FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

光州事件の教えたもの

光州
文京沫「新・韓国現代史」によると、光州事件から韓国の人たちが学んだことは大づかみに二つあったという。

一つは対立が非和解性を持っているという認識をもったことだった。
それは戒厳軍の凶暴な弾圧からだけでなかった。
光州市民の決起を「見殺しにした」自分たちの運動に対する、痛烈な反省と総括から生まれたという。

もう一つは、空挺部隊の光州市民に対する弾圧を黙認したアメリカに対する認識の変化だったという。
映画「光州5.18」のなかで、釜山に米空母が入港したことで、米軍が介入して弾圧を止めてくれる期待が市民軍に生まれたシーンが描かれる。
それに対して市民軍のリーダーが「アメリカが弾圧を許さないなら、そもそもこんな事態は起きなかった」と言い放つが、韓国の人たちが光州事件で学んだことを象徴させるシーンだといえる。

こういう変化が韓国社会の80年代を特徴づけていたことは、やがて1987年の民主化運動へと発展することになる。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


*Comment

父の汚名を晴らさんと、河野外相 孤軍奮闘中 

異常なる韓国最高裁の徴用工訴訟判決に関し、河野外相ただ一人が、敢然と戦闘を挑み、在来種日本国民の絶大なる支持のもと、暴戻不遜(暴戻不遜)なる、韓国司法と猛悪韓人に対して、連日果敢な攻撃をかけてくださっている。

その姿は、父の汚名を晴らさんと、疾風戦闘機を駆って、敢然、特攻出撃された、富永恭二軍司令官の一子、靖少尉をほうふつさせる。

これに比して、共産党、志井委員長の出した談話のド汚いこと、日本の国益を損じ、日本を亡きものにしようと画策する敵国に肩入れするとは、なんたる不見識、日本共産党は、日本を襲う嵐に向かって雨戸を開け放つ国民の敵といわれても抗弁の余地はあるまい。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ