土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「戦後70年談話」を評する


安倍首相が「戦後70年談話」を出した。3400

字を超える量。戦後60年の小泉談話約1100字、50年の村山談話約1300字にくらべても、その文字数の多さに驚く。中身を吟味していくとあれやこれや言葉を連ねているが、胸を打つものは少ない。むしろ歴史を歪曲している表現が少なくないことが気になる。

クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

以下、特に気になる部分を文章に沿って吟味する。

終戦七十年を迎えるにあたり、先の大戦への道のり、戦後の歩み、二十世紀という時代を、私たちは、心静かに振り返り、その歴史の教訓の中から、未来への知恵を学ばなければならないと考えます。

百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。


■日本が独立を守ったことはそのとおりだが、独立国・朝鮮の主権を侵害し、植民地にしたことはスルー。その発端となった日清戦争にはふれずに、「植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました」て(^○^) 。ネルーはこう言っている。「日本のロシアにたいする勝利がどれほどアジア諸国民をよろこばせ、こおどりさせたかということを我々はみた。ところが、その直後の成果は、少数の侵略的帝国主義のグループにもう一国を付け加えたというに過ぎなかった。その苦い結果を、さいしょになめたのは、朝鮮であった」

世界を巻き込んだ第一次世界大戦を経て、民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかかりました。この戦争は、一千万人もの戦死者を出す、悲惨な戦争でありました。人々は「平和」を強く願い、国際連盟を創設し、不戦条約を生み出しました。戦争自体を違法化する、新たな国際社会の潮流が生まれました。

■第一次世界大戦とロシア革命の結果、「民族自決の動きが広がり、それまでの植民地化にブレーキがかか」ったのは事実だが、アジアにおいて日本の侵略主義は拡大しこそすれ、とどまることはなかった。→対中国21か条の要求(1915年)、シベリア出兵(1918年~1922年)。

当初は、日本も足並みを揃(そろ)えました。しかし、世界恐慌が発生し、欧米諸国が、植民地経済を巻き込んだ、経済のブロック化を進めると、日本経済は大きな打撃を受けました。その中で日本は、孤立感を深め、外交的、経済的な行き詰まりを、力の行使によって解決しようと試みました。国内の政治システムは、その歯止めたりえなかった。こうして、日本は、世界の大勢を見失っていきました。

■世界恐慌(1929年)とブロック経済によって、日本が孤立したかのように描いているが、それ以前から日本は中国、満州に対する内政干渉・侵略・謀略を続けてきた。蒋介石による北伐に干渉するための3回に渡る山東出兵(1927~1928年)、関東軍による張作霖暗殺(1928年)。

満州事変、そして国際連盟からの脱退。日本は、次第に、国際社会が壮絶な犠牲の上に築こうとした「新しい国際秩序」への「挑戦者」となっていった。進むべき針路を誤り、戦争への道を進んで行きました。
そして七十年前。日本は、敗戦しました。


■敗戦と言ったのは評価したい。しかし、以下の文章でもそうだが、侵略と植民地支配という言葉を意図的に避けることで、リアリティに欠け、胸を打つものが少ない。

村山談話、小泉談話の約3倍の字数を連ねながら、日本人のわたしの心に伝わらないのだから、外国の方々、とくに多大な被害を与えたアジアの人々には伝わるものは少ないだろう。
特に戦争法をはじめとして安倍内閣がやっていることを見ると、虚ろに響くだけではあるまいか。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

何でも反対しか言わない共産党の主張よりは遥かに心に響きました。


今後も共産党の主張の逆を行けば正解なのだと思っていきます。
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2015.08/15 10:39分 
  • [Edit]

うろたえるのはわかるけど 

もう少し論理的かつ冷静に物事を考え表現する習慣を付けたほうがいいよ。
そうしないとつまはじきされるよ。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2015.08/15 10:57分 
  • [Edit]

 

そっくりお返しします。

つまはじきにされてんのは左翼でしょう?


偉そうに語るなら政権とってからにして下さい(笑)

それが民主主義です。
この国は時代遅れの妄想共産主義ではありませんので(笑)
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2015.08/15 12:53分 
  • [Edit]

ふん 

世界の常識をみたらわかるっしょ。
ポツダム宣言をつまびらかに読んでいない首相が何を言ってもお寒いかぎり。
ところで君たちは読んで、書いているのかね?
少しでも知識をもって書き込むように(^○^)
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2015.08/16 00:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

ポツダム宣言を読んでいないことが、なんで非難の対象になるんだよ。ばかばかしい。何が世界の常識だよ。
国連の常任理事国のすべてが核保有国ってことか。
日本はそれに合わせろって言ってんのかよ。
頭悪いな、左翼は。そんなんだから、共産党は政権が取れないんだよ。
革命ごっこしてろよ。
  • posted by 通行人 
  • URL 
  • 2015.08/16 01:05分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

> ポツダム宣言を読んでいないことが、なんで非難の対象になるんだよ。ばかばかしい。
あのさ。
この一言でダメさ加減、わかってる?
もうちっと勉強してコメントしろよ。
次からそれが出来なければ、ようしゃなくゴミレスとして削除するからね。
勝手にマスターベーションしな(^_^)
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2015.08/16 01:13分 
  • [Edit]

NoTitle 

その後の(実は前後に重なる政策なのだが)朝鮮侵略(併合)に触れないのは、どう考えてもオカシイ!ネルーの指摘も、最もでゲソ…あと「対華21ヶ条要求」や「シベリア出兵」をスルーして「協調」とか言っているのも、片腹痛い…「革命」を言うにしろ言わないにしろ、こんなことは「常識」の範囲でゲソ。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ