FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

極右評論テロリズム宣言

卑劣なテロだ。
右翼団体(?)の責任者が加藤紘一元自民党幹事長の宅に放火し、割腹自殺をはかったらしい。加藤紘一氏は、小泉首相の靖国神社参拝や安倍官房長官の靖国観を批判していた。

それが気に食わないからと、一歩まちがえば犠牲者がでる放火テロを行なうなど、言語道断である。



ところが、ランキング2位を走る「極右評論」氏は、「加藤氏は下された“民族の怒り”を思い知れ!」と題するエントリーでこれを礼賛している。
あきれて物が言えないが、それにたいするコメントを読んで多少はほっとしている。

少なくともブログなどをつかって、自分の主張を発信しているものがのべることではあるまい。コメントにもあるが、いままで氏が述べてきたことを根底から覆すものではないか。

「中韓との友好が不可欠なものであることは論を俟たないが、それ以上に日本人としての誇り、死生観、祖先に対する感謝の念、国民感情が重要であることを忘却した売国奴に、遂に斧が振り下ろされた―!」

この「日本人としての誇り、死生観、祖先に対する感謝の念、国民感情」ってなに?
極右評論氏の主観、思い込みに過ぎない。
ところが、それを否定するもの、異論を投げかける者にたいしてはテロリズムを行使してもかまわないという。これは前提として己の価値観を他人に押し付け、それに従わないものは暴力で殲滅してもかまわないという、言論否定、自己満足、自己中心主義の表明にほかならない。

しかも「我々極右はこれまで歴史的な政治テロ事件を是認してきました。その理由は日本という国家解体を狙う「反日分子」に対しては、合法・非合法を問わず逆襲する権利を持つという我々の政治信条にあります」と書くいたっては、公然たる「テロリズム宣言」ではないか。

小泉政治のもとで、一部ではあるがこうしたテロリズムを礼賛する偏狭な時代の位相が生まれていることに注意を向けるべきだと思う。

「私はあなたが何を言っても賛成しないが、私はあなたがそれを言う権利を死んでも護るだろう」――我々はこれを忘れてはならない。


加藤紘一氏宅が放火か?! & 小泉首相の靖国参拝

加藤氏邸放火右翼の醜悪さ

世界が変わる時

加藤紘一氏の実家全焼 放火男が割腹自殺図る、もし言論の自由を暴力で抑えようとする行為ならば私は許せない。

【靖国問題】米国からも遂にイエローカード

孤立する右派


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

昔から言論を暴力で封殺しようとする右翼はいましたよ。ただそれを賛美する人はいなかったと思います。
  ただ今回、ごく普通の善良な市民で賛美していると思わざるを得ない発言が散見されるはショックでした。
 くわしくは小生のブログをご覧下さい。
  • posted by kechack 
  • URL 
  • 2006.08/17 10:54分 
  • [Edit]

卑劣な言論弾圧 

反論できない管理人。
異論を削除するのは左翼の常套手段だ。
  • posted by 蛸田 
  • URL 
  • 2006.08/17 18:18分 
  • [Edit]

右翼に威嚇弾圧されました 

異論を社会から削除あるいは排除しようとしているのは右翼。
8月15日の靖国参拝反対デモに参加して、右翼から執拗に威嚇され身の危険をおぼえた私が証人だ。

 

 土佐高知さん、お久しぶりです。お元気でしょうか。
 しっかし、情けないですね。危害加えなければ、自分の意見を通せないってのは…。言葉のない社会にいるのならともかく。
 どの立場通しても、人に危害を加えない、というのが今の言論の原則だと思いますが…。今も、意見の別を理由にしたテロがあちこちであるのは知っていますが、昔絶滅した恐竜じゃあるまいし、克服していきましょうよ。

 …てな事を、色々動いている最中に考えていました。私自身も、草刈鎌もった人に追いかけられた経験もあります。あれだけでも怖い思いをしました。まして、ああいうことが起きれば、一定の方向以外の言論が萎縮してしまう。怖い話です。

 ゆるくないところとは思いますが、頑張っていきましょう。どうもお邪魔しました。
  • posted by 伊東勉 
  • URL 
  • 2006.08/17 21:34分 
  • [Edit]

本音と建前は別物 

はじめまして。

加藤紘一氏の自宅と事務所が放火され全焼した件については、あなたがた左派のみならず、右派からも少なからぬ非難の声が上がっている。当然と言えば当然であろう。しかしながら、“嗜み”としてテロ行為などの人倫に悖る卑劣な犯罪に眉を顰める者も多かろうが、内実は言の葉に出せば憚りがある故に表面化しにくいものの、相当数の者たちが、「ざまあみろ」と心中快哉を叫んでおるに違いない。小生の場合もまた然り。溜飲が下がり、胸の空く想いがして、万歳三唱でもしたい気分であった。ついでに、ガッツポーズをしたことを付記しておこう(笑)。
そも加藤紘一氏は、己の政治理念に従って小泉総理の靖国参拝を非難し、特亜への配慮を論じていたのであろうか?。嘗て総裁候補の呼び声も高かったが、結局のところ目算を誤って、「加藤の乱」と云う大失態を晒し、事実上、総理総裁への途を自ずから絶ってしまった愚者である。その鬱勃として屈折した想いが、嘗ての盟友である小泉総理に歪んだ嫉妬として表出し、事あるごとに姑息な妨害を為さしめた。畢竟、今回の右翼構成員を凶行に駆り立てたのは、他ならぬ本人自身が招来せしめた因果律によってであろう。まさに因果応報、まさに自業自得の結末と換言できるのではないか。
極右評論が敢えて加藤氏の災難を天罰といったニュアンスで論じているのは、多くの者が腹蔵している本音を代弁したに過ぎない。謂わば豊田商事の永野会長や、オウムの村井幹部が兇刃にに斃れたとき発せられた歓呼と、同質の咆哮である。義憤の発露である。もし極右評論が咎められるのであらば、それは聊か正直に過ぎた、と云うことであろうか。
奇怪千万なのは、普段、保守の者らを蛇蝎の如く憎悪する、あなたがた左派人士が、版で捺したかの如く、保守の一員である加藤氏に同情めいた言辞を吐いていることだ。そもテロリズムは、一向に世の支持を集められぬ左翼が苛立ち、半ば自暴自棄に陥って惹き起こす、お家芸であろうに(笑)。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/18 03:52分 
  • [Edit]

なるほど 

怒る小市民さん、はじめまして。
小市民にしてはかなり右ねじがかって、というかテロリスト気質をお持ちのようであきれるかぎりですね。

右であれ、左であれ、自分の気に入らない言論人士にたいして、テロリズムが加えられたことに「因果応報、まさに自業自得」と快哉をおくる心根は、民主主義とは対極にある心根だと思います。

その心根の共通する感情に豊田商事の永野会長や、オウムの村井幹部の殺害をあげていますが、これこそ口封じの典型であって、巨悪の解明をさまたげたテロだったのではなかったのか。

極右評論氏以上に暴力を礼賛する人物ととお見受けする。

なお、
>そもテロリズムは、一向に世の支持を集められぬ左翼が苛立ち、半ば自暴自棄に陥って惹き起こす、お家芸であろうに(笑)。
については爆笑。
歴史をもう一度勉強しなおしたほうがいい。

ご丁寧なご挨拶痛み入る 

>かなり右ねじがかって、
否定はすまい(笑)。

>テロリスト気質
つ【鏡】

>民主主義とは対極にある心根だと思います。
アスキーアートの言葉を借りて言うならば、「オマエガナー」といったところだろうか?(嗤)

>巨悪の解明をさまたげたテロだったのではなかったのか。
マルクス・レーニン主義なぞと云う欺瞞に満ちたおぞましい呪詛が、これまでどれほどの巨悪を隠蔽し、悪行を闇に葬ってきたであろうか?

>極右評論氏以上に暴力を礼賛する人物ととお見受けする。
何を以って?。左巻きお得意のレッテル貼りですかな?
言葉に窮するとレッテルを貼る癖が治らぬ限り、到底、世の人々の賛同を勝ち得ぬと、老婆心ながら忠告する。

>歴史をもう一度勉強しなおしたほうがいい。
芸がないと思われるので不本意だが、同じ台詞を繰り返させて戴く。「オマエガナー」
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/18 13:09分 
  • [Edit]

>ご丁寧なご挨拶痛み入る 

いえ、どういたしまして。
もう少し丁寧にしたほうがよかったでしょうか?

老婆心ながら、もう少し芸がないのでしょうか。

「豊田商事の永野会長や、オウムの村井幹部の殺害」について書いたのに「マルクス・レーニン主義なぞと云う欺瞞に満ちたおぞましい呪詛」にすりかえる。

暴力を礼賛しているコメントをかかれたので、「暴力を礼賛する人物ととお見受けする」と書いたら、「レッテル貼りですかな」とすりかえる。

もう少し頭をつかわれたらどうか。
それともまともに回答できないのなら、人のブログにきてあれこれ書かないほうが名誉のためだと思うのだが…(^○^)

>芸がないと思われるので不本意だが、同じ台詞を繰り返させて戴く。「オマエガナー」
には思わず噴出してしまった。

お楽しみ戴いたようでなにより 

小生の芸のなさに失笑されておられるようだが、単に言葉尻を捉えての揚げ足取りですか・・・。児戯に等しい罵りあいは本意ではないもので、真っ当な論戦を期待したいものですな。僅かばかりでも結構ゆえ、ご自身の言葉で反論なりする工夫をお願いしますよ。やれやれ。
語弊があるが敢えて言わせていただこう。サルですな。
小生の脳漿の働きを云々されるよりも先ず、ご自身の拙劣なロジックをどうかなさった方が宜しかろう。小生の意見をあげつらって、「すりかえ」と云う結論でで話を済まし、鬼の首でも取ったかの如く哄笑する・・・。この程度の論難より他に議論できぬのですか?。いつも右の者を見下しておりながら、かような幼稚な御仁しかおらぬのでは、小生、聊か左派人士を買いかぶっておったようだ。
レッテル貼りと共に、あなたがた左翼の顕著な特徴ですな。人の名誉を心配なさるより、己が恥をお知りになさったらいかがだろう。尤も、恥を知らぬ故に左翼思想なぞにかぶれ、頭蓋の洞にお花畑が広がっているのであろうが(笑)。
ご自身の言葉で対抗できぬのですか?。哀れな人だ。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/19 01:19分 
  • [Edit]

あん 

わたしは右翼の人は尊敬していますよ。
独立日本のためには共闘できると考えている。
それはこれまでの当ブログでの主張を見ればわかること。

ただ屈米の自分たちを棚にあげて、反アジアをさるまねするエセ右翼(こういうのも反吐が出る)は、ヤンキーの回し者と考えています。

ぜひともご自分の言葉と脳漿を検討してくださいm(__)m 。

それと 

満足に反論できないことを人のせいにしないように、ご忠告もうしあげておきます(^○^) 。

反論できないとは 

相手の意見を自由気ままに削除し、マッチポンプ的に被害者ヅラしているのは管理人

あ な た の ほ う で は あ り ま せ ん か?

ここの管理人の反応を見れば左翼の性根がよく分かる。
卑怯、卑劣、お坊ちゃん。

投稿禁止やコメント削除を行いながら

>満足に反論できないことを人のせいにしないように、ご忠告もうしあげておきます(^○^) 。

とは片腹痛い。恥を知りなさい。
  • posted by 里中 
  • URL 
  • 2006.08/19 17:39分 
  • [Edit]

あん・・・餡?、庵?、案? 

君がレスにつけた意味不明のタイトル、聊か理解に苦しむが、それは兎も角として。

>満足に反論できないことを人のせいにしないように、ご忠告もうしあげておきます(^○^) 。

小生、自分で言うのも変だが相当な粘着気質でね。誤解のないように申し上げておくが、反論する気満々なのだがね?。別段、反論できぬことを君のせいにするつもりもないよ。第一、反論しようにも君の意見が聞けねば出来ぬだろう。違うかね?。
それと、小生は君に、自身の言葉で語って欲しいと云うささやかな希望を述べただけなのだが、スルーかね?
それから・・・
君の右翼への尊敬の念、そして似非右翼への嫌悪感は伺ったが、一つ質問させて戴こう、「だから何?」
君の右翼観がいかなるものであるのか知ったこっちゃないが、妙な想像力を働かせて、小生を恰も後者の同類と見做すのは止めて欲しいね。
君が、「テロ行為許すまじ」と極右評論を批判して、己が正義感を披瀝し、自己陶酔したい心情はよくわかったかよ。だがね、ご所望のようだから今一度、「言葉と脳漿の検討(変な日本語だね)」した上で、お願いしたい。
自・分・の・言・葉で、反論なり語ってくれないか?。サルじゃないんだったら。話はそれからだ。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/19 20:26分 
  • [Edit]

 

 加藤氏がしばしば小泉批判をしてきたのは事実ですが、氏の批判を「妨害」「利敵行為」と規定して黙らせようとする思想は右翼だけでなく左翼も共有するものでしょう。

 日本共産党に関して言えば、その一枚岩性に無条件の価値を見出し、最高幹部や党方針を批判することを絶対に許さない体質を今も引きずっている。政権を取ってきた共産主義政党がどれもこれも崩壊した原因のひとつがこの異論排除の体質であるのに。

 右翼批判に話を転じれば、共産主義政党を批判する右翼たちが「加藤を沈黙させろ」という形で共産主義政党の悪しき体質を自らのものとしている。今の体質を維持する共産党に未来が無いなら、同じく右翼にも未来は無いということです。

 これに対し、右翼は暴力をふるうが共産党は非暴力だという反論がありそうですが、それは五十歩百歩の議論でしょう。組織的排除を言論に優先する共産党の手法は政治的には暴力行使と同等の効果を持っているのですから。
  • posted by 道草クー太郎 
  • URL 
  • 2006.08/19 20:58分 
  • [Edit]

怒る小市民殿 

もう一度、この間のやりとりを整理しておきます。
(一)
当方のテロリズム礼賛批判のブログにたいして、テロリズム容認のコメントを書かれた。
(二)
そのコメントに対して、下記のコメントをつけた。
----(引用開始)-----
右であれ、左であれ、自分の気に入らない言論人士にたいして、テロリズムが加えられたことに「因果応報、まさに自業自得」と快哉をおくる心根は、民主主義とは対極にある心根だと思います。

その心根の共通する感情に豊田商事の永野会長や、オウムの村井幹部の殺害をあげていますが、これこそ口封じの典型であって、巨悪の解明をさまたげたテロだったのではなかったのか。

極右評論氏以上に暴力を礼賛する人物ととお見受けする。
----(引用終了)-----
(三)
それにたいして、すりかえはあるものの、まともなご意見の書き込みはない。

土佐高知氏 

どうやら大きな誤解があるようだ。君は小生をテロリズムを賛美してるぐらいに思ってないかね?。小生は加藤氏邸放火事件を僥倖、たまさかの痛快事ぐらいに捉えているのであって、何も対立者を暴力で封じる手段をよしとしている訳ではない。戦時に於ける敵対国に対するテロ以外は、あらゆるテロを否定する立場であるのを表明しておこう。
そも民主主義とは、思想信条、更に表現の自由があるんじゃないのかね?。加藤氏の身に降りかかった災難を、公人の立場にある者が痛快事などと放言すれば問題もあろうが、一介の市井の者が披瀝したとて、法的にも同義的にもいかな責にも問われまい。ネットでは第三者の権利を侵害せぬ限り、仮令どのような発言であっても自由に表明できる場ではないのかね?。君のように一般的な道徳論でこの事件を語る者も多いが、小生は綺麗ごとで卑劣な犯罪を糾弾するよりも、加藤氏への同情を述べるよりも、素直にスカッとした気持ちを書いたまでのこと。それは人それぞれの自由であろう。小生は少なくとも他者の想いを掣肘しようなどとは思わない。悪徳商法の頭目や、カルト教団の幹部に鉄槌が下された時、一体どれほどの人々が彼らの死を悼んだと云うのかね?。口封じによって捜査が困難になったなどと云う障害は、二義的に生じたものであって、事件発生直後は多くの者が、悪党に天誅が下ったと歓喜したであろう。その素直な感情までをも人倫に悖ると切って捨てるかね?。現実世界で今回の事件に溜飲を下げたなどと言えば顰蹙を買う。だから、せめてネット空間だけでは自身の気持ちに忠実でありたいと小生は考える。
その上で、ネット空間に於いて猶、他ブログの糾弾によって自身の道義心をひけらかし、思想的に相容れない者を貶める手法は鼻持ちならないと申し上げている。
さて、小生の“マトモ”な意見をお望みのようだが、このぐらいでいいかね?
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/20 12:12分 
  • [Edit]

 

土佐高知さま
こんな「いかれた小市民」はもう相手になさらないほうがよいと思います。
他人の家に付け火があったことについて、その人にどういう感情を抱いているにせよ、それを喜ぶなどというのは、およそまともな常識の持ち主ではありません。
見苦しいにも程があります。
こういう精神的コドモは、自分のHPでだけ自分の意見を垂れ流すべきであって、他人の土俵に割り込んでくるべきではありません。
  • posted by 善意の第三者 
  • URL 
  • 2006.08/20 16:00分 
  • [Edit]

テロ容認? 

管理人はお坊ちゃんだなぁ。
テロ容認など誰がしとるんだね?

管理人の問題はありもしない前提から、ありもしない結論を導き出し、愚かな発言を繰り返すことなのだよ。

わかったかね?
土佐"マッチポンプ"高知さん。
  • posted by 微笑 
  • URL 
  • 2006.08/20 16:07分 
  • [Edit]

 

>土佐高知
>ただ屈米の自分たちを棚にあげて、反アジアをさるまねするエセ右翼(こういうのも反吐が出る)は、ヤンキーの回し者と考えています。

エセ右翼はお前のこと。
  • posted by 高知って日本? 
  • URL 
  • 2006.08/20 16:26分 
  • [Edit]

 

いかれた小市民様
他人の家に放火されたことを喜ぶような品性は、下劣だと申し上げているのですよ。

>胸の空く想いがして、万歳三唱でもしたい気分であった。ついでに、ガッツポーズをしたことを付記しておこう(笑)。

だそうですから。

やるんなら自分の家のトイレの中ででもやるんですね。
年齢はお幾つか存じませんが、もう少し嗜みのある発言をすべきなんじゃないでしょうか。少なくとも右翼として政治を志すのであれば。

P.S.
土佐高知さま
私のコメントも含めて、削除して頂いて構いませんので。
見苦しいやりとりをブログに残してしまい、失礼致しました。
  • posted by 善意の第三者 
  • URL 
  • 2006.08/20 16:54分 
  • [Edit]

善意を騙る悪意ほど醜悪なものはないね 

>自称善意の第三者

どうせ捨てハンなのだろうが、「善意」を自称するとは恐れ入った。まあ、コテハンで挑む勇気もないのだろうが。その上、小生のことは、「いかれた小市民」かね?。人の品性をとかやく言うのも結構だが、加藤氏宅の放火事件に本音を吐露したと云う、その一義を以って「いかれた」認定かい?。子供じみたレッテルの貼り方には呆れたよ。まあ、ネット空間ですら偽善で己を飾る人物であろうから、どの程度の人物かは想像がつくが。ひょっとして以前、レスのやり取りをしたっけか?。
人を中傷するにしても、もっと相手がグサリとくるような巧妙さで臨みたまえ。文章を見れば大体相手の力量がわかる。君では役不足だ、出直したまえ。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/20 20:37分 
  • [Edit]

 

>小生のことは、「いかれた小市民」かね?。
そのとおり。

>加藤氏宅の放火事件に本音を吐露したと云う、その一義を以って「いかれた」認定かい?。
そのとおり。
  • posted by 善意の第三者 
  • URL 
  • 2006.08/20 20:47分 
  • [Edit]

面倒くさいなぁ 

>第三者クン

お子様だね、やれやれ(苦笑)。
ガキは相手にせんよ。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/20 21:35分 
  • [Edit]

怒る小市民殿 

>何も対立者を暴力で封じる手段をよしとしている訳ではない。戦時に於ける敵対国に対するテロ以外は、あらゆるテロを否定する立場であるのを表明しておこう。

なるほど、それをきいて安心しました。
「表現の自由」についても同意です。
そのうえで極右評論氏の言説を批判しました。
それについての見解は違うようですが。

それと豊田商事の永野会長や、オウムの村井幹部の殺害についても、もった感情がちがうようですね。
悪徳商法やオウムの犯罪にたいする怒りは共有しますが、彼らを殺すことに快哉を上げることには同意できません。

永野会長の事件では、実行者はもちろん、まわりにいてそれをとめようともしなかったマスコミにも怒りを感じました。
村井幹部の事件については、真相解明の口封じだと感じました。

土佐高知氏 

極右評論のエントリーに於ける内容は、猛烈な批判があるのを想定しながら、敢えてユーザーに問うてみたとのこと。異論があるのならば、直截に瀬戸主宰に真意を問えばよいだけの話ではないだろうか。コメントにて論戦を挑むもよし、質問状をメールで送るもよし、いかようにも方法はあったのでは?。瀬戸さんは左派に好ましからざる感情は抱いておられても、正々堂々と物申す相手を無碍にあしらうことはせぬ筈。
何も君に限ったことではないが、発端となった刺戟的なエントリーアップがなされて後、案の定あちこちのブログから、ワラワラと極右糾弾のエントリーが立った。君のこのエントリーにTBを貼り付けている者たちのように。が、誰一人として直截に論戦を挑んでくるものはいない。まさにこれが、小生が憤慨している点である。自身のブログ上で極右の非を鳴らし、己がいかに良識ある人間でございと善人ヅラしても、直に異を唱えることをせぬ独善に我慢がならなかった。君に論戦を挑んだのは、左派であること、最初にTBを貼り付けた者であると云う二点から選んだ。出来れば全てを相手にしたいところだが、現実的に小生一人では無理があるからね。

加藤氏邸が放火に見舞われたことについて、小生が永野や村井が殺害された例をだして、痛快事と述べたことには勿論、人それぞれの受け止め方があろう。
これら事件を論ずる時、おおよそ、ネット上でも世間一般の常識によって事件を捉える者、或いは、率直に己が本音を曝け出す者の相違で括れるんじゃないのかね?。更には、殺人に対する生理的な拒絶感や、君のように真相が闇に葬られたことを残念がる想いを加味すれば、小生と君の意識の差異は説明できると思うがね。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/21 22:06分 
  • [Edit]

怒る小市民殿 

なるほど、そういうことですか。

コメントで極右評論氏に論争を挑むことも考えましたが、こちらも弱小ながらブログを立ち上げている身であり、こちらで批判エントリーを立て、トラックバックにてお知らせするという方法をとりました。

これはブログではかえって有効な手段ではないかと考えてのことです(じっさいに、こちらの怠慢で中断していますが、うしゃこふ氏とやっている最中です)。

もちろん、彼の意見がはげしい批判を想定してのことであることは、ご自身でも書いておられるので、織り込み済みだとは思いましたが、看過することはできないと考えたのは当然だと思います。

土佐高知氏 

意を異にする朝日新聞と産経新聞が、屡(しばしば)自社の社説欄に相手方の主張へ対する反論を掲載し、論戦を展開することがある。ネット上ではこれを“文通”などと呼んで揶揄の対象となっているが、多くの読者を抱える大新聞社ならいざ知らず、個人の意見発信の場であるブログでは文通などと云うまどろっこしい手段を用いずとも、直に相手へ疑問点なり異論なりをぶつければ済む話ではないだろうか。またそれがブログの醍醐味ではないかと考える。極右評論とて日々刻々と移り行く時勢の変化を、極右の視点よりユーザーへと発信し続けている。それは君のブログとて同じではないのかね?。ならば、更新されてゆくエントリーには差し障りないように、加藤氏邸放火事件なら、その当該エントリーに於いて議論を戦わせるのが合理的だあると思うのだが。極右評論も瀬戸さんと若干名のお弟子さんによって運営されており、件のエントリーに反発したブロガー全てを、各個、そして一度に相手も出来ぬし、極右に異論があるのなら自身のブログにエントリーを立てるのは良いとして、先方のコメント欄に書き込むことで真意を質してみてはいかがだろうか?。これは極右に反発した他のブロガーにも言えること。その際には瀬戸さんやお弟子さん、或いは、小生のような極右支持者がお相手できるだろう。
一つご理解戴きたいのは、正義の定義と云うものは絶対的なものなどではなく、極めて相対的なものであると云うこと。卑近な例を出せば、君は左派ゆえ、どうやら憲法改正に反対意見をお持ちのようだが、小生のような右派からすれば、憲法改正は日本が「マトモ」な国に脱皮を図るための通過儀礼だと捉えている。つまり小生の正義と君が理想とする正義とは等記号では結べないと云うことだ。また、右派は基本的に憲法改正賛成だが、何らかの思想信条により反対意見の者も当然おるだろう。それは左派とて同じこと。このように、憲法改正論議一つをとってみても、正義が一括りにできるほど単純ではないのがおわかりだろう。ユダヤの正義がアラブへの横暴であるのと同様に。
よって、
>看過することはできないと考えたのは当然だと思います。
と云う君の結論は、決して“当然”などではないと指摘しておこう。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/22 10:57分 
  • [Edit]

怒る小市民殿 

朝日と産経の「文通」については知りませんでした。

ブログについては、こんかいとった方法がいいと考えていますが、ご提案のコメント欄の活用については、今後の参考にさせていただきたいと思います。

>正義の定義と云うものは絶対的なものなどではなく、極めて相対的なものであると云うこと。

諒解しました。
憲法を例にとっての左右のなかでの意見の違いについては、身近にその例を知っていますのでわかりやすいお話でした。

で、極右評論氏のご意見を看過できないとしたのは、当方の「正義」からです。

小市民へ 

あんた左派のブログ荒らすのやめてくれない?
 二度と来ないでくれない?
あんたが自分のブログで言うだけなら表現の自由だから分かるけどわざわざ文句つけるのは、やめて欲しい。
 http://plaza.rakuten.co.jp/shousimin/
 共謀罪に反対してたら、いちいち文句つけて来たりあんたのやることは、迷惑行為だと自覚して欲しい。
あとあんたは、二十歳そこそこの若僧だろ?

 土佐高知さんに向かって君とは、なんだ!!
態度がでかいぞ!!!
 
 最後に2年前の九月、救援連絡センターの掲示板に「働く小市民」という名前で共謀罪に反対してる人に口出ししてきたのもあんただね!!
 
 あんた! いちいち横から口を出す行為は、今からでもやめなさい。
 あんたのブログは、私から見たら不快ではあっても私は、あんたのブログでは一度も書き込みしたことなどない。
  • posted by 荒らし反対 
  • URL 
  • 2006.08/23 08:31分 
  • [Edit]

荒らし反対さん 

はじめまして(^○^)
コメントありがとうございます。

その上で一言。

怒る小市民さんについて、いろいろ知っておられるようですが、確実な情報なんでしょうか。
思い込みや不正確な情報で判断されると足元をすくわれることになりかねません。
老婆心ながら、注意した方がいいと思います。
指定されたブログを見たのですが、わたしの判断では別人物だと思われるのですが…。まちがってたらごめんなさい。

こんかいのことでは、怒る小市民さんは「あらし」とは思っていません。
「ドカベン」登場人物の名前をかたるやつは完全に「あらし」ですけどね。

これからもよろしくお願いします。

回答 

>荒らし反対 くん
呼び捨てとはご挨拶だね。小生は土佐高知氏とは思想信条のベクトルは全く異なるものの、今回のレスのやり取りによって、互いの違いを尊重し合い、一定の合意に達したと判断したのだがね。よって、これ以上の書き込みをするつもりもなかったが、妙な言い掛かりをつけられたとあっては看過もできまい。
信じようが信じまいが勝手だが、小生の年齢は20歳そこそこでもなければ20代ですらない。また、HNに“小市民”が含まれている、ただそれだけの短慮から、ご紹介に与っているブログの運営者と同一人物と見做すのは、己の浅はかさを晒すだけなので止した方がいいんじゃないかね。小生は全くの別人だ。
それと、2年前の救護センター掲示板での妨害?。小生がPCを始めたのは去年の末からだよ。思い込みによる断定は、自分の恥を晒すことになりはしないかね?。

>あんたのブログでは一度も書き込みしたことなどない。

いずれ小生もブログを持とうと計画しておるから、その際は上記の言葉を忘れず、感情的な罵りを小生のブログに書き込むのはご遠慮願いたいものだ(笑)。

>土佐高知氏
冷静なご判断、忝い。
小生は自らをネット右翼を以って任じている。それ故、今後とも極右評論を始めとする巡回ブログに於いて、左派右派を問わず、論戦を挑んでおるものや、荒らし行為に走るものがいたら、遠慮なく噛み付いてゆく所存だ。尤も、そのブログのエントリーに共鳴できた場合に限るが。
君とは、またいずれどこかのブログでお目に掛かる機会もあるやも知れぬ。今回のように丁々発止の論戦に火花を散らすこともあろうが、言葉を尽くせば対立からも何がしか得るものがあるだろう。
何れにせよ、左派の者は往々にして狭量なイデオロギーに凝り固まった人物が多いが、君のように柔軟な思考の者がおると知ったのは収穫だった。
それでは、またどこかで。
  • posted by 怒る小市民 
  • URL 
  • 2006.08/23 19:05分 
  • [Edit]

怒る小市民殿 

>それでは、またどこかで。
こちらこそ。

言葉は注意しなければならないということを学びました。
最初のころのコメントのご無礼な表現、お許しください。

お互い思想は大いに違えども、尊重しあってまた議論したいものです。

お元気で!

テロリズムとは 

テロリズムは単なる暴力行為を指し示すものではない。今回の行為については、まだ政治的な背景が起因することが明確化されていないこともさることながら、加藤氏の論調はむしろ、国民世論でも拮抗した議論の余地のある課題であるからこそ深刻だったわけだが・・・
社会契約思想から綿々と続く革命闘争の歴史において、我々市民は、自決権の元、抵抗権(革命権)を保持し、それが認められている。これを否定することができる学者がいるならお目にかかりたいわけだが、テロも現実社会における抵抗権にはなりえないとは言い切れない。今回の行為は判断を留保するが、これがもし、体制側のマイノティへの暴力行為であるなら、テロという言葉ではない。今回の事件が靖国に直接起因するというならば、加藤氏はいわゆる非体制側といえなくもないわけだが、国民世論が拮抗した状態で加藤氏を応援した人も多いだろう。(自分のその一人だが)
 あえて、煽るが、今回の事件をテロと表現するのは間違いだと言う。それは上記した理由からだが、もっと深刻な問題は、テロは不当行為だと断罪することの恐怖である。
 歴史上、特定の時間軸ではテロとされる行為も後世になればその評価がかわるように、テロというのは揺れる概念である。日本の幕末における長州藩の「禁門の変」などはテロリズムであるわけだが、桜田門外の変と同じような扱いはされない。その背後に明治時代を創造し元勲の姿から恩赦されているという詭弁もあるわけだが・・
 長々と書いてるわけだが、ポイントは「テロ行為」は政治的劣勢環境にある市民の権利として否定すると、これあでの歴史で起こった革命権行使の事項を不当だということになる。そこまで踏まえてテロという言葉は使ってほしい。
 それに追記するが、政治思想として靖国史観(アンチ東京裁判史観)の方々は総じて論理的な部分で結局は、負組みにしかすぎないのである。戦争に負けたから負組みではない、裁判を被告が受け入れ、かつ日本国もそれを二度追認した過程はどうしても揺るがないからである。このような方々は、国連憲章の条文には存在する「敵国条項」を成文法をして有効だと勘違いする輩であることが多いのが現実だったりする。
さて、消去されたらどうしよう、と慌てながらペンを置きます。TBしますのでよろしく
  • posted by self0507 
  • URL 
  • 2006.08/25 16:29分 
  • [Edit]

 

TBさせていただきました。
  • posted by Yoyo 
  • URL 
  • 2006.08/30 10:32分 
  • [Edit]

 

8月に総理の靖国参拝を非難してネットが半焼けになった川内議員が、今度は火事にならないよう自分の都合のいい意見だけ載せるよう事前にコメントチェックした上でブログ運営している。
http://blog.goo.ne.jp/kawauchi-sori

その結果、こんなけしからんコメントが正々堂々と掲載されているよ。許せますか?

>アンチは徹底的に排除して欲しいな。議員が靖国のことを書いたときにさんざんやられたからな。極右通信辺りから流れてきた奴らの仕業らしいから、今度はあっちにみんなで火を付けようぜ!
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2006.11/13 22:53分 
  • [Edit]

 

土佐君は知らず知らずに中共の手先になっていることを認識した方がいいね。まあ、そんなことを言っても理解できんだろうが。もう少し世の中の仕組みやカラクリを勉強してからブログの記事を書きたまえ。それとも何か?反中活動の妨害活動として書いているのかな?
まあ、それはいい。ただし、あなたの論は読んでいて、何の論理も思想もない。ただの馬鹿平和主義者だね。
  • posted by 君が世 
  • URL 
  • 2006.12/06 01:41分 
  • [Edit]

 

アーミッシュはテロにあっても、結果的に許してやってるぞ?。テロは悪だの、卑怯者だの、一切文句もいわなかったぞ?。日本の憲法キチガイも口でとやかくいうまえに、少しは彼らみたいに実践してみたらどうだろう。殺されても平気でいられるというのも実際むずかしいのだが?。左翼の人が反日なるのもこの辺に原因がある。結局すべて国のせいにして国ごとイケニエにしても、個人的に国になり変って「私がすべての責任を取ります」という人を見たことがない。ここが「左翼」を超えられるかどうかの試金石になるであろう。そんなに反省が好きなら他人に強制する前にまず自ら進んで実践すべきだ。


  • posted by モルモン教徒 
  • URL 
  • 2007.07/25 13:44分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界が変わる時

KOIZUMIの最後の大仕事、靖国参拝が終わった。そして一日中TVで参拝批判を語っていた加藤ちゃんの家が火事になった。まだ詳細はわからないがあれくらいの発言が原因でもし放火というような事が行われたのなら情けない事だ。

放火を賞賛する世の中でいいの?

先日TVでKOIZUMIの靖国参拝批判を常識的に批判していた加藤ちゃんの家の火事の問題<加藤議員実家全焼>放火事件と断定 右翼団体の男が放火か 山形県鶴岡市大東町の自民党元幹事長、加藤紘一衆院議員(67)の実家と事務所が全焼

孤立する右派

朝、小泉首相が靖国神社を参拝。 メディアはその賛否を議論した。特にテレビではどこも活発な議論が行われていた。しかしどこでも靖国派は部が悪い。やはり富田メモの影響は大きい。 国民の潜在的な軍国主義への嫌悪感が「富田メモ」をきっかけに噴き出してしまったように

加藤氏宅放火事件に思う

 既にご存知の方も多いが、小泉首相の靖国神社参拝で騒がれてる最中、「加藤元幹事長の自宅が火事」とのニュースが舞い込み、後に右翼団体構成員が放火、当の犯人は割腹自殺を図り現在入院中・・・ということが分かった。 

日本人は本質的にやさしい

先日、自民党の衆議院議員の加藤紘一氏の実家が、放火される事件がおきました。現場には腹部にケガを負った男性が、たおれていたそうです。男性は右翼団体の元幹部ということが判明し、加藤氏が首相の靖国参拝に、批判的な発言を繰り返したことに対する行動ではない

「テロリズム」という言葉

 「テロリズム」という言葉を近年多く耳にする機会がある。歴史的にテロを考えると、テロとは 「体制及び態勢的情勢を否定する政治目的のある直接的な暴力行為を持ち込む思想」という規定が私にはある。 ネット辞書で

加藤紘一氏宅放火事件について

放火容疑で右翼構成員逮捕 加藤議員の実家全焼火災 (共同通信) - goo ニュース 以前読んだ、『憲法九条を世界遺産に』の中で、太田光氏は、奥さんから、「外では格好つけて世界平和を訴えて、その結果が、自分の家族や周りの人たちが身の危険を感じる矛盾をどう考えている

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ