土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

20年代のロシア共産党

旧ソ連は共産党一党独裁のもとで、国内の異論は党内闘争という形をとった。ほかの政党の

結成が認められないもとで、国内の矛盾は共産党内部に内攻するしかなかった。

まず応援のクリックをお願いします!

だが、政党のルールと国政運営のルールは自ずと違う。
一政党の内部ではさまざまな意見にもとづくグループづくりそのものが、分派、派閥として忌避されるのが一般的。
ボリシェビキの場合は内戦をたたかうもとで、党組織の軍隊化がすすんでいた。
しかもおたがいに自ら分派を形成した「負い目」があるから、分派に対する打撃は党派間闘争よりも陰湿で、打撃的なものになった。

トロツキーは屈服しなかったので、国外に追放された。
屈服した反対派は多数派におべっかをつかって、復党の機会をうかがい実際に復党したものもいた。
20年代の党内闘争を通じてボリシェビキは変質した。

そのテコになったものとして、一党独裁とともに見逃すことができないのは内戦、侵略へのトラウマがある。
革命後のロシアに国内の反対党派をつかって列強は襲いかかった。
イギリス、フランス、アメリカ、日本…。
それらに対する戦いは、「我らがレーニン」とは違う過酷さがあった。
それはアメリカ南北戦争を想起すれば、容易に理解できるはずでもある。

ともかくこの内戦の記憶は、ロシアの支配者たちのトラウマとなった。
陰謀史観としか言えないような、共産党の自壊はここにもあった。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

応援しています 

この文章を意味するところは、共産趣味者ならわかります。応援しています。
  • posted by TAMO2 
  • URL 
  • 2013.03/02 10:08分 
  • [Edit]

NoTitle 

ロシアの非常時(戦時)体制においては現在解釈されている民主集中制で良いと思いますが、常に非常時を掲げて反対派を弾圧しちゃったんですよね。
このあたりは昭和に入ってからの日本全体も同様ですが、結局この二つの体制は破綻しました。
しかし再生するには一度破綻しなければならないのか?
なんて思う諦めの悪い私もいるわけで、実に悩ましいところです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2013.03/03 12:04分 
  • [Edit]

民主集中制と分派 

民主集中制については、そもそも「民主集中制とは何なのか?」という問題があるのだが(党内選挙などで用いられている現行の重層的な間接民主主義選挙制度は果たして民主集中制の概念と一致するのかなどの問題群の存在)、民主集中制と一体のものと通念されている分派禁止規定における「分派」の問題も今一歩定かではない。
特に、IT時代の今日にはなおさらである。

「分派」とは、レーニンによれば共通政綱により組織された党内異端潮流とされているが、今日のネット社会ではそれ以上の論点も確実に発生している。
そう、ネット空間での匿名言論の普遍化の下で発生する政治的潮流を、果たして「分派」とみなせるのかどうか、という問題である。
いくら党内に特定の政治的・政策的立場の集団が出来たとしても、それが人格を備えた現実の人間による組織にならなければ、「分派」とはみなせないのではないか?という疑問である。
誰と誰が参加している組織なのか、お互い同士でも定かではない党内異端言論集団(ネット世界では異端言論集団が本当に「党内」の人間だけによって構成されているのか否かも現実的には証明不能である!)を果たして「分派」とみなせるのであろうか?
民主集中制や分派、広くは左翼党の党内民主主義については、IT時代の今日的な問題も発生してきているといえよう。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2013.03/05 09:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ