FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「中川昭一=金正日」核大好きコンビ!

こちらがウルトラマラソンに熱中していたころ、中川昭一自民党政調会長がこういったという。「やればやり返すという論理はあり得る。当然、議論があってもいい」
やっぱり、この人キ○ガイだね(^○^)



金正日とオツムの構造はおんなじだ。
15日のテレビ朝日でのことだ。

くわしい発言が、各紙によって違うようだが、大筋は相手が核をもてば、こちらももっていいということだろう。
そして恐ろしいことに、日本は現実にその材料であるプルトニウムは世界一の備蓄を誇っていて、しかも使い道が確定していないという現実がある。

だからこそ、欧米は日本を「潜在的核保有国」として警戒しているのであり、北朝鮮にたいしてもある種の圧力になっているのだ。

その政権党の政策トップ、しかも将来の総理大臣候補との呼び声が高い人物が言ったのだから、ことは重大である。

きょうになってご本人は、ことの重大性に気づいたのか「私はもとより核武装反対論者だ。非核3原則をいじるとは一言も言っていない」と釈明しているが、それを信用するものは少ないだろう。

しかも、この人、酒豪を乗越えた酒乱の気もあるというから恐ろしい。
「小型であれば原子爆弾の保有も問題ない」、「北朝鮮など核攻撃で焦土にしてやる」とのべたことのある総裁のもとで、この政調会長だからいまの自民党はコワーイ。


自民党の核保有に対する執念


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

初めてお伺いしました、少しよろしいですか。
貴殿の考えにはどうも賛成できません、核武装の議論はなぜいけないのですか、国民的課題として話をしてもいいと思いますよ、ただ臭いものに蓋をし、まるで非武装ありきのような考えではいけない、絶対と言うものははあり得ません、やはり民主主義(この言葉は嫌いだが)いや民衆主義として話されるべきですよ。
結果として国民が非武装と言うことであればいいのではないでしょうか、中川氏に対するキチガイといわれましたが、それは無礼ですよ、意見があってもいいんです、まず聞くべきです。
富山県 在住 会社経営者
  • posted by 富山 
  • URL 
  • 2006.10/17 18:02分 
  • [Edit]

そうですね。 

だからこうして発言しているんです。
その結果として、みんなが判断することです。

中川氏の発言をきいて、わたしはそう感じました。

それ以上でも以下でもありません。

 

社長さん、あなたは、自民党支持者ですか?
 それにしてもこのブログ高知から500キロ以上離れた富山の人も見てるとは、驚きです。
 北海道の人も見てたりして

 
  • posted by ずん 
  • URL 
  • 2006.10/18 17:51分 
  • [Edit]

 

核保有論という選択肢は非常に危険性が高いものがあることは言うまでもない。現実に諸外国が懸念しているのは、極東地域というホットゾーンの核ドミノ論であることは外信を見れば明らかであろう。その上で、核保有という選択肢はこれまで岸内閣から確認された非核三原則を踏襲していると言える。個人的には現状として核保有の理解を得れる土壌ではないことを鑑みて時期尚早として観察しているが、もし、極東地域が全面的な核武装地域になった状況においては、核保有の道筋を否定することはないと思う。そのようなケースにおいては国際社会の核保有の理解が得れる背景もあるだろうし、日本だけが持たないというバランス的不均衡は世界経済に影響が皆無とは言いがたいからである。
現状において、核保有国のエゴイズムが国際社会でまかり通ってる現状に、日本はその恩恵にあるわけであり、核保有という道筋への拒否反応が強いといえる。ド・ゴールが部分的核実験を遂行したように毅然とした姿勢で核保有を行う理論を国内構築しえればそれを否定することはないとは思う。同時に、力なき正義論をしたくはないが、武装中立という方向性への意識はある種、平和主義の新しい形態として日本人も考えるべきではあると思う。臨界前核兵器という枠組みは大量破壊兵器になるわけだが、CTBT,NPTをすり抜けるものであるし、その選択肢は国際社会の公の批判は回避しえるだろう。
国際司法においても、核保有そのものの違法性は問えないというスタンスがある。国際法的にはNPTがある以上は日本は核保有はできないわけだが、脱退する形態での保有論を選択肢として否定するべき・・だと頭から思考停止でやることは亡国に道になるとも思えなくない。
この文章をあくまでも、核保有という選択肢を再考察した上で国民的議論の上でその道筋を考えるべきだというものであり、核保有を肯定も否定もしない傍観者としての指摘であることを確認しておきたい
  • posted by self0507(車中) 
  • URL 
  • 2006.10/25 23:08分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高レベル放射性廃棄物問題の講演会

10月15日は高新文化ホールでの講演会に行きました。「高レベル放射性廃棄物につい

「核抑止」幻想に踊らされるバカ、踊るバカ

このところ、やたら「核武装」論議が元気がいい。[http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569654479/ref=sr_11_1/503-4084116-6492765?ie=UTF8 「日本核武装」の論点―国家存立の危機を生き抜く道 (中西輝政著)][http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/59e6952cb404072f6e20

中川昭一自民党政調会長の、日本の核保有「議論は必要」との発言について

 日経2006年10月16日付によれば、中川昭一自民党政調会長は、テレビ朝日の番

ローリスク ハイリターン のリベラリズムと核武装

ある国際問題を解決するとする。解決によって発生する犠牲が、1万円の損失の解決案と1兆円の損失の解決案と100万人死亡の解決案だったらどれを採るだろうか?

日本核武装論の波紋

先日の中川政調会長に続いて麻生外相まで核武装論を出してきた。一つは中国とアメリカに対する牽制なのだろう。日本には核武装する技術はあり、自前でロケットを打ち上げれるのだから、やる気になれば割と早い段階で核弾道ミサイルは作れるのです。中国とアメリカが日本の..

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ