土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

槇村浩と田内千鶴子さん


へえー、と思ったことがあったので書いておく。
昨年末から日本コリア協会・愛媛と高知の交流が始まった。
昨年は、松山に我々が行って四国朝鮮初級学校を訪問、夜は懇親会をした。
そのとき、「来年は高知でやろう。香川県、徳島県にも呼びかけよう」ということになって、ことし11月に高知市で行う。

こんどは交流・懇親会を前日やって、翌日、愛媛の人たちがどうするか、高知側の訪問メニューを話し合った。
そのメニューに、
①田内千鶴子さんの記念碑訪問、②槇村浩記念碑の訪問
がある。

二人の紹介文をつくった。
20131030162019_bodyfile.jpg
☆田内千鶴子…1912年、高知市に生まれる。日本統治時代の朝鮮全羅南道木浦市でクリスチャン仲間の尹致浩と結婚する。夫と共に、孤児救済のために共生園で働く。朝鮮戦争で夫が行方不明になった後も孤児救済のために尽くし、3000人の孤児を守り育てた。1968年に死去。木浦市では市民葬を行い、3万人が出席した。

photo_4.jpg
☆槇村浩…本名吉田豊道。1912年高知市生まれ。日本プロレタリア作家同盟高知支部を作り、槇村浩(まきむら こう)のペンネームで作家活動。反戦運動・労働運動にも参加し、反戦詩「間島パルチザンの歌」「生ける銃架」は代表作とされている。拷問と投獄により1938年に死去。

「うん?1912年生まれ?」
二人は同い年だったのだ。
田内さんは10月31日生まれ、槇村浩は6月1日生まれ。
二人とも一人っ子。
田内さんは朝鮮半島に渡ったが、槇村浩は一度も国外に出なかった。
しかし二人とも朝鮮との縁は浅くない。

長い友好と交流の歴史をもつ朝鮮と日本。
いまの日本のヘイトスピーチをみたら、二人は何を感じるだろう。

【CM】
ぜひ、買ってください。
直接の注文はメールフォームからお願いします。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログへ


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ