土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

おにぎりと選挙の関係

わたしは田中角栄さんとは思想的に対極的にあるが、早川茂三氏の伝える田中角栄像を尊敬

する処がある。「駕籠に乗る人、担ぐ人」に出てくる選挙のときのシーンだ。

まず応援のクリックをお願いします!

秘書である早川氏が角栄氏の選挙活動に同行したときのこと。
角栄氏の母親から「弁当」を受け取った一行は、遊説の途中で食事と相成った。
角栄氏は母親がつくってくれた子どもの頭大のおにぎりをほおばりながら、早川氏に語る。
「選挙は戦争だ。昔から戦争のときはメシはにぎりめしに決まっている。それをレストランで悠長にメシを食っているヤツなどはまける。よく覚えておけ」
都会育ちの早川氏がおにぎりに苦戦しているのを横目に、角栄氏は美味しそうに平らげ、茶瓶の茶を飲んでいる。
このシーンは大好き。

そうなんだよね。
これは保革を問わず選挙を戦う者の心構えを説いていると思う。
やれ、候補者の健康とか、食事とか、休養とか…。
もちろん大事だが、ことは戦争である。
そうはならぬこともままある。

ウチの候補者。
最終日。
「昼休みはいらない。昼食はいらない」と主張した。
昼も休みを取らずにマイクを握りつづけた。

そして、その候補者の事務所の食事。
最終日の夜だけは「勝つカレー」だったが、あとはおにぎりで通した。

130417_1332~01

その執念は角栄氏と共鳴して勝ちそうな気がする。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

自民党田中派 

 選挙のみならず、田中角栄は保革を問わず政治家として生きる者の心構えを説いていたと思いますね。
 「旧い自民党」というと田中派が強かった時代の自民党を指し、それはマイナスイメージの強いものですが、私は世襲のボンボンが多数を占めている今の自民党より「旧い自民党」のほうが良かったと思っています。「旧い自民党」には弱者への配慮も忘れない人がそれなりにいましたから。田中派が強かった時代の自民党は実は結構健全だったのでは。
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2013.04/22 13:54分 
  • [Edit]

異議なし。 

わたしもそう思いますね。
昔の自民党には常識人が多かったと思います(なにも自民党にかぎったことではありませんが)。

それは何かというと、憲法とそのもとでの青年団活動が大きかったと推測しています。
それぞれの立場で政治学習をしていましたもんね。
いまは、それがない…。

  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2013.04/22 20:12分 
  • [Edit]

NoTitle 

同感です。先日あるテレビ番組で元刑務官と言う人が出て語ってました。拘置所の環境や刑務官の待遇が劇的に改善されたのだそうです。刑務官は当時最も地位が低かったのを田中角栄のお陰でよくなった、少なくとも刑務官の間ではそう伝えられているそうです。たまたま、田中角栄をしる人がいて、お話を伺った中でもそうした地位の低い人達にも関心を持つ彼の人懐っこい人柄を聞けました。彼が聖人君子ではない事は確かですが、国民の多数派が自民党を見切るのに長い時間が掛かったのは両翼であったり貧富であったりする対局に調整する能力を持っていた為だったのだと思います。仰る通り現在の新自由主義もどきの自民党には無い能力に思えます。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2013.04/22 21:35分 
  • [Edit]

田中角栄と今の自民党 

 下記は田中角栄語録の一部。一字一句違わずこの通りに言ってたのかどうかは分かりませんが、彼の考えを反映したものであるとは思います。今の自民党の国会議員の連中とは随分異なる考えを持っていたようですね。

~確かにノーというのは勇気がいる。しかし、逆に信頼度はノーで高まる場合もある。ノーとイエスははっきり言ったほうが長い目で見れば信用されるということだ~

~遠くの親類よりも近くの他人が大切だ。自分だけが金持ちになっても近所隣が貧乏では結局やっていけない。裕福になってもらうことだ。そのためには金を持っている奴が金を出して、まわりを助けてあげなくてはならない。みんながよくなれば、自分もまたよくなる~
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2013.04/26 10:02分 
  • [Edit]

保守も革新も 

志を持った政治家がいなくなってしまったのは事実ですね。
安倍のボンボンや麻生、鳩山et.のボンボン達に庶民感覚が分るはずがありません。即ち庶民の側に立った考え方なんて100%無理なんですよね。

>そのためには金を持っている奴が金を出して、まわりを助けてあげなくてはならない。みんながよくなれば、自分もまたよくなる~
こんな考えは今の内閣のメンツを見ても無理なハナシ。
角栄のやった事と小泉のやった事、、何だか微妙に違う気もします。

現在、皆で参れば恐くない、、靖国参拝金魚のフン100数十名。正装して御墓参りは誰でも出来る。遺骨収集の方が遥かに国に殉じた人達を思う行動であるはず。

中国軍のレーダー照射は共産党の指示が出ていたという話もでています。またも「共産党」です。中国共産党と日本共産党どこがどう違うのか、「共産党主導市政」と言われ選挙に敗北、内実はともかくそんな批判に負けてしまう側面に「共産党」の負のイメージが一役かっているのは事実でしょう。

常に、二重の反論を強いられるのが今の「日本」共産党でしょう。それが出来れば問題はないのですが。この先、議席が無くなってもマルクスだレーニンだと言い続ける姿が目に浮かびます。

インターネット選挙。
高齢化政党=共産党がついて行けるでしょうか。昔の紙爆弾や斬新なポスターを誇っていた人達も今の流れにはついて行けないでしょう。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2013.04/26 21:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ