FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

汚染水の流出を阻止せよ!!


クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

なんか安倍内閣がわけのわからんことをやり始めようとしている。
福島第一原発で高レベルに汚染された地下水の海への流出を防ぐために「経産省は凍土遮水壁について、14年度の予算請求を検討している」というのだ。

いま福島第一原発では、汚染地下水は推定で1日300トンあまりが海に流出され、東電は汲み上げによる軽減策を図っているものの、抜本策はつきている。

そこでこのプランが出されているのだが、次のような疑問がある。
①効果があるのか?
②土を凍らせて置くためにどれだけの費用とエネルギーがかかるのか?
③工事が完成するまで汚染水はどうなるのか?

①については「1860年代に炭鉱で使われ始めた伝統工法」であり、「核兵器用のプルトニウムを製造していた米テネシー州のオークリッジ国立研究所で使用された実績がある」という。
だが、地下20~30メートル、全長1.4キロメートルというのは世界最大。これまでの経験もないことだ。

②については少なくとも5年間は土を凍らせるというわけだから、どれだけのエネルギーと費用が必要か。これについて《チャルノブイリや福島の原発事故を調査しているエネルギー・防衛問題コンサルタント、リチャード・マクファーソン氏は「凍土は請負業者にとって金のなる木だ。地下を凍らせておくだけのエネルギーは無駄になる」と指摘した。》
なんだ。またカネの話か。

③については不明。垂れ流し状態が続くのだろう。

素人考えだが、この地下水問題はそもそも山側から流れてくる地下水が、格納容器を突き抜け、建屋の土台コンクリートも突き抜けた溶融した燃料棒によって汚染され、それが海側に流れてきていることが問題なのではあるまいか。
そうだとすればいくら川下にダムを造っても意味はない。
汚染水は溜まり続けるだけだから、いずれは決壊する。

それを解決するためには川下のダムも必要だが、川上にダムを造るなりして、地下水の流れを燃料棒に当たらないようにすることが肝心なことではないか。

それにしても福島原発事故。
なにが収束宣言だ。
なにが世界一安全な原発だ。
なにが再稼働だ。
いまなお拡大中ではないか。
日本の総力をあげて押さえ込むために手を打つべきだ。

魚もやばくなってきているという現実を直視しなければならなくなっているかもしれない。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

NoTitle 

汚染水問題を解決できる技術が既に存在し、政府はそれを隠蔽していることが知れ渡ったらいったいどうなるだろうか。

http://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

http://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a614779c0fb09de38540b4e86e5c99da

ケッシュ財団の技術だけが、汚染水問題根本的に解決し、太平洋を回復させることができる。
  • posted by erstea 
  • URL 
  • 2013.08/30 01:35分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ