土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

昭和天皇の思いと靖国参拝


写真は倍首相は超外交オンチとの批判も政府部内からもあがっているから世界の笑いも

のである。

クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

それにくらべると昭和天皇の戦後の外交センスは抜群だった。
自身も怒A級戦犯でありながら、戦没者に対する思いと旧交戦国に対する配慮は強いものがあった。

昭和天皇は、靖国神社にA級戦犯が合祀されてからは一度も靖国神社を参拝していない。
その昭和天皇の思いをメモしたのが「富田メモ」である。
「富田メモ」とは、元宮内庁長官・富田朝彦がつけていたとされるメモ(手帳14冊・日記帳13冊・計27冊)。
日本経済新聞が2007年に報道した。

そのうち靖国神社について語ったのは、1988年4月28日。
自身の誕生日の時である。
----(引用開始)-----
63.4.28
〔4〕
  前にあったね どうしたのだろう
  中曽根の靖国参拝もあったか
  藤尾(文相)の発言.
  =奧野は藤尾と違うと思うが
  バランス感覚のことと思う
  単純な復古ではないとも.

  私は 或る時に.A級が
  合祀され その上松岡.白取
  までもが、
  筑波は慎重に対処して
  くれたと聞いたが 
  松平の子の今の宮司がどう考
  えたのか 易々と
  松平は平和に強い考が
  あったと思うのに 親の心子知
  らずと思っている
  だから 私あれ以来参拝
  していない.それが私の心だ
----(引用終了)-----

昭和天皇の怒りがひしひしと伝わってくるメモである。

このメモは、1969年から昭和天皇と皇后の侍従をつとめた「卜部亮吾侍従日記」でも真実が裏付けられている。
卜部日記には次のような関連記述がある。
1988年4月28日「お召しがあったので吹上へ 長官拝謁のあと出たら靖国の戦犯合祀と中国の批判・奥野発言のこと」
2001年7月31日「靖国神社の御参拝をお取り止めになった経緯 直接的にはA級戦犯合祀が御意に召さず」
2001年8月15日「靖国合祀以来天皇陛下参拝取止めの記事 合祀を受け入れた松平永芳(宮司)は大馬鹿」

「富田メモ」にある松平は、幕末に龍馬とも交流のあった松平春嶽の子息の松平慶民氏とその子、松平永芳氏。
慶民氏は宮内庁でも異色で、華族であろうが、皇族であろうがずけずけモノを言い、吉井勇も関連した不良華族事件でも辣腕をふるった。
戦後はGHQとの間でも窓口となり、「独白録」にもかかわっている。

その子永芳氏は、元軍人。靖国神社宮司になるや前任者(任期途中で急逝)の筑波氏が差し止めていたA級戦犯合祀を強行する。

昭和天皇にしてみれば、自分の判断によって死地に追いやった戦没者やアジアの人たちに対するうしろめたさ・負い目は生涯もっていたと思う。
それを靖国神社参拝でいささかでも鎮魂の気持ちをはたしていたのではなかろうか。
その思いを断ち切られたA級戦犯合祀。

松平は大馬鹿――昭和天皇の怒りはそのことに向けられている。
そしてそれは旧交戦国の思いを踏みつけにして、嬉々として靖国参拝を続ける安倍首相を始めとした政治家たちにも向けられていると思う(靖国神社の写真はJBL4344とプラスαさんから拝借)。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

天皇制や皇室を美化するわけではないが 

昨近の天皇夫妻の発言をみていると、現天皇の歴史認識や憲法観は、かなり陶冶されてきていると思いますね。すでに、平均的日本人の水準を超えたところにまで到達している。

当初は昭和天皇の自己保身目的や天皇制存続願望の反映でしかなかった憲法観(現憲法擁護)、靖国対応(参拝拒絶)が、現天皇夫妻においては自己の目先の利害を超えたものにまで成熟して来ている。天皇一族にとっての規範性や理念にまで確立されている。

万物は流転し、事物は変化・発展する、ということでしょうか。

親米右派も復古主義右派も、日本のお花畑右翼どもは、アメリカの体制意思からも天皇夫妻の思想からも既に離反し、時代遅れの浮き上がった存在でしかなくなっている、ということです。安倍たちは、そのことにまだ、気づいてさえいない。
彼らには、やがて「第二の敗戦(ショック)」がやってくるのでしょう。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.01/06 15:04分 
  • [Edit]

異議なし 

その通りだと思います。
わたしは桜井女史なんぞは2.26事件の青年将校だと思っています。
彼女が武力をもたない存在は、天皇家のためにも日本国民にとっても幸いなことです。
独善的な人間はコワイ。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2014.01/07 01:07分 
  • [Edit]

NoTitle 

 >昭和天皇の自己保身目的や天皇制存続願望の反映でしかなかった憲法観

 誰にも相手にされない誇大妄想を死ぬまで背負っていくのでしょうね。
  • posted by 日本語能力のない人たちへ 
  • URL 
  • 2014.01/20 03:47分 
  • [Edit]

追伸 

 そう言えば昭和60年代に中国が文句をつける前に閣僚の靖国参拝に異議を唱えた左巻きはどれだけいるのでしょうね?
 富田メモなんて便所の落書きを未だに重宝がっているってお里が知れますね。
  • posted by 日本語能力のない人たちへ 
  • URL 
  • 2014.01/20 03:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ