土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

瓦解するビルマ・インパール戦線

平成でたどる昭和の追体験シリーズ。昭和19年5月11日、中国国民党政府軍が北ビルマでの日本軍攻撃に参

加する。このころインパールをめざした日本軍は増強されるイギリス軍に阻止され、雨季にはいったアラカン山脈にとり残された。中国軍の参戦は苦境に立った日本軍に止めを刺すようなものだった。

戦況を追う。
この年の1月、大本営はビルマを担当する第15軍司令官牟田口廉也のインパール攻略作戦を最終的に認可する。

敗北続きの戦況を打開するために「賭け」に出たのだ(賭けにされる兵隊はたまらない)。
3月8日、第15軍隷下の第15師団(名古屋)、第31師団(福岡)、33師団(宇都宮)を主力とする日本軍は、予定通りインパール攻略作戦を開始した。
そのとき兵隊に支給された食料は20日分、弾丸240発。
3週間でインパールを占領するという作戦である。

作戦が順調だったのははじめだけ。
31師団がインパール北方のコヒマを占領したまでだった。

イギリス軍は円形陣地の外周を戦車、火砲で防備し、輸送機から補給物資を空中投下して支え、迫撃砲、機関銃で激しく抵抗した。
この防御に、急襲を目的とした軽装備の日本軍は歯が立たず戦局は膠着した。

4月雨季が始まり、持参した食料は絶える。
だが、補給をまったく考えない牟田口廉也司令官は、進撃だけを命令しつづけるだけだった。

飢えが始まる。
伝染病が弱った兵隊を蝕む。

前線師団からは、補給を求める火の出るような電文が連続して司令部にとどくが、牟田口司令官は「進撃せよ」「天長節(4月29日)までにインパールを陥落せよ」との空電文を送るだけだった。

コヒマを占領してから一粒の補給もうけない31師団の佐藤幸徳師団長は、飢えて死んでいく部下を前にして撤退を求める電文を送るが、牟田口司令官は進撃せよ、やる気さえあれば鬼神も裂くとの精神論をくりかえすだけだった。

業を煮やした佐藤師団長が独断で撤退をするのは6月(師団長はただちに司令官から更迭される)。
大本営が正式に作戦中止を指令するのは7月3日。

世界最大の豪雨のなかで、ジャングルに残された日本兵は補給を受けることなく、飢えと病気で倒れていった。
それが昭和19年のいまごろである。

牟田口廉也は、戦後もこの失敗を認めなかった。
旧日本軍の典型的な無能将軍である。

彼こそ日本人の手で裁くべき戦犯である。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

「世の中で最も有害のバカは補給なしで戦争に勝てると考えているバカだ」ヤン・ウエンリー。


牟田口廉也のような人物が出世すること事体が日本軍の組織がいかにいいかげんだったか解るというもので
す。

主戦線が太平洋なのにビルマで攻勢にでる戦略的意味などない。結局、陸軍の主流派である牟田口廉也に手柄をたてさせるためだけの作戦。しかも補給計画はないにも等しい。こんな作戦のために死地に立たされる人はうかばれない。
それにしても日本陸軍の将校は「三国志」を読んでなかったのか?
諸葛孔明も補給の大切さを説いているのに。

陸軍が戦車等の機甲戦力の大切さを解っていても実際には日露戦争と変わらない歩兵突撃に力をいれたのは、
歩兵突撃の研究ばかりし
ていた人が軍の主流で、戦車中心にしたら、その人達が人事で割を食ってしまうから、できなかった。僕はそう考えます。こんな「お役人」の集まりで勝てるはずがない。
  • posted by アラメイン伯 
  • URL 
  • 2007.05/12 22:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ