土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

乾杯


みんな元気です

*Comment

四国ブロックを代表して 

高知県党がブロック総括を聞かせてくれや。

もともと最少定数(6)で11ブロック中1番に困難だったらしい四国ブロックだけど、去年の参議院選挙で善戦した高知の構えが緩んでいたのか、徳島、香川、愛媛が高知県党組織に依存してあまり伸ばさなかったのか、ちゃんとした総括をするべきだろうよ。

なんせ、共に定数11で有権者数約610万人と同数(1議席定数あたりの有権者数では55万人で同数)の北陸・信越ブロックと中国ブロックが1議席づつを獲り、定数21で1千100万有権者の九州ブロック(1議席定数あたり有権者では52万)が2議席出せたんだからね。
定数6でも有権者数330万人の四国(1議席定数あたり有権者数は55万人弱で北陸・信越や中国ブロックとほぼ同じ)だけが落としたという事実は軽くないぜ!

しっかりした総括キボン!!!!!

ちなみに、維新や公明が強い中で4議席獲った近畿ブロックは1議席定数あたり58万人有権者、3議席獲得の東京は1議席定数あたり64万人だからね。
ぜひ四国4県の県別データーを比較紹介して説明と弁解をしてもらいたいものですわ。
「犯人探し」みたいでヤダけどさぁ・・・・・・・

どことどこの県党組織に責任の所在があるのかハッキリしてもらわんと、今後の教訓が得られないってこと。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/15 21:59分 
  • [Edit]

今日の「赤旗」をみて 

ま、候補者地元の高知県党には浜川落選の責任はどうも無さそうだね。またも京都を押さえてのトップだったし、前回比伸び率でも「手抜き」は無さそうだったからね。

それから、徳島県党も、中央方針(得票率10%以上)を一応満たしているから合格。前回比伸び率でも徳島は奮闘を認めますよ。

結局、「落第組」は、香川と愛媛らしいね。
今回得票率でも前回比伸び率でも、この両県は不合格でしょうよ。
こりゃ、香川と愛媛の県党は、組織建設の遅れだけでなく、「北陸後進県御三家」の富山、石川、福井や「九州のお荷物」組よりもマズい闘いをやったようだよね。
県委員会の「構え」が問題だったんじゃないの?
「高知に倣え」とまでは言わんけど、せめて徳島並みの伸び方が香川、愛媛でも出来ていれば、ゆり子も押し上げられたんですよ。

少しは内部批判しろよな!
今後は、県党毎の自己分析だけでなく、「比例を軸」方針の政党ならば、比例ブロック全体での選挙総括もやるべきだと思うわ。
「蚊帳の外」組み県党組織は、全体成果の陰に隠れて一緒になって「躍進」ヅラするなということ!
香川と愛媛の県委員長に、よく言っておいてクレヨン。

ま、ゆり子も、東京のサオリンみたいに中央に救済してもらって参議院比例にでも廻した方がいいかもしれないよな。
2年後も比例でも6議席や7議席は十分行くだろうから、市田が引退せずとも「地方の☆」を比例リストの上位に十分押し込めるはずですからね。
市田と大門と田村の次にはまだ未予約の空席が確実に2、3はあるだろうから、「中央エリート組」だけに比例当選圏を独占させないで、高知は先進得票率県党の実績をタテにしてそのぐらい中央に要求した方がいいぜ!
今回、女性当選者が少なかったことには支持者から早速注文も出されているから、落第組に足引っ張られている20%県党高知としてはそのぐらい中央に要求してもいいはずだよ。

善戦続きでもねぇ、若さが売りの人材は、賞味期限内に完売しろというのが政治商戦の鉄則なんですよw
ま、今回南関東で出た君枝ちゃんや、かつての島根の佳子ちゃんみたいなケースもあるけれど、出産・育児する性は、なるべく気苦労を減らしてやるというのが「元祖フェミニズムの党」の幹部が採るべき態度なんだからね。後釜県議候補にでも転用しようかなんていうテンション下がる邪道を考えるなよ、ってことですw

それからね、ゆりチャンには、自分のブログで自称トロツキストの党内異端のお相手を出来るぐらいならば、もっともっと保守の農業者や自営業者になつけと忠告しといてよ。
キラリンやサオリンは未婚の都会組だから永田町界隈でアンちゃんネーちゃんたちとワイワイやっているだけでもいいけど、ヤングミセス組の地方の☆ゆりチャンは、少しいい匂いなんかも漂わせつつ、保守層廻りをしなけりゃ高知県党のこれ以上の前進はないよってことです。その辺は、今回の沖縄1区の構えなんかもよ~~く勉強した方が良いかもよ。
地方の☆たちはねぇ、いかにしてスジを曲げずに超幅広体質を創るかってことが問われるんですよ。高知県党は、あと一歩で沖縄県党の域なんだからね。「赤旗」拡大なんかでも、成果なんて一切期待せずに、草の根保守層ど真ん中にダメ元で飛び込んで行かせるべきなんですよ。ロータリーとかライオンズ、会議所や同友会みたいな所にまでね。
宣伝戦、接触工作と割り切って動くクセをもっとつけるということ。それなくして得票率30%台40%台への道はありませんよっ!

ゆりチャン、がっかりしないでまだまだ頑張ってねっ!(と、伝えておいてやw)
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/16 21:14分 
  • [Edit]

NoTitle 

愛媛だっけ?
公安のスパイが入り込んでいるのは。
そういうのを放置しているから今回の選挙で唯一議席が取れなかったんじゃないんですかね?
高知は大丈夫?
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2014.12/16 22:11分 
  • [Edit]

「左翼は・・・ 

理論・政策、イデオロギーの一致で集うけど、草の根保守は人脈で群れる」とグラムシは喝破した。   ←ウソ!www(本当は地域保守の重鎮が自己釈明的に教えてくれたことです)

今回さぁ、沖縄の草の根保守人士たちが、「反基地のオール沖縄には保守も革新も無い!」なんて言っていたけど、あれはプライド維持願望が成せるレトリックだぜw(もっと言えば、草の根保守人士たちの「見栄」だよwww)
だってさぁ、共産党や左翼は「オール沖縄」陣営の中でも、一切政治的政策的妥協なんてしてないもんねぇw
TPP・消費税反対とか9条護憲、集団的自衛権反対、新自由主義政策反対を最近言い出しているのは沖縄の草の根保守や地方財界人の方だぜぃw
つまり、「オール沖縄」の実質は、広範な草の根保守や無党派の左傾化だということ。これこそが、赤嶺得票倍増の真の秘密ですよ。
だから、人脈(=血縁、地縁、仕事縁など)で保守陣営に群れつつも、社会矛盾の激化・深化に伴い政策的イデオロギー的価値判断では左傾化を深めている多くの草の根保守人士に対しては、とにかく、何よりも「なつく」ことが必要なんですよ。「犬」じゃなく、猫みたいにねw
特に職業的左翼や先進運動家はです。

人脈づくりで敵側陣営の陣地を掘り崩して行く努力が、政治的政策的啓蒙努力以上に必要なのが現代であり先進地域なんです。政治的イデオロギー的に一切妥協せず、政治的思想的スジをしっかり護りながらね。
これって、本物の左翼の手法、利口な革命家の手口ですよ。そしてそれが可能なのが現代であり、先進的地域ということ。

あとね、理論面ももっと勉強しないとねぇ。特に議員や幹部活動家たちは。
幹部活動家や上級議員は、党中央のイデオローグだけに依存しない個人的自主研究の習慣・作風も求められますよ、「先進国革命」では。
例えばTPPや原発への反対論。

「マルクス主義同志会」のようなカルト・サヨク諸派みたいにマルクスの自由貿易賛成論を教条化して妄信していると、理論と現実の狭間でおかしくなるんですよ。
不破も、恐慌革命論の立場から一揆的・機動戦的な社会発展観に囚われていた初期マルクスの革命論の限界をただただ自体的・空論的に講釈するんじゃなく、初期マルクスの恐慌革命論が自由貿易賛成論(「革命運動促進の観点からのみ自由貿易に賛成」という論)とも深く結びついており、マルクスのそういう歴史的制約を現代左翼のTPP反対論にそくして解明、訂正、発展させるような問題の立て方を講釈しないといけないんです。(詳細は別の機会に)

また、20世紀マルクス主義の「原子力平和利用論」に帰結した俗流科学・技術論に潜む弁証法の無理解なども、不破は研究・克服し、その成果を宣伝しなければ、一流のマルクス理論家とはいえない。戦後左翼陣営の「原子力平和利用論」を導出した、「科学技術とその資本主義的利用は峻別されるべきだ」なる言説の教条化に潜む非弁証法的な理論性格なども深く解明しなければならないということですよ。じゃないと、教条妄信を反共宣伝に悪用される。

オレ自身は、本来党中央が果たすべきそういう理論課題にも果敢に挑戦して来たつもりだけど、多くの幹部専従者や議員たちにも、もっとそういう作風をもってもらいたいなぁ。不破のマルクス講釈を崇め奉るだけじゃなくね。

ナゼ『マル・エン全集』に自由貿易賛成論が存在するにもかかわらず現代ではTPPに反対すべきなのか?
ナゼ人類は、未来社会の下でも原子力発電のような科学・技術的な「質料」と決別しなければならないのか?

マルクス存命時の歴史段階とその後の人類社会の変化・発展を、具体的現実の具体的分析と弁証法を総動員して説明し確信化することが党幹部や上級議員たちには必要なのですよ(マルクスの自由貿易賛成論とTPP反対論の関係についてのやや詳しい説明は「代替案のための弁証法的空間」ブログに投稿済み。また、20世紀マルクス主義的な科学技術論と原発反対の論理の関係については4トロ板で3.11直後の4月に展開済み)

つまり、先進や幹部には「スジを曲げないでも発揮出来る大衆性」と「現代感覚溢れる高い理論政策水準」を、両方とも目指して欲しいのです。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/16 22:54分 
  • [Edit]

なかなか興味深いコメント 

ありがとうございます。
当方はまだ情報・意見収集中で選挙結果については、まだ文章にできかねています。
ただ、この集まりでも言ったのですが、この総選挙で安倍ちゃんは何を手にしたのか?
長期政権の基盤を手に入れたように見えるけれど、解散前には存在しなかった共産党21議席を降臨させ、沖縄では小選挙区で勝利する統一戦線を成功させた。
これは大きな意味を持っています。
鎌田慧氏なんかは、この選挙を「負けた」とくくっているようですが、もっと深いところを見てほしいと思いますね。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2014.12/17 17:06分 
  • [Edit]

今日の「赤旗」一面トップのネタ元↓ 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41439

こりゃ、この調査結果を本当に信用するとすれば、党中央は「赤旗」で紹介して喜ぶどころか、今回の選挙も「敗北」したと総括すべきなのかもしれないんだよねぇwwwつまり、革命的激変の実現には失敗した。潜在的支持者棄権層の投票動員には、いまだ成功していない、と。

ま、いくらなんでも47%は信用出来ないけどね、オレの友人(「勝ち組」富裕層だけど反原発・反靖国ウヨ)にも結局土曜から1泊で遊びに行っちゃって共産にとうとう入れてくれなかったサオリン・オタの棄権組神奈川県民がいましたからねぇ、調査結果も「話し半分」ぐらいには現実性あるかもよっw

もし、訴求力やムードづくりで全党組織・全党員が沖縄県党みたいに奮い立ち成功していれば、もしかすれば本当は50議席ぐらい獲得することは可能だった政治情勢なのかもしれませんよ。
だからオレも「構え」や反ファッショ・国民生活防衛の新型統一戦線の模索の必要をそこかしこで再三強調していたんです。
ま、「暢気な父さん」の志位や山下は、あいかわらず自然発生性に拝跪した統一戦線観しかもてないようだけどねw
そのことは、立候補者が2名だけの自共対決区での共産候補の善戦という結果の多さも物語っているんですよ。全国全選挙区が、沖縄1区並みとは言わずとも、参議院選高知選挙区や今回の京都1区ぐらいの勝負を本当は出来たハズだったのかもしれないんです(つまり、比例票も1000万超え)。

小選挙区制定着の下で「大志」や「原点」を失った、悪しき現実主義の負け癖・悪慣れ・諦め主義って、ホントしょうもないんだよねぇwww
あ~~~~大反省。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/17 18:44分 
  • [Edit]

革命的戦術その1 

あのね、ちょいアタマを使って全員がヤル気を出せばね、もっともっと革命的な情勢を促進出来るんだと思いますよ。

この世は、東大出の党幹部たちも発想できないようなことが、実は実現可能なのだということが確認され、党内外の全住民が腰を抜かすような事態も起こせるのです。特に、高知や京都、沖縄のような絶対得票率が高い「先進地域」ではねwwwww(実は、この「暴挙妄動」は、小規模狭小地域実験ながら、その現実性・実現性が、既に実践により検証済みなんですよwww)

で、たとえば、まず「その1」、ビジュアル革命化戦術。
つまり共産党のポスターで、高知市のような都会地域を埋め尽くすんですよw
農村部から都心部へ買い物に出て来た辺境部県民までが、ブッ飛んで腰を抜かすような視覚的激変状況を演出することで、地域・全県の政治的雰囲気を一気に爆走的に「革命前夜」にしてしまうんです。ただし、この手は他陣営のポスターが邪魔になる選挙間近の季節より、選挙が遠い時期の方が効果も実現性も高いんですけどね。

へへへ、具体的にはどうやるか、ってぇ?

それはねぇ、「日本共産党」の5文字をうんと小さ目にした、カクサン部キャラのようなユルユル・ポスターを10万枚単位でまず制作するの。
雇用のヨーコ・キャラのような共産臭くないビジュアルと、うんと小さ目でもシッカリ「日本共産党」文字だけは入ったポスターで、貼らせてくれる1軒1軒の心理的負担を減らしながら、まず中核的支持層の住宅や店舗から同心円的に軒並み外側へ向けて張らせてくださいと頼んで行って、全戸ローリングじゅうたん爆撃的工作活動を全県党組織を挙げて「強行」するんですよ。

ゆるいビジュアルなので全く共産党臭く無いポスターでも、気がついたら2軒に1軒ぐらい軒並み共産党ポスターを貼らせている方向に都市部地域をもっていく。気がついたら、街中がカクサン部ポスター一色で染まっていて、始めの頃党員に頼まれて貼らせてた家の人たちまで、あれよあれよと街中に党のポスターが溢れてビックリするような、共産党ポスターだらけの地域に全県の都市部を変えてしまうんですよwwww
場合によっては文字政策スローガンに拘る石頭の機関専従どもや専門部を抑えつけて、文字は「日本共産党」の5文字と「日本を変えよう!」とか「変革の季節はじまる!」ぐらいの最少字数スローガンでも良いんです。抽象的キャッチでも良いんですよ、計画完成結果のトータルを考えればね。
ゴチャゴチャ書かない「絵」中心の党ポスターで、貼らせてもらう際の対象者側の心理的抵抗を最小限に抑えたポスターを作ることにより、まるで地域のお祭りか文化イベントのポスターを貼らせるかのような気軽な許諾心理を作ることが肝心なんです。でも、気がつけば、そのポスターが街中にベタベタに溢れ返っているんですからねwww

解るぅ~????
想像してごらんよぉ!
街中が、小さい文字であれ「日本共産党」とシッカリ書かれたポスターで埋まることを。埋め尽くされることを。
ユル・キャラ使用で、やや意味不明ぎみなポスターとはいえ、しっかり「日本共産党」の5文字が刻まれたポスターが、イナゴの大群が来襲したかのように人々の視覚を埋め尽くす現実空間の出現を!
ま、ポスターは、全く同一のデザインでサイズを3種類ぐらい作った方が、街中の壁面残さず効果的に使って、極限までベタベタに貼れるから効果絶大なんだけどね。つまり、多重掲示で行く。選挙じゃないんだから、1軒に3枚貼っても5枚貼っても選管は文句言えないしね。

どうよ!
想像してごらんよ!
どこを見ても、共産党のポスターが視界にあふれるサマを!
ま、全世帯家屋、全店舗、全建築物の50%を超えられれば、もう、共産党ポスターをはがしてやろうと考える反共分子も萎えるぐら壮絶な、共産党一色の市街地光景になるぜっ!
ポスター1枚1枚には「日本共産党」は限りなく目立たずとも、1度そのポスターが共産党のものだと認識した人間なら、まるで市街地に革命的天変地異が起きたように映ると思うよwww
オレの知っている実例では、3軒に1軒ぐらいでも、もう、その地域中が、「革命前夜」的雰囲気になっていたよwww(ただし、その実例は、地域支部が使えるポスターの枚数制限で、四方500メートル以下ぐらいの地域規模でしかない、狭い地域のものだったのが残念だったけどね)

これを、高知市全域、高知1区全域で、1度やってみろよっ!ということwww
もし実現出来れば、共産党政権誕生が視覚的にタイムスリップして来て、ものゴッツイ政治的効果を産むハズだぜぃwwwww
味方への激烈な鼓舞だけじゃなく、反共ウヨたちへの失禁的恐怖の贈呈も出来るということwwwwwwwwww

こういうのを、真の「視覚的革命状況」というんですよ!
つまり、共産党の小選挙区での勝利どころか、政権奪取の瞬間へのタイムトンネルを、先取り的に現出させてみるんです。
面白いでぇ~~~~~wwwwwwwwwwwwww

なお、現代ではグーグルによる市街映像なども見れるので、ポスター依頼困難個所の工作方法の事前の集団的検討など、作戦は綿密性を要する部分も出るだろうけどね。そして、作戦完遂期間が長くなりそうな場合、作戦初期のポスターが退色、色焼けしてしまう場合もあるので貼り替え要の余分在庫ポスターも用意しておくことが必要ですよ!

また、ポスター拒否の工作対象には、全組織的な工作ルートの再検討(コネをみつけての再交渉)を行うために、全戸記載地図に工作困難・拒否対象を落として記録しておくことも必要です。「革命」の成就のためには、どこから再工作したらポスターを貼ってもらえるか、全組織で再検討するぐらいの「本気」の取り組みも必要だということです。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/18 21:48分 
  • [Edit]

ナゼこんな↑ことを書くのかというと 

小選挙区制が続く下で培われてしまった負け犬根性をそろそろ一掃すべき季節が到来しているからなんですね。
政治変革の自然発生性は、実は、我々左翼が感じている以上に広がり強まっているかもしれないのです。
それを検証・実感するためにも、かつてある青年党員が強行した70年代型暴挙妄動を「先進地域」でぜひ試して欲しいのです(ただし、直近の東京都党報によると、得票率20%超地域は、今回の総選挙で東京都内にも幾つか現れ始めているようですから、こちらでも問題提起し再実験してみようと思いますが)。

つまり、政治的陣地を、視覚的にも劇的に拡大・確認し、「やる気になれば出来る!」ことを党内外に広く示すことが必要な歴史的段階が日本社会にもやって来ているんですよ。目的意識性の極端な追求が本当に必要な時代に突入しているということです。
漸進だけでなく、現在が一揆的・跳躍的局面にもなっているということを、党内外へ劇的・鮮明に顕示し、自己確認もすることが必要な時代になっているのです。
そして、「チャンスの女神には後ろ髪が無い」可能性もあるのだし。

もちろん、上記のような作戦の成功は、ささやかにみても「ポスター陣地」拡大に画期的節目を作ることになります。一度30%、40%という陣地を作ってみせれば、党中央型の標準ポスターの恒常的陣地確保でも大きな前進を果たすでしょうから、選挙対策のような狭い目的課題に限定して考えても、作戦の成功は大きな意義や価値をもつでしょう。
上記作戦に成功すれば、たぶん、地域で(例えば高知1区都市部で)、もう、ポスター陣地で他党に負けるような状況は無くなることになる。各種選挙が迫っても、「ポスターだけなら第1党」と、いつでも胸を張れるような陣地をもつことになるでしょう。

なによりも、日本社会は次の、より高い段階に入って来ていること、「小選挙区制負け犬根性」をいつまでも引きずってはいられないこと、そういう時代・情勢認識をまず党内に、また、「共産党が立候補を遠慮してくれれば・・・・」みたいな党外の一部にある敗北主義を一掃するために、こういう「暴挙妄動一揆主義」活動の先鞭が必要なのです。

次回国政選挙では、「反ファッショ・国民生活防衛統一戦線」の追求と共に、自力での小選挙区突破も先進地域の政治課題になるはずですから、その準備・伏線としての練習活動が必要なんです!

なお、今日の日本の政治情勢下で沖縄の成功が提起したものは、かつての「革新統一戦線」の枠を超え出る、「国民統一戦線」の可能性なのですから、視覚的陣地だけでなく、人脈やマス・メディア工作においても、その自覚と課題追求姿勢=「構え」が必要であることは論をまちません。
そう、草の根保守層接触と、各種メディア対策が、より高く広い次元で求められるのです。生(なま)の接触工作と、視覚的・聴覚的陣地戦のことです。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.12/22 20:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ