土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

総選挙の結果をどう見るか


以下は私見である。

本来は安倍首相にとってやる必要のなかった総選挙。だが、低下しつつある支持率と前途に待ち受ける難題(集団的自衛権行使を可能とする法律づくり、経済への不安など)を突破するためには、いまいちど国民に信を問うてそれを背景に中央突破をはかる必要があった(という見方もできる)。

クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

だが、結果は手なづけた大手マスコミの「自民・公明圧勝」の見出しとはことなって、大いなる不安と敵を降臨させた。

まず「自民・公明圧勝」の真実はどうか?
議席は解散前の自民党295議席から291議席へ後退、連立与党の公明党31議席の4議席増と相殺。
憲法改悪で足並みをそろえていた維新は議席減、次世代はほぼ壊滅した。

それに対してもっとも強力な敵である日本共産党は、解散前の8議席から21議席へと躍進した。
自民に対するもっと強烈なパンチである。
日本共産党の議席は、民主党の議席の3倍から4倍の破壊力をもつ。
解散しなければなかった抵抗勢力を国会に降臨させたのだ。

PAP_0048_20141217174756f83.jpg

PAP_0049_201412171747580ff.jpg

もう一つは沖縄の小選挙区全勝である。
これは11月の知事選挙につづいて新基地建設勢力には痛打となった。

10858578_737027136373738_1574789952534274870_n.jpg

それにとどまらない。
自民党を打倒する新しい統一戦線の萌芽が成功したのだ。

沖縄の経験については更に深くくみ取る必要はあるが、政策課題の一致がその土台となって共同が造られた。
それに比して、政策合意なしの民主、維新の「選挙協力」は散々な結果となった。
ここからくみ取る教訓は大きい。
小選挙区での勝利の方向性を示したのだ。
これは日本共産党の躍進に匹敵するか、それを凌ぐ歴史的意義を持っている。
こんどの結果を「敗北」と評価している、鎌田慧氏の見えない歴史的動きがある。

こういうわけで、安倍首相にとって「わが世の春」を謳歌すべき結果をめざしたのだが、結果としてはむしろ「嵐の到来」を招いてしまったというのが現実。
だが、安倍首相にはいまのところそれが見えていない。
これも我々にとって天佑である。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

NoTitle 

>安倍首相にとってやる必要のなかった総選挙

初っ端から違うでしょ。
安倍首相だけにとってやる必要があった総選挙。
安倍首相以外のほとんどの人にとって、やる必要のなかった総選挙です。

>ここからくみ取る教訓は大きい。

共産党に関して言えば、沖縄の反中央委員会意識ということでしょうか。
今回の共闘は過去の沖縄地方選挙を通じて醸成されたものですからね。
別に「反」でなくても構わないのですが、少なくとも中央委員会や共産党の常識(世間の非常識)に「物申す」姿勢が無ければいけません。
ラジカルに行動する共産党に変わることが、権力にとって一番厄介。
逆に少しの差異をほじくり返し、共闘を妨害するようなこれまでの姿勢は、権力の求めるところです。
公安だって共産党が死なない程度に存続してくれれば、予算と権益確保に役立ってくれるのですから、現状の体質から脱皮しないことが最も都合の良い状態です。
私は「党破壊者」らしいですが、いまだに間違った主張をやったとは思っていません。
共同できる未来を提示することと、相手の嫌がることをするのは、勝負事の定石でしょう。

>日本共産党の議席は、民主党の議席の3倍から4倍の破壊力をもつ。

くだらない事を書く前に、民主党の乗っ取りを考えてはどうですか?
民主党候補の個々の憲法観によっては、積極的に支援するとか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2014.12/19 11:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

>逆に少しの差異をほじくり返し、共闘を妨害するようなこれまでの姿勢は、権力の求めるところです。

「純度」や「正当性」や「正義」を振り回し(遠心分離機にかけ?)てきた結果が現状の共産党かも知れません。
291(326)vs21ではね。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2014.12/19 14:16分 
  • [Edit]

共産党躍進おめでとう… 

と、素直に言いたいところでもあるが(実際私も「消去法
」で選挙区・比例も共産党にしました)が
>日本共産党の議席は、民主党の議席の3倍から4倍の破壊力をもつ。
というのは、今の所「疑問」ですね(民主党よりウンとマシなのは分かりますが)今後どのような国会質問や議論、そしてそれを大衆運動にどう反映させ、「選挙以外」の民主主義のリングでどう勝っていくか…ということを真剣に考えないと、次の選挙でもとの黙阿弥になってしまいますよ。
後、沖縄での「オール沖縄」体制は、どちらかといえば日本からの「植民地解放闘争」という形をとりつつあると私は考えておりますので、単に「沖縄をまねよう」としても失敗すると思います。沖縄をおさえつける「帝国主義本国」で、どのように左派、まともなリベラルを結集させ、安倍政権を打倒するかが、共産党にも問われている…そして議会にそれなりの勢力を持った以上、それなりの責任が出てくると思います。
道は、険しいですよ(^^)

  • posted by あるみさん 
  • URL 
  • 2014.12/19 22:02分 
  • [Edit]

NoTitle 

「植民地」は本土でも同じで、沖縄とは程度の差。
そして日本国内に限定してみれば、弱い者(米帝植民地の大和)がより弱い者(琉球)を叩くという構図。
弱い者がより弱い者を叩くのではなく、北海道から沖縄まで、本当の意味で主権の回復を掲げることが必要かと。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2014.12/19 23:39分 
  • [Edit]

エイラ 

>私は「党破壊者」らしいですが、いまだに間違った主張をやったとは思っていません。

だよね
だからどんなに主張がおかしいと批判されても論破済みの論法を壊れたレコードにように繰り返す訳だ。
キンピーさんは共産党を批判する前に自分の独善的態
度を反省するべきでしょうにねえ。

>公安だって共産党が死なない程度に存続してくれれば、予算と権益確保に役立ってくれるのですから、現状の体質から脱皮しないことが最も都合の良い状態です。

公安の人権侵害体質を批判せずに無理やり共産党叩きにもっていくのはさすがキンピーさんですね!

>民主党候補の個々の憲法観によっては、積極的に支援するとか。

それで民主党を応援したあげくに、共産党の命綱である比例選出議席を減らされるのですか?
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2014.12/26 23:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

あれ?
なんで名前に「特定日本人です」なんて入ってるんだ?
  • posted by エイラ 
  • URL 
  • 2014.12/26 23:24分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「選挙」が終わったら「占拠」に行こう!

 衆議院選挙の結果は、事前の世論調査からみられる予測通り、与党圧勝、共産躍進、投

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ