FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

腰まで泥まみれだが、ブッシュは叫ぶ進め

最近のイラク情勢をみていると、本当にベトナムとダブってくるこのごろである。そしてこんな唄が似合っているとおもうのだ。



ベトナム戦争が華やかなころ(←不謹慎な表現だがゴメン)に、流行ったうたにピートシーガーの「腰まで泥まみれ」という唄がある(当ブロガーは一度かれのコンサートに広島で行ったことがある)。

その唄を中川五郎さんが訳して、中川さんや高石友也などもうたっていた。
歌詞を紹介する。
----(引用開始)-----
むかしぼくが優秀な軍隊の隊員だったとき
月夜の晩にルイジアナで演習をした
隊長はぼくらに
河を歩いて渡れと言った                             ぼくらは膝まで
泥まみれだが
隊長は言った進め

隊長危ないひきかえそうと軍曹が言った
行くんだ軍曹
俺は前にここを渡ったぞ
ぬかるみだけど頑張って歩き続けろ
ぼくらは腰まで
泥まみれだが
隊長は言った進め                                        
隊長こんな重装備では誰も泳げません
そんな弱気でどうするか
俺についてこい
わしらに必要なのはちょっとした決心さ
ぼくらは首まで
泥まみれだが
隊長は言った進め

月が消え溺れながらの叫びが聞こえて
隊長のヘルメットが水に浮かんだ
みんな引き返そう
と軍曹が言った
ぼくらは泥沼から
抜け出して
隊長だけ死んでった                                           
裸になって水にもぐり死体を見つけた
泥にまみれた隊長は
きっと知らなかったのだ
前に渡ったときよりも
ずっと深くなってたのを
ぼくらは泥沼から
抜け出した
進めと言われたが                                          
これを聞いて何を思うかはあなたの自由だ
あなたはこのまま静かに
生き続けたいだろう
でも新聞読むたび
よみがえるのは
あの時の気持ち                                          
ぼくらは腰まで
泥まみれだが
バカは叫ぶ進め
ぼくらは腰まで
泥まみれだが
バカは叫ぶ進め                                 
ぼくらは腰まで
首まで
やがてみんな泥まみれ
だがバカは叫ぶ 進め!
----(引用終了)-----
いまアメリカはどこら辺だろう?

ヒザ?

腰?

首?

だが、この唄とちがうところがある。
それはブッシュ隊長は決して先頭にたって部隊を率いているのではない。
彼は後ろの安全地帯に居て
泥沼に進めと叫んでいる。

泥沼にいるのはアメリカの若者たちである。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

ここでもなんというか、アフォっぷりを開帳しておるようで、大変ですね。それはそれでいいのですが、ベトナム戦争と同一化する理論はなんですか?
言っておきますが、ベトナム戦争ではアメリカは最終的には敗退し、ホーチミン政府というアメリカとしては最悪の政府が完成しましたが、イラクはマリキ政権という国内政権が国際法的手続きをもって誕生していますので、別物でしょうし、そもそも、戦争は終結しています。
アメリカはベトナム戦争でほぼリンチ状態で攻撃していますが、イラクでは戦争当初ではリンチ状態にしても今では米兵はイラク国内紛争の被害者になっていますが?
それに、マリキ政権の要請で現在駐留しているのですが、どこがベトナム戦争と同じなのでしょうか?
感覚的にベトナム戦争と同じという人がいますが、形式も様態も別物です。単純に「泥沼」だという意見もあるのでしょうが、フセイン政権以後のアメリカはイラク政府の要請を可能な限り履行していました。
非常に感覚的な雑感の領域としか言えませんので、はっきり言いますがベトナム戦争と同質化していると、バカにされますよ。これ見ている多くの方々にも指摘しておきます。恥をかくのは当事者ですので、どうぞご自由に
アメリカの非道を叫ぶ前に、どうしてこの戦争が成立してしまったのか?という問題を検証する方が有益だと思いますが、理論なき感情論では無理からぬことでしょうか
  • posted by ワレサ 
  • URL 
  • 2007.01/25 15:29分 
  • [Edit]

もっと勉強しろ!! 

もっとベトナム戦争を勉強しなさい。

書き込み禁止だから、追試はできないが、

冥王星くんに哂われるぞ(^○^)

 

今年は暖冬のようで春の訪れもはやいかもしれません。頭に春が来たような、ベトナム戦争を全く知らない「他人を見下す若者たち ・ 速水敏彦 ( 講談社現代新書 )」が次々とやって来るところをみますと。

はなはだ現象論に終始し権威主義で対話(弁証法)の通用しない若者をたくさん見かけることができます。
おそるべきは、戦後教育の変容の結果をまざまざと見せつけられるおもいであります。「ホーチミン政府というアメリカとしては最悪の政府が完成」といった認識に腰が抜けてしまいました。この御仁もまた討論するに値しないお方のようですね。

記事は欠かさず拝読させていただいております、これからも事の本質に迫るような記事を期待しております。頑張ってください、応援してます。
  • posted by 薩摩長州 
  • URL 
  • 2007.01/25 21:58分 
  • [Edit]

わたしもそう思いました。 

「ホーチミン政府というアメリカとしては最悪の政府が完成」(^○^)
ほんとうに腰が抜けますよね。

多少はベトナム戦争のことを調べてから
書き込んでほしい。

一知半解というのが
いちばんクセが悪いという見本です。

これからもヨロシク。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ