土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

宣伝戦と抑制について

BQGgA-pCQAAhcna.jpg
クリック応援をお願いします↓↓↓

人気ブログランキングへ

この表題についてあっさり言って自信はない。
もしも、わたしが吉良よし子選対のトップなら、金曜日行動にタスキを掛けさせ、そして候補者であることをアピールさせることをやさせたかもしれない。
いや、その欲望を抑えることができたか自信がない。

だが、吉良よし子は、選挙と関係なく官邸抗議行動に表れタスキを掛けることなく、MCもいつものまんまでやった。

それが東京都委員会の指示か、本人たちの判断なのかはわからない。

でも、当選後に議員バッジをみせて「これはみんなのバッジだよ」という、吉良よし子参議院議員。

あたらしい時代が始まったと思った。
それを逃してはならない。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

NoTitle 

その問題では、候補者や党の側の抑制もあったんだろうけど、反原連の側の問題もあったんですよね。
そう、反原連は、日の丸の持ち込みを容認する一方で、団体旗には自粛を求めていたからね。この辺は、民主的運動団体全体にも関係する今後の議論課題じゃないかな?(なお、オレは標旗持ち込み断固擁護派です)

ところで、「宣伝と抑制」に関する問題では、もっと盲点があるんじゃない?
最近、ネットの書き込みやオレの知人(投機屋ウヨw)から「共産党こそ究極の貧困ビジネスだ」なんていう、攻撃というか揶揄というかを受けましたよ。新自由主義や市場原理主義が蔓延る近年の日本らしい言い草ですね。

つまり、主権者は、共産党に金銭的コストを費やしても、それによる経済的リターンはコストに見合わない、共産党は貧困層が支払うコストをリターンし切れていない、共産党や左翼とは貧者を食い物にして存続している存在だ、という酷いw批判です。

ま、無知だけじゃなく、全ての政治的損得が金銭計算に解消出来るかのように考える市場原理主義者らしい言い草ですよね。政治的リターンを調べてみようともせずに、その上政治的リターンが全て貨幣換算出来るかのように矮小化するとは究極の市場原理信仰でしょう。
でも、共産党の側としても「共産党躍進による経済的波及効果」みたいなのを一度検討・公表してみても良いかもねw
議員が5人増えて共産党への国庫歳出は歳費など年間約2億円増えたけど(もっとも、議員定数は不変なので国庫負担総額は変化無し)、勤労層の主権者には年○○○億円の負担軽減と×××億円の利益拡大が図られました、とかwww
そういうのも「新しい政治宣伝w」なのかもしれません。

あと、選挙が終わったからか内部留保論争が決着しちゃったからか、ランキングが下降ぎみですね。
あまり三流ディレッタントのかまってチャンを相手してやっていても、ブログ運営はダメだということでしょうかねw
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2013.08/01 09:26分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ