FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

ウヨブロガー狂騒曲

「富田メモ」についてひきつづき書く。
ウヨブロガーたちが大騒ぎしていることは、きのう書いた。
そのうち「信憑性」論については、当ブログのエントリーにトラックバックされている2チャンネルの「検証」を念頭においたものだ。

だが、この「検証」を読んでもいまいち説得力に欠けると思っていたので、そのままにしておいた。
ところが、これにブログランキングのダントツトップの「依存症の独り言」さんが飛びついたのにはのけぞった(^○^) 。



それで、ツッコミを入れておきたいと思う。

まず、その2チャンネルの「検証」を紹介しよう(しかし、テレビのキャプチャー画面から、裏に写った文字を反転と画像補正で鮮明にし読み取る人がいるのだからスゴイ!拍手)。

報道されている「富田メモ」の裏は次のようなものだという。
----(引用開始)-----
63.4.28
☆Pressの会見             
[1]  昨年は             
  (1) 高松薨去間もないときで心も重かった
  (2)メモで返答したのでつくしていたと思う
  (3) 4:29に吐瀉したが その前で
   やはり体調が充分でなかった   
  それで長官に今年はの記者     
  印象があったのであろう      
  =(2)については記者も申して    
  おりました            
                   
[2]  戦争の感想を問われ       
  嫌な気持を表現したが       
  それは後で云いたい        
   そして戦後国民が努力して    
  平和の確立につとめてくれた    
  ことを云いたかった        
 "嫌だ"と云ったのは 奥野国土庁長  
  の靖国発言中国への言及にひっかけて
  云った積りである
----(引用終了)-----

そして件のメモのうえは次のとおり
----(引用開始)-----
        4.28 〔4〕
前にあったね どうしたのだろう
中曽根の靖国参拝もあったか
藤尾(文相)の発言.
=奧野は藤尾と違うと思うが
バランス感覚のことと思う
単純な復古ではないとも.
※報道されている内容※
・ 関連質問 関係者もおり批判になるの意
----(引用終了)-----

そして次のように推理する。
----(引用開始)-----
※3ページ目と4ページ目を続けて読むと次の事が判ります。
1.メモはプレスの会見を筆記したものである。
2.昭和63(1988)年4月28日の記述である。
3.質問に対るす答えは率直な感想を述べているように読み取れる。発言内容を事前にチェックされる立場の人間ではない事が判る。
4.高松宮様に対して薨去という言葉を使っている事から宮家ではなく仕える立場の人物の発言と読み取れる。
5.「(3) 4:29に吐瀉したが」のくだりは客観的な表現で自身の事ではない。
6.戦争の感想を問われた時「嫌な気持を表現」している人物である。
7.あまり閣僚を知らない人物である。
8.会見時の発言に「そうですか」が多かった。
9.靖国神社の松平永芳宮司を松平の子と呼ぶ事から近親者で年配者である事が判る。

以上の事から考えて、このメモの発言者として最も適当な人物は徳川侍従長である事は明白です。
理由は以下の通りです。
a.徳川侍従長のが勇退日は昭和63(1988)年4月末日。(会見の有無は確認できず)
b.徳川侍従長の以前からの発言と相似している。
c.前出の1~9の指摘事項に全てあてはまる。

では昭和天皇陛下の発言とした場合、以下の矛盾点が生じます。
イ.この日に昭和天皇陛下の会見は報道されていない。翌29日の天皇誕生日での会見は記録に残っている。
ロ.記者が天皇陛下に対してこのような質問をするとは思えない。又、質問する機会もない。
ハ.発言者は自身を「私」と言っている。天皇陛下であれは公式な場は「朕」と言う筈である。
----(引用終了)-----

「依存症の独り言」さんは、「ハ」をのぞいて引用し、全面的に支持している(まあ、このハについて書かれていることは、あまりにも戦後の昭和天皇を知らなすぎて「依存症」さんも退けたのだろう(^^;)。

だが、ほかの部分を読んでも、あまりにもこじつけが多すぎて?をいっぱいつけていたのだが、「依存症の独り言」さんは全面支持だ。
しかし、これは「依存症の独り言」さんらしくない拙速だと思う。

まず、このメモの性質である。
「メモはプレスの会見を筆記したものである」と推理しているが、これは違うだろ。
多分、翌日の記者会見に備えた事前の「打ち合わせ」での昭和天皇の側近との「内輪」での発言だろうと思う。だから、記者会見にでも発言していたら、大騒ぎになっていた問題の「軽口」も出されたのだ。

で、この「富田メモ」の発言者を徳川侍従長としている「推理」がまた傑作だ。
まず、徳川侍従長の引退「会見」でのメモと推理している点だが、仮にその会見があったとして、宮内庁長官が侍従長の記者会見メモを普通とるだろうか。しかも侍従長の勇退日を「4月末日」としているが、徳川侍従長の後任の山本悟氏の着任は4月13日である。
さらに、「戦争の感想を問われ 嫌な気持を表現したが それは後で云いたい そして戦後国民が努力して平和の確立につとめてくれたことを云いたかった」と徳川侍従長が記者会見で言うか?

いずれメモ全体をかり受けている日経新聞が分析してくれるだろうが、この程度のツッコミでは、日経も哂って相手にしてくれないだろうと思う。

ウヨブロガーがこのメモに大騒ぎする気持ちはわからないではないが、もう少し冷静に分析したらいかがか。
この程度の「分析」で捏造などと言いふらされれば、知能の程度が疑われるというものだ(^○^) 。


やはりねつ造だった「天皇発言」
富田メモは本物←これを読んで訂正した。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

このメモその物が偽物というなら分かるが、書いてある文字の解釈で、否定しようとしても無理がある。陛下以外の人物がこれほど、偉そうに発言したとすればとんでもない奴だと思う。天皇気取りも甚だしい。
  • posted by 自由 
  • URL 
  • 2006.07/25 20:29分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いわゆる「富田メモ」について

昭和天皇が崩御される前年の1988年、75年11月を最後に靖国神社をご参拝されていない理由を記したメモが発見された。当時の富田朝彦宮内庁長官(故人)が天皇のご発言をメモに記し、家族が保管していたのである。このメモの内容が今、メディアを賑わし政界を揺らしている。が

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ