FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「三国志」と小選挙区戦術について

きょう、後漢の献帝は、曹操の子・曹丕に玉璽と綬を譲った。
禅譲革命である。
これで漢は滅亡し、魏が成立した(220年)。
劉備は翌年蜀漢をたて、222年、孫権は黄武と改元し呉を建国(皇帝を名乗るのは229年)、三国時代がはじまる。



本題にはいろう。

二つの衆院補欠選挙に思う三国志を日本の政界になぞらえるのは不謹慎かも知れないが、↑のエントリーのつづきを書きたい。

小選挙区制の弊害については先のエントリーでのべたが、それをふまえたうえでの戦術についての思索である。

この問題は、minshushugishaさんも
読者限定アンケート!日本共産党の選挙戦略というエントリーをたてて検討している。

そのなかでも書かれているが、自民党も民主党もある意味では「同じ穴のムジナ」ということは外れていないだろう(安保政策、経済政策、憲法への態度などをみれば明らかだ)。

だから、どちらが政権をとっても本質的な変化はない。
それゆえに日本共産党が第三極(正しくは対極である)としての実力をつけ、真っ向勝負でも勝ち抜けるようになることは大道中の大道であると思う。
そしてそれこそが日本社会の閉塞を打開していく道であると思う。


一方で、自民党政治に対する国民の批判は強く「反自民」の声は強い。
なんとしても自民党を下野させたいとの有権者の声も幅ひろくある。
そうした人たちが、小選挙区選挙で対立候補をたて、結果として自民党を利するように見える共産党に批判の目をむけるのもわかる(だが、これは視点を変えれば民主党が邪魔をしていると見えないこともない)。

日本共産党は、有権者の多数の支持を得て選挙で勝ち、議会を通じて革命をめざす政党である。
有権者の気持ちをつかむためには、日常不断の地道な活動が必要であることは言うまでもない。と同時に有権者自身がさまざまな政治的経験を積んでいくことも大切である。

細川連立政権は、そうした意味で一つの大きな歴史的体験だった。
結果は、日本共産党が批判していたとおりになり、一時期日本共産党への期待が広がったが、それは細川連立政権という政治的体験抜きには到達しえない認識の高みでもあった。

そうした目でみれば、「2大政党」を打破するために、さまざまな臨機応変な戦術も縦横に駆使することも求められるのではないかとも思う。

いまは「2大政党」という新しい政治的枠組みが、少なくない有権者の心をとらえている。
それが自民党政治を支えるための仕掛けであることは、本質だと思うのだが、それが広範な有権者の認識になるためには、一つの政治的体験が必要な気がする。そしてそれをこえていくことで、本当の日本改革へと接近しうるのではないか。
実体験は、有能なアジテーターの何千回の演説にも勝る宣伝である。

日本共産党綱領は次のようにのべている。

------(引用開始)--------
統一戦線の発展の過程では、民主的改革の内容の主要点のすべてではないが、いくつかの目標では一致し、その一致点にもとづく統一戦線の条件が生まれるという場合も起こりうる。党は、その場合でも、その共同が国民の利益にこたえ、現在の反動支配を打破してゆくのに役立つかぎり、さしあたって一致できる目標の範囲で統一戦線を形成し、統一戦線の政府をつくるために力をつくす。
------(引用終了)--------

いま日本共産党は野党共闘に参加している。
それと綱領の先の部分の戦略の挟間のなかで何か工夫できないか?(^^;


こんや「三国志」ゲームをしながら考えてみよう(^○^)


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

小選挙区という選挙区制度については、批判的な立場であるが、確認するべき点がある。
小選挙区制度が理論的に二大政党制にシフトしやすいというものの検証がよって実体は必ずしも二大政党制にシフトしえないという結果論にある。これについては、現状の欧州諸国を見れば明らかである。イタリア、スウェーデン、スイス、フランス各国ともいわゆる大選挙区制度から小選挙区へとシフトしているが、単独政権政党はそうそう現れず緩やかな連立政権が誕生している上に、二大政党制へシフトしきれていない。現実的にその典型例されたイギリスは第三政党「自由民主党」の登場でその伝統が崩れ選挙制度改革と相成っている。日本の選挙区制度は現状において判断するならば、少数野党が存在していることを考えれば、イギリス型大陸型の中間の政党バランス関係であると規定でき、二大政党制というものでカテゴライズするのは少し厳しいものがある。
実際に小選挙区の分析を行っているといわゆる野党の必要性は国民の理解次第だと思える。つまり、国民の求心力さえあれば、小選挙区でも生き残れるものであり、理論的な二大政党制という傾向は実体化しえないということである。しかも、日本の衆院は比例代表を併用した形態である。小選挙区だから・・という分析で特定の政党が不利になるというのは100%否定できないが、選挙区制度のみで政党の政治戦略を変えるようでは政治的信用が失墜しかねないと思えてならない

  • posted by self0507 
  • URL 
  • 2006.10/28 23:11分 
  • [Edit]

 

こんにちは、土佐高知さん。
共産党候補or革新民主の候補の票と民主党の候補の票を足したものが、自民・公明候補より多いとしばしば党の体質・独善性という形で、共産党がワルモノにされることがあります。
しかし、土佐高知さんの指摘するとおり、自公と民主党は基本的には同じ穴のムジナであり、無原則的共同というのはありえないと思います。基地撤去などの要求での共同、腐敗した市政から清潔な市政への転換などでの共同、きちんとした担保のある形での合意が必須だと思います。
そういったことなしに共同しろというのは、「共産党を除く」式・自社公民と一歩も変わらないものです。
『9条新党宣言』なる本で、天木氏は「(護憲勢力は)国民投票法案反対をいっているが、国民投票で改憲反対の意思を示すことが大切」(立ち読みだったんでこんなような意味あいだったと思います)、と書いてありますが、おいおいと思いました。自公案・民主案、いずれの国民投票法案でも改憲派に有利で非民主的な要素を持っている中で、法案の中身を問題にし批判することなしに国民投票で多数になればいいというのは無責任だと思います。
  • posted by 労働者 
  • URL 
  • 2006.10/31 14:00分 
  • [Edit]

同じ穴のムジナ論に関して 

「自民党と民主党は同じ穴のムジナ」という指摘に関して非常に違和感がある。それは、自民党内における伝統的保守派の護憲・親アジア派と親米・集権派と分権派・国際協調派など党内の分析をしないからこそ、同質性を見出せてしまうと思えてならない。
確かに、自民党・民主党の政治大綱に関してその類似性はある。しかし、その目標にいたる過程の差異に関しては非常に吟味するべきものがある。消費税問題でそうなのだが、両党とも意見集約で完遂していないなどの点では類似性はあるが、その類似性は政策的なものとは別個の政党評価である。憲法、国防に関しては、大きな差異はないと言われるが、より積極的な民主党(国連待機軍)と恒久法による海外派遣の枠組みを想定する自民党ではその国際協調の温度差が違うわけである。財政問題でもより問題とする視点が違う。
一番顕著な差異はやはり、外交政策的な部分での両党の差異は大きいと言えるだろう。非常にアジア意識の強い民主党と親米ベースの自民党の差異もそうだが、自由貿易に対する温度さは知られていないが民主党はより強いものがある。地方分権でも民主党は非常に積極的でもある。自民党と民主党のその歴史と源流は同質性があるというのは否定はしない。しかし、対論になるものを精査するとその差異は明確であるし、党内におけるスタンスの差異なども大きいのが両党と特徴である。
政策論などを精査して評価している自分からすれば、自民党と民主党を同質化するのは、共産党と社民党を同質化するのと同じくらい乱暴であるといわざるをえない
  • posted by self0507 
  • URL 
  • 2006.10/31 22:41分 
  • [Edit]

 

なかなか冷静ですね。
 頭の弱い僕からしてあなたは、右派か左派かよく分からない。
 まあ僕も勉強しなくちゃ
  • posted by 大麻 
  • URL 
  • 2006.11/01 07:42分 
  • [Edit]

なるほど 

>自民党と民主党を同質化するのは、共産党と社民党を同質化するのと同じくらい乱暴であるといわざるをえない

ごもっともです。
反省!ですね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[アンケート]読者限定アンケート!日本共産党の選挙戦略

☆♪☆♪☆♪しんぶん赤旗日曜版の魅力を探る☆♪☆♪☆♪                     Vol.054(70+85)部  意外と知られていないんですが、  しんぶん赤旗日曜版を一度読んでみて下さい。  これがまたなかなか魅力的な新聞なのです。 ………………

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ