土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

一本化問題で吠える文字起し

コピー ~ ダウンロード (3)
前のエントリーで紹介した宇都宮けんじさんの「一本化問題で吠える」。文字起しをしてくれた方がい

るので、一部訂正して読みやすく改行などもいれて転載する。

クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ




このかん選対に関しては、細川さんが脱原発を掲げた、一本化をしてはどうかと、それだけではなくて宇都宮さんは降りるべきではないかとね、この際ですねこのような働きかけが相当なされておりました。
私に対してはこれまでは直接はなかったんですけれども。直接ですね。降りて下さいといわれた方も出てきてます。
それで具体的にですね。

その方が話されたわたしに降りてもらいたいというのはですね。ひとつは宇都宮さんを傷つけたくない。宇都宮さんの今の状況だとあまりにも知名度が低い。せいぜいとれても50万票くらいではないかと。
それで細川さんというのはあらゆる選挙のプロがついてですね。壮大な選対本部が立ち上がりつつある。そういうところとくらべると宇都宮選対は弱体であるとですね。
そういう闘いをすると宇都宮さんが傷つくんじゃないかというのが私を説得する第一の理由なんですね。
それに対して私は傷つくことは慣れています。これまでサラ金、ヤミ金、クレジット、暴力団と戦ってさんざん誹謗中傷されて。

それからこういうこともいわれました。脱原発を実現するのはこれが最後のチャンスなんだということをいわれる方がおおいということなんですね。
それでこれが最後のチャンスだというような運動てどういうことなんですかと!
私は30年掛かってクレサラ運動やって。30年間でやっとグレーゾーン金利を撤廃しました。脱原発というのは強大な権力に対する戦いなんですね。サラ金どころではないわけです。その闘いをたった一回これで負けてたらあんた諦めるんですかと。そんな薄っぺらな運動で脱原発を実現できると思っているんですかと。こういうことを問うたわけです。むしろ脱原発の運動ていうのはかなり長期戦を強いられる。そしてその運動をどれだけ広げることができるかということが問われているんじゃないかと(拍手)。

ドイツは脱原発を実現しましたけど物凄く長い歴史があります。緑の党だって党が創設されてから議席が獲得できてからも何十年もかかっているわけです。そういう長い戦いの中でじわじわと国民の信頼を勝ち取って運動の輪を広げていく。こういう運動のやり方しか勝つ方法がないんですね。
その知名度がある候補に賭けてその人が守れなかったらどうするんですか?
ついこの間、橋下さんに賭けたんじゃないですか。橋下徹にですね脱原発を。だけど彼は最後まで完結できましたか?大飯再稼働(原発)賛成したじゃないですか。
こんな連中にね。我々の期待を賭けるなんていうのは全くの邪道です!(拍手)
我々は地に足をつけてどう運動を届けるかこそが重要なんですね。あと何十年も掛かってもやりぬくというような強い意志。そしてそれに賛同する運動の輪をですね。一回りも二回りも広げる。これしか勝つ方法はないんです。このこともお話しました。

それから私一番残念だったのはそういう話を持って来られてから一度も細川さんと会っていないということなんですね。勝てるかどうかだけでやってる。私はそれはそういう状況下で話をもってくるのは失礼じゃないかと。
私は穏やかにいつも話していますけど腹の中は煮えくり返ってその話を聞いています。宇都宮さんはいつもニコニコしてるから嫌わないんじゃないかと。私もそんなことをその場でいっても仕方ないですから。

それでそういうことですけど。会ってないというのはどういうことですかね。
私がもし細川さんを担ぐとしたら細川さんと談判しますよね。居酒屋で一杯飲んであんた本当にやる気があるのかと。本気なのかと。命がけでやる気があるのかと。こういうことを確かめないとですね。知事も何もへったくれもないでしょう。
そして自分自身は細川の選対に入って命がけで支える!だから宇都宮くん降りてくれっていうならまだしも。細川と一回も会ってない!細川の人品骨格を確認してないわけですね。どんな人物なのかということを。
で、そういう状況の中で一本化、その一本化の中身ってほとんど私に降りろということなんですね。これはですね。まず考えられないということですね。

それで私達は早い段階で公開討論しようじゃないかと。討論会を呼びかけてるんですね。で、これに対してうんともすんとも言ってこない。
しかも1月の14日にはですね。東京青年会議所が公開討論会を呼びかけてるわけです。その討論会の呼びかけを発した名宛人は、私と細川さんと舛添さん…何故かそこには東国原さんが入ってるんですけど(笑)。あと田母神さんなんですね。
この五人の中で出席通知を出したのは私だけだと。つまり14日までに誰もうんともすんともいわないから。結局は中止になった。
それで東京青年会議所の幹部が選対本部に来て申し訳なかったと謝りに来たんですね。で、彼らはなぜ14日にやったのかと。彼らは非常に善意でやっていたんですね。
それはこの東京都知事選を人気投票にしてはダメなんだ。政策論争をやって都民に選択の情報を提供したいと。そういう思いだったから14日に設定したんです。後出しジャンケンとか人気投票だと自分達もダメだと。
東京青年会議所というのは中小の会社の青年経営者の集まりですね。まさに私は正しい考え方だと思います。政策論争をやるべきだということで。そういうことを呼びかけているんですけど。それから先ほど海渡さんがいったように。代表が仲介の労をとるというから前からこういうことをいっていますよということだったんですけど。

実は大島の方にもたくさんメディアがついてきまして取材をしていただきましたけれども。私がいった意味はメディアの人にこういう被害実態を知ってもらうという意味では非常によかったと思っています。もっともっと大島の被害の実態を多くの都民が受け止めるべきだと思います。

ただ、やはりメディアの方もですね。葛西臨海公園の時もやはり一本化の話なんですね。
それについては常に細川さんの他の政策は何なんですかと。シングルイシューで私はいいとは思わないと。都政っていうのは原発は非常に重要な課題であるけど、暮らし、福祉、雇用、教育、そして安倍政権の暴走を止める。憲法改悪を阻止するのかどうか。特定秘密保護法に反対するかどうか。こういうことが非常に重要な課題ではないかと。
それに対してまるで明らかにしないなかで一本化もへったくれもありませんということを答えていたら今日マスコミの方が。宇都宮さん、細川さんは17日に記者会見をして政策を発表する予定というのが20日、あるマスコミの方は20日以降に伸びたというんで。
20日っていったら23日が告示ですよと。そんな告示の前に何も発表しないで。原発は脱原発を目指します。脱原発の中身も不透明ですよね。
こういうことをやる人っていうのは政治家としてどうなのかと。そういう政治家の資質を問われるような対応を今されているんじゃないかと。堂々とやっぱり候補者であれば政策を掲げてですね。政策論争をやるべきですよね。こういうことを言いに来た人に伝えました。

それから私が最大にそういう事に乗れないのは決意表明した後にですね。
1月4日(?)寄稿集会にですね。雨の中800人を超える人が集まってですね。入れない人もいました。そういう所の中で選対が動き出した。
事務局を構成するのはまだ20代、30代の若い人達です。そういう人達が宇都宮選挙を戦おうということでですね。彼らは宇都宮選挙を戦う以外に戦う意志はないとですね明らかなんですね。
そういう人達を置いてきぼりにして私がですね。勝手におりるようなですね。ことはありえない!要するに私はそういう人達に対する信義がかかってるんだと。私としての人間がかかってるんだと。人間の信頼がですね。という事を考えたらですね。
単に細川とは会ってない。一緒に話してない。どの程度の人間か話してなくてですね。私に降りろとかいうのはですね。ふてぇ考え方だとですね!いうことで(笑い、拍手)。いうようなお話をさせて頂きました。

それで先ほど言いましたように私としましてはですね。降りろとか宇都宮さんが傷つくとか本当に考えてたら私を支持するはずなんですけどね。本音じゃないと思うんだけど。
そういう事を言われれば言われるほどですね。実はその話があって益々闘志が湧いてきました。これは絶対勝たなければいけない。それで勝てる展望がると思っております!
猪瀬候補との関係性ではかなり離されていましたけど。なんか聞く所によると最初の段階の調査は7対1の差だったそうなんです。ところが大差の差ではありますけど4対1に迫ったそうなんです。
今の舛添との差はそんなに開いてないということです。
だから問題はこれからの選挙戦の戦い方如何です。その一番重要なことは今日、参加して頂いているみなさんが心をひとつにするということなんです!心をひとつにする。そして力をひとつにする。そういうことが結束できれば私はこれは勝てる選挙だというふうに考えています。

だんだん二回目で政策についても飲み込みが早くなってきましたし(笑い、拍手)。
今回の名護市長選、東京都知事選で勝ち残ってくるのはですね。安倍政権に対しての大きなダメージになる。
これは日本の戦いにつながっていくし。何回も言いますけどこれは東京都民だけじゃなく名護市民だけの戦いじゃないです。全国民が注視してます。そういう全国民の思いをやっぱり我々は受け止めなきゃいけない。
そういうふうに思えば思うほど。非常にこの戦いの重要性がひしひしと伝わりますので、いろんな噂あるいはですねこれからは振り回されないで、我々が確固とした意志を持って前進すると。そういうことをやっていけたらと思います。
どうかよろしくお願いします!(拍手)



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

下司はとっても田舎者 

都民はみんな超右翼、石原慎太郎は男でござる。信頼度が違うの。その票はお前ら嘘つき家畜左翼が大嫌い、みんな田母神に流れる。その恐怖感をもろに感じる東京のバカマスコミ、これが絶対報道しない理由さ。田舎で妄想してろ、で、選挙結果出たら朝鮮へ帰れ。
  • posted by 黙れ 
  • URL 
  • 2014.01/19 17:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ