土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

米国政府、議会関係者必見のDVD(^○^)

社団法人「日本青年会議所」が作成し、文部科学相がお墨付きを与え、全国の学校で上映されようとして

いるDVD「誇り~伝えようこの日本(くに)のあゆみ~」を観た。ひっで~(^○^) 。ここまで歴史を偽造した物語は、靖国神社・遊就館がつくったもの以外は知らない\(^O^)/

東京に住む、現代っ子の中学生高校生「こころ」。
いやいやながら内申書を良くするために老人ホームの体験学習に参加する。

そこで日本の近現代史を勉強しているという、遠山雄太という青年と出会う。
雄太はこころに日本がたどってきた戦争のことを語り始める…。

はじめは開国した日本が、アジアで植民地化をすすめるヨーロッパの国々、とくに南下政策をつづけるロシアとどうたたかい、朝鮮・満州という領土を手に入れたのかを、日本の独立を守るためというトーンで語る。

翌日は、その日本がアメリカとの戦争につきすすんだのかを、もっぱらアメリカなどの謀略によって追い込まれ、開戦を余儀なくされたのかについて語る。

その次は、こころを靖国神社に誘い、戦犯を裁いた東京裁判がいかに不完全で、裁判とは言いがたい復讐裁判だったか、裁判を指揮したマッカーサー自身が「日本が行なった戦争は自衛のための戦争だった」と米国議会で述懐したなどと語る。

そして雄太は「日本という国を大切にする気持ちをもっとほしい」としてこう語る。

-----(引用開始)-----
かつて、日本は美しい国だった。自然の恩恵に浴し、神様に感謝し、四季折々の季節 を楽しむ豊かな心があった。人を思いやり、礼儀や作法を重んじる国――。

今は、そういう心が失われている。もちろん、僕は、全部がそうだとは思わないよ。今の日本にだって、昔と変わらない良さがたくさん溢れている。

ただ、みんな、その素晴らしさに気がついていないだけなんだ。
たまには、足を止めて、自分の周りの世界を見回して欲しい。そして、どんな些細なこ とでもいいから、この国に生まれてきてよかった、この国のために何かしなくちゃって 思えることを、見つけて欲しい――そう、思うんだ。
----(引用終了)----

そして、「すごくむずかしそうね」というこころに雄太は「そうだね、ただ、日本人として過去に何があったのか、正しい事実をきちんとした歴史で知ることは必要だよ。良くないのは、偏った見方で物事を判断したり、自分達にとって都合の悪いことに目をつぶることなんだよ」といって、こころの前から消える。

このアニメーションの落ちは、はじめは嫌がっていた長野のおばあちゃんの誘いに乗って長野にいったこころが、仏壇に飾られている戦争で死んだおばあちゃんのお兄さんの写真が、雄太だったことに気づくことだ。

そして、お年寄りにやさしくなった自分がいることを「それが雄太おじいちゃんが伝えたかったことなんだよね」と感じるところでエンドクレジット――。

雄太の話は、思いっきり歴史を偽造していてツッコミどころはたくさんあるのだが、それは後日の作業にまわしたい。

ただ、二つのことを感じた。
一つは、これが社団法人「日本青年会議所」のやることかということ。

もう一つは、このDVDの英語バージョンをつくって、米国政府関係者、米国議会の各議員に鑑賞してもらいたいということ。

DVDは無理でも、シナリオだけでも英訳して、米国政府と米国議会の関係者に読んでもらいたい。

いったい、ロシアが国民党と共産党をつかって日本を中国で泥沼に引き込み、アメリカが一方的に日本を経済封鎖して戦争に追いやったなどということを、米国政府と米国議会が知ったらどう思うだろ?
しかも、それが日本政府のお墨付き歴史観だということも…。

ただ、この作業は英語力のない当ブロガーには出来ない希望だ。
だが、ブロガーのなかには、
拳四郎さん
美爾依(みにー)さんら
日本語と英語に堪能そうな方もおられるのだし、誰かやってくれないかなあ(^○^)

シナリオはコチラにある。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

>このDVDの英語バージョンをつくって、米国政府関係者、米国議会の各議員に鑑賞してもらいたいということ。

英訳作業、少しならお手伝いできるかもしれませんよ。

しかしまあ。。。
あの戦争の発端をそこまで単純に外部に責任転嫁するとは。
欧米の植民地主義は批判されるべきであるし
東京裁判に偏った点があったことも間違いないと思います。

しかしだからといって、日本の侵略行為それ自体を「アジア全体のための使命」「周りからすることを余儀なくされた選択」というのは、これまた度外れた偏向ですね。

それに文科省がお墨付きを与えるとは世も末です。

アメリカべったりの現在の外交に問題は感じますが
同時進行でアメリカに喧嘩を売るような行動をしている点も不可解です。
現政権の外交・防衛の基本ポリシーは一体何なのか。
全く分かりません。
  • posted by 2月うさぎ 
  • URL 
  • 2007.05/26 13:30分 
  • [Edit]

ぜひ英訳をお願いします! 

コメントありがとうございます。

英訳の件は是非是非(^○^)

そして、米国の青年会議所にもお知らせしましょう。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ