土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

2014年年頭の抱負


2014年は激動の年になると思う。平成26年、皇紀2674年、干支は甲午。その年に何があったか調べてみた。先の

甲午の年は1954年、これは年賀状に書いたからくり返さない。その前が1894年。

クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

この年は、朝鮮での東学党の反乱を引き金にして支配権を主張しあう清と日本の戦争、日清戦争が起きた。
日本が本格的な覇権国家としてアジアに旗を揚げた年である。

さて2014年だが4月には消費税増税が予定されている。

消費税導入が1989年4月。
この年には「地殻変動」と言われるような激動が地方選挙で起きた。
地方選挙で日本共産党が単独で公認・推薦する候補が、2月の徳島市長選挙で39.7%、3月の千葉県知事選挙で44.7%、4月の名古屋市長選挙で43.8%を獲得したのである。
国政では「共産党を除く」体制がのもとで、第二次臨時行政調査会と中曽根内閣によって戦後体制の解体が次々とすすめられてきた。
国鉄、電電、専売公社の解体、リゾート法など。
そして極めつけが消費税導入だった。

それに対する怒りが、オール与党に対決する政治勢力躍進へと向かったのである。
もっとも日本共産党への支持機運は、6月に起きた「天安門事件」によって潮をひき、参議院選挙では日本社会党への大躍進という結果につながったのだが…。

その消費税が3%から5%に引き上げられたのは1997年4月。
それを決めたのは自社さ連立政権の村山富市内閣、実施したのは橋本龍太郎内閣。
その前の細川・羽田連立政権に対する批判と合わせて、国民の怒りは日本共産党躍進へと向かった。
前年の1996年10月の初めて小選挙区制比例代表を導入した総選挙で、日本共産党は二つの小選挙区での当選をふくめて比例727万、24議席(+11議席)を獲得し、7月の東京都議選では第二党に躍進。
翌年の1998年7月参議院選挙では、比例820万で8議席、選挙区7議席の15議席を獲得し、公明党をぬいて第三党に躍進した。

消費税ですらこれである。
ことしはそれに加えて憲法違反の特定秘密保護法の施行をめぐる攻防、原発再稼働をめぐる攻防、そして年末の靖国神社参拝をめぐる騒動と、安倍内閣の暴走に対する「列島騒然」たる状況が作り出されるトリガーはいっぱいちりばめられている。

2014年を「戦前の日本を取り戻す」安倍内閣を打倒し、憲法にもとづく国づくりの国民大運動を前進させる年とするために全力をつくしたいと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

しかし最近では、、 

候補者個人の水準も問われるようになって来ているようですね。政治的・理論的にも思想的・人格的にも。

無党派票依存度が上がっているからでしょうか。
20世紀左翼的一枚岩主義や上意下達運営が崩れ始めて来ているからでしょうか(最近では「しんぶん赤旗」紙上でさえ「派閥も認める党運営」と形容されるドイツ左翼の紹介本宣伝が行われるようになっている!!!www)。
この辺は、かつての80年代とはかなり違います。

先日の東久留米市長選・市議補選(同日選挙)でも、またまた共産公認市議候補得票(11,000票)が党推薦の無所属市長候補得票(8,000票)を上回りましたね。
またしても逆立ち事実の発生です(近年、各地で時折発生している珍現象です)。

ここには、議会主義を採用する共産党を含む日本左翼の選挙対応が、無党派有権者層から婉曲に批判・拒絶されている屈折した事態が露出しているということではないでしょうか?
そう、首長選挙などでは特に(もちろん党派選挙も例外ではない)、統一戦線論の問題にとどまらない運動論的な課題が生まれているのでしょう。党推薦無所属候補の得票が党公認候補の得票を下回るという新(珍?)事態は、統一戦線論の課題をはみ出ているのです。候補者選定方法の刷新や候補者基準の見直しも求められている。

この問題でも「現実は緑色だが(既存の)理論は灰色」(レーニン)だということではないでしょうかね???
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.01/06 15:41分 
  • [Edit]

うん 

「前衛」古典教室の3人の鼎談と党大会議案を読んで、実践で埋めなければならない統一戦線と多数者革命論の仮説を思いますね。
わたしは実践で大いにやって検証したいと思っています。

もちろん理論も大切ですし、不破さんは尊敬しています。
草の根でのいろいろなムーブメントをやってみて、理論に反映したいと思っています。

あっ、バッジさんは不破さんを嫌いだったんですよね(ゴメン)。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2014.01/07 02:12分 
  • [Edit]

誤った二極対立への拘泥 

話し流れますが、例の「赤旗」の新刊本(「ドイツ左翼」)広告も、党中央の教条的立場と対極化しただけの、謬説の提灯持ちでしかないんですね。つまり、民主集中制墨守か派閥(=分派)容認かという偽りの対立に埋没して派閥を擁護しているだけの立場の露出なんです。
でも私は、どちらでもありませんよ。
だから派閥や党内分派に道を開くような実名投稿も避けている。匿名言論は、けっして卑怯なものではなく、積極的な党派性証明でもあるのです。

分派(=左翼政党における派閥)とは、レーニンが定義したように党内特定集団が共通政綱をもつことだけではないのですね。それだけではなく、分派は現実の人格的組織の創出なのです。だから、ネット上での匿名言論などはいくら方針批判や反中央の立場表明であっても、共通政綱策定活動でも組織化活動でもありません。オレは将来の離党の可能性は否定しませんが、党内分派の結成意思はないのです。自論の中身だけで勝負しているつもりです。
結局、これは例の事後批判権、それも、ネット時代に今日的な匿名の事後批判を21世紀の左翼運動でどう位置づけるか、といういまだ未解明のネット時代が顕在化させた議論課題なんでしょうね。匿名事後批判権をどう考えるかについては多くの党員や左翼人士に良く考え、態度表明してもらいたいですね。

あと、オレは、不破は「嫌い」なのではないですよ。
党の(かつての)最高幹部としての理論水準を軽蔑しているんです。
彼は博識であっても単なる物識りに過ぎないと思います。
「労働」を実践的にも理論的にも喪失している彼の思想的立場は、世界観の分裂に帰結していますからね。
そう、彼の「科学的社会主義」は、主観的意思主義と悪しき客観主義に分裂しその間で振動している。実証主義と関係主義の間でイタチごっこを繰り返していると見ているのです。
ま、不破もまた、ルカーチやブハーリン以来の20世紀型マルクス主義の制約を克服出来ていない、ということでしょうか。マルクスのヘーゲル摂取・批判と真面目に格闘していないからでしょう。彼は弁証法を学び直すべきです。

へへへへ、今年も辛口は健在ですよw
よろしくね!
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2014.01/07 09:57分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ