土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

橋下と日本ジャーナリズム

橋下大阪知事の特派員協会での質問はナイスだった。というか当然。逆にこのくらいの質問

すらできていない日本メディアのダメぶりが明らかになったと言える。えっ?何のことだって?当然「慰安婦」問題だ。

まず応援のクリックをお願いします!

橋下が(あえて呼び捨てにする「はしげ」と)言いたいことは、「戦時中は兵隊は性処理が必要、だからそれ相当の施設、制度は各国が作っているんだから、日本も悪いことしたけど他の国もやってんだからおたがいさま」と言うことだ。
さすがに某組合の顧問弁護士を務めていただけはある。

しかし、問題にされていることは戦時中であっても女性を男の性処理だけの存在として認めることは許されないことだ。
ここは連合国軍としても求められることである。
だが、力を持っていた連合国軍は、兵隊の交代能力を保持していた。
兵士を母国に帰すことができた。

ところが貧しい日本はそんな能力はなかった。
そもそもそんな能力がない国の人間が、他国で長期駐留すること自体が異常である。
不満も高まろう。
それをそらすためにやったのが「慰安婦」制度である。

かのおばちゃんは、日本人はそんなことなかったと言う。
ひれは事実だろう。
だけど、日本軍が占領した地域では強制事実が一杯あるし、それを証明する証拠も出ている。

問題はそれを知りながら(知らないならナンセンス)、橋下市長を海外特派員のように舌鋒強く追求できない我がジャパニーズメディアである。

なぜだろう?
各ジャーナリストの個性ではないと思うがどうか?


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

今後の行方 

 政治的には橋下氏の力は大きく低下したと見ていいでしょう。と同時に、維新の会もガタガタになっていくでしょうね。民主党よりももっと派手なかたちで。
 橋下氏も自分の政治的な力が失われたことを察知したのか、参院選後の代表辞任を示唆しましたね。彼は政界から退いても弁護士で食っていけますから、意外にあっさり辞めるんじゃないでしょうか。代表も、そして大阪市長も。そこで「潔い」という評価をしてもらえれば、何の支障もなく弁護士稼業に戻れますし。今は保身のことを考えていると思いますよ。
 維新の会はどうするのか?代表辞任と当時にポイ捨てでしょう。所詮、維新の会もそこに寄ってきた人間も、橋下氏にしてみれば目的達成のための駒に過ぎません。目的達成が困難になったのですから、もう駒は必要ない。ということで、代表を辞任するだけでなく、会からも離れるでしょう。橋下氏のいなくなった維新は一気にガタガタ。彼にすり寄ってきた人間が馬鹿を見る。
 こういう展開になるんじゃないでしょうか。
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2013.05/29 16:35分 
  • [Edit]

NoTitle 

万物流転さんの読みはかなり的を得て(射て)いるかも知れませんね。
たかがこれくらいの事でガタガタ言われるのならもう辞めるわ・・みたいな。
_____

>ところが貧しい日本はそんな能力はなかった。
>そもそもそんな能力がない国の人間が、
>他国で長期駐留すること自体が異常である。

日本軍自体に、全て(食料等も)現地調達という軍規のようなものがあったのですよね。中国の広範囲、そして、南洋諸島にまでも、小さな島国日本からの進軍に対して潤沢な食料支給、兵員交代なんて無理でしょう。そうなれば、おのずと・・・・。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2013.05/29 17:45分 
  • [Edit]

橋下氏と安倍氏の違い 

 今回の橋下発言の反響は、今後、橋下氏本人よりむしろ安倍首相らに心理的影響を与えるんじゃないでしょうか。橋下氏には本業(弁護士)という逃げ場所がありますが、安倍首相らにはないですからね。
 今回の橋下発言に関して笑えたのは、本音では橋下氏と大して変わらぬ考えを持っている国会議員や産経・読売の右派メディア・自称保守論客といった連中が妙におとなしかったこと。おとなしいどころか、共産党とほとんど同じ調子で橋下氏を批判するのまで出てきた。これには笑えました。アメリカが怒りの反応を示したからでしょう。ある意味彼らはアメリカにゴマすることが唯一の生命線ですから当然と言えば当然ですが。
 橋下氏の場合は本業という避難場所がありますから、アメリカを怒らせて政治業界で失脚しても、そちらに避難すれば食っていける。ある意味、気軽な立場です。ところが安倍首相らは違う。アメリカの反応に対して言いたい放題の橋下氏と妙におとなしい安倍首相らの態度の違いは見ていて面白かったですね。「笑える」「面白かった」という言い方はちょっと不謹慎かもしれませんが。
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2013.05/30 09:10分 
  • [Edit]

アメリカの役割 

そうですね。
戦勝国の一つであるアメリカの存在は大きいですね。
われわれは安保条約をやめて、アメリカとは友好条約を結びたいとおもっていて、基本的にはほんとうのパートナーシップをつくりたいと思っています。
その点では日本軍国主義を打倒した、復活を絶対に許さないという立場は共有できます。

それに対して、安倍さんなど日本の反動政治家たちの心底にあるのは、かつての軍国主義日本を取り戻したいわけで、日本軍国主義を打倒したアメリカとは絶対に相容れないでしょう。

こんどのことでアメリカは「まだわかっていないのか」と思ったんではないでしょうか。
それがチョコッとだけですが、行動に出た。

いまごろ反動政治家たちはちびりまくっているのかもしれませんね。

自民党憲法改憲案もふくめて歴史の逆戻りは許されません。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2013.05/30 09:53分 
  • [Edit]

親米のようで実は反米 

~日本の反動政治家たちの心底にあるのは~

 ここの部分は重要なポイントですね。安倍首相ら、いわゆる反動政治家たちは実は本音の部分では「反米」なんだと思います。アメリカの言うことには何でも要求通りに応えるという政治姿勢も本音の部分では不本意なのかもしれません。ただ、そういうスタンスでいないことには政治業界で生きていけない。だから異常なほど親米を装う(「異常な程」ですから正しくは親米というより忠米ですが)。そういうことなんでしょう。
 ただアメリカも、安倍首相らのその辺の屈折した心理なり立場なりをきちっと把握していますから、安倍首相らがいくら親米を演出しても、それは真の友好ではないということで警戒はしていると思います。
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2013.05/30 10:56分 
  • [Edit]

アメリカ社会の自己変革能力を 

あまり過少評価してはマズいでしょうね。
公民権運動からたかだか50年たらずで黒人大統領を誕生させてしまうアメリカ社会のあの可変性や革新スピードは、明治維新以前も以降も基本的には保守と停滞の惰眠を貪り続けてきただけの身の丈が低い我ら日本人には真似出来ません。
あの国では、かつての核軍拡政策の先導者たちが核廃絶運動の旗振り役に転向したり、大富豪の金融資本家が富裕層増税やキャピタルゲイン課税を提唱するような「超理性」の発現さえまま起こりますから、怯懦の民、コビト族の東洋人の理解にはあまると思います。

安倍やハシゲに限らず、不出来なアンクルトムや傀儡がハシゴを外されてしまうようなことは、歴史上ままあることです。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2013.05/30 20:32分 
  • [Edit]

日本国家による強制レイプ強制連行 


強制レイプ施設である戦地の慰安所を設置せよ!と天皇制日本国家と軍は命じた


強制レイプ施設である慰安所に女性を集めるのに嘘や甘言で集めた、これを強制連行という。まぁ、抵抗されないように嘘や甘言で連行し、現地で嘘がバレてもレイプ施設で強制性奴隷にする、と


国際法は今も昔も普遍性があるのであって当時はどうたらこうたらなど国際法を理解していない証拠
  • posted by 東西南北 
  • URL 
  • 2013.07/01 11:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ