を統治下に置くことになるんだ」とこころに語る。

オイオイ、満州事変もすっ飛ばしかよ!
こころの学力が心配だ(^○^)

ひでえ、教材だ\(^O^)/

しかし、このアニメをみて「日本を平和で明るい社会にしなければならないと感じました」という現役JCマンの歴史知識。
分別もついている大人だろうに、どんな勉強をしてきたのかちょっと心配になる(余計なお世話か(^○^) )。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

こういう「教材」に文部科学相がお墨つきとは、具体的に何をしているのですか。まさか監修ではないでしょうが、推薦か後援でもしているのでしょうか。しかし、日本青年会議所が、こういうことをする団体とは知りませんでした。
  • posted by 志村建世 
  • URL 
  • 2007.05/26 15:15分 
  • [Edit]

どうもです 

コメントいただきありがとうございます。
このご質問にお答えしようとして
日本青年会議所のとんでもない
体質を発見してしまいました(^○^)

新しいエントリーを立てていますので
ご覧ください。

わたしも日本青年会議所が
こんなことをする団体だとは思いませんでした。

まじめな会員さんが可愛そうです。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2007.05/26 17:46分 
  • [Edit]

『靖国DVD』 

 今日『誇り』DVDを見ました。ひどい内容に怒りで気分が悪くなりました。1:歴史事実の歪曲、誤認。2:現代史の知識が不足する中学生に対して情緒に訴える構成。
 歴史学とは過去の観点で物事を見る、判断することではありません。これからどのような社会を目指すか、過去を批判的に検証分析していく作業「現在と過去の永遠の対話」です。このDVDでの目指す未来は戦前国家主義の復活でしょう。独りよがりな歴史観は北朝鮮と変わりません。これを見て教育された中学生は世界の人々と対話できるでしょうか。内向きの歴史観には未来はありません。
 日本青年会議所は政治団体ではないと言いながら、実際やっていることは改憲運動、歴史改ざん等右翼団体のすることに近いですね。地方青年会議所(LOM)のメンバーは日本JCと一緒にされないよう自分でよく考えて行動すべきです。
  • posted by 現役JC 
  • URL 
  • 2007.05/28 22:19分 
  • [Edit]

五十歩百歩かな・・・ 

歴史のすっ飛ばし云々を言うなら、このエントリー自体もすっ飛ばしてますよ?
江華島条約の治外法権は相互主義に基づくものでしたし、江戸時代から行われていた慣習ですから、ここで取り立てて騒ぐのもおかしな話です(日本人がアメリカに行くのが困難だったのと違って、朝鮮人は地理的にも近く、対馬付近で漁民に対する犯罪等も多かった点も考慮に入れないとまずいでしょうね)。
閔妃暗殺のくだり「日清戦争をへて朝鮮への発言力を強めた明治政府は、それに抵抗する王妃・閔妃を殺し」って、当時は閔妃始めとする親露派が朝鮮王朝の主流で、親日派は反主流派だったんですけどね。
もちろん、閔妃に権力を追われた朝鮮政府の方々も閔妃暗殺には絡んでいるわけですが。
明治期の朝鮮史を語る上では、親日派勢力の存在と動きを抜きにしてはそれこそ見えてくるものも見えてこないと思います。(だからと言って私は「共にアジアの仲間としてロシアの脅威に対抗しようとした」とは考えていませんが)
このエントリーも五十歩百歩かな?という気はしないでもないです。

もちろん、私自身はこのDVDに関しては反対派です。
理由はあなたと一緒です。
ワシントン体制をすっ飛ばし、日独伊三国同盟をすっ飛ばし、日蘭会商をすっ飛ばし、仏印進駐をすっ飛ばし、それで「力を強める日本にずっと危機感を抱いていたアメリカはABCD包囲網という制裁に出た」なんて言って何が理解できるんだ?って話ですよ。

大体、「日中戦争は“ロシア”の謀略だった」なんて言ってるDVD、まともに歴史教材として取り上げようと思う方がおかしいです。
  • posted by 反「誇り」派メンバー 
  • URL 
  • 2007.06/05 09:44分 
  • [Edit]

 

>過去を批判的に検証分析していく作業
 歴史学がそんな作業だったとは知りませんでした。何故過去の行いを批判するだけが歴史学なのですか?ある一つの事実を最初から結論ありきで検証していたのではそれこそ「歴史の誤認・歪曲」では?

>DVDでの目指す未来は戦前国家主義の復活
 戦争に及んだ国際情勢や経緯を教え、今までと違った視点で学ばせることが「戦前国家主義の復活」とは片腹痛いです。理論が飛躍しすぎですよ。もう少し筋道立てて主張した方がよろしいのでは?

ちなみに日本が植民地支配をし手いた東南アジアではほとんどの国が親日的ですよね。多くの国では大東亜戦争で欧米植民地支配から脱したと認識しています。北朝鮮と同じで内向的な歴史観は彼方も同じでは?戦前の日本を国家レベルで批判しているアジアの国は中韓くらいです。



  • posted by 現役高校生 
  • URL 
  • 2007.07/23 17:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ