FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

ミサイル防衛と「ラッセル」

ラッセルのことで見落としてならないのは、この船はミサイル防衛構想とも密接に関係しているということだ。

迎撃実験をこの船は成功させている。
レーダー射程内に入ってきた標的を識別し、僚艦に知らせ、その船が迎撃ミサイルを発射して打ち落としたというのだ。



しかし、このミサイル迎撃ってどうなんだろ?
「高知新聞」でもあったが、飛んでくる弾丸を弾丸で撃ち落すというとーっても難しい技術なのだ。で、大気圏外で撃ち落せなかったものは、パトリオットミサイルで撃ち落すという。
しかし、どうなんだろう?完全に相手側のミサイルを完全に撃ち落せるのだろうか?
もちろん、科学技術は日進月歩だから、100%できないとはいえない。

しかし、これを完成させるにはいったいどれだけのお金がかかるのか?
途方もない金がかかることになると予測されていて、アメリカのおとなりカナダはこの構想に参加しないという(日本は参加)。

もう一つの問題は、仮に、仮に日米が100%のミサイル防衛システムを完成させたとする。アメリカは、それを武器に砲艦外交をつづけるだろう。だって、自国は完全に安全なのだから、少々な無理を押し付けることはできる。
とすると、相手側はどうなのか。それが中国になるのか、ロシアになるのか、北朝鮮になるのかは知らないが、そちらもミサイル防衛に手を出すだろうし、それを無効にする攻撃システムの開発に手を出すかもしれない(いやだすだろう)。
そうなければ、再びはてしない軍拡競争に足を踏み出すことになる。

結局はイタチゴッコなのだ。その間、莫大な資源と労力とが消費される。本来、人類が全力をあげて取り組まなければならない課題には、それらはまわらない…。

北朝鮮がミサイル発射実験の準備にはいったという兆候があるという。
それを口実にしてミサイル防衛構想や、軍事的対応を容認する世論が力をえている。
だが、それは軍事的対応では、解決できないということを知るべきだ。
ミサイルを配備させない、発射させない環境をつくることにこそ力をつくすべきであって、発射されたらという仮定の話を現時的であるかのようにして追い求めるのはいかがなものかと思う。

駆逐艦「ラッセル」の見物客が多いらしい。
アイスキャンデーでも売れば儲かるのに、といっていた人がいた(もちろん見物客相手)。
乗組員たちは、チャーターしたシャトルバスで出かけているという。


カナダ国民はどうするのか?

もしも日本がミサイル防衛計画を中止したら?


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

もともとはイージスシステムはミサイルはミサイルでも対艦ミサイルから艦隊を守る構想だったのですがソ連の崩壊で別の任務。弾道ミサイルを迎撃する目的に変わってしまいました。

私は北朝鮮や中国の脅威がある現実から目をそむけるべきではないと考えます。イタチごっこと仰いますが自由が脅かされたりする可能性があるのだから軍事力は必要だと思います。
  • posted by アラメイン伯 
  • URL 
  • 2006.05/25 22:41分 
  • [Edit]

どうも、こんにちは! 

お久しぶりです。
オレのブログを紹介してくれまして、どうもありがとうございます。
ミサイル防衛についての土佐高知さんのご指摘は正しいですが、それだけではありません。
宇宙から地球を支配するというアメリカの新帝国主義の野望のジャンプ台になろうとしています。
まずは、藤岡惇さんが書いた以下の資料に目を通してもらえますか?

米国の宇宙と核の覇権と軍産複合体
http://ritsumeikeizai.koj.jp/all/all_frame.html?stage=2&file=54503.pdf

それで、もし日本がミサイル防衛計画に参加していることに反対する気持ちが強まれば、NoMDチームに参加することを考えてみて欲しいと思います。
NoMDチームはブロガーが集まって、協力&連携し合いながら世論に影響を与えることを目的に活動しています。
現在、オレを含めて7人の正式なチームメイトがいて、誰でも気軽に参加できることを重視しています。
どうぞ、ご一考、よろしくお願いします。
  • posted by コウタ 
  • URL 
  • 2006.05/26 09:56分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米軍の一部としての自衛隊!!

【五十嵐仁さんのWeb、転成仁語、5月17日(水)、「Winny」による内部データ流出で明らかになった事実】から:http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm----------------------------------------------この『朝日新聞』の記事とは異なって、斉藤さんの論攷は

中国の武器輸出についてのアムネスティ報告書

少し日がたっており,すでに多くのブロガーが取り上げているが,どうしてもここにもクリップしておきたい.6月11日に発表され,翌日に共同通信が報じた,中国の武器輸出に関するアムネスティ・インターナショナル報告書の件である.国際事務局?:?中国:紛争と弾圧を煽る秘密

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ