土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

民主党は立候補辞退せよ!

2月3日に行われた横浜市議の補欠選挙。欠員1人に対し、自民、民主、共産、無所属の4

人が出馬した。結果は自民党が1万6867票で当選。共産候補が8277票で2位。民主候補は7252票で3位。

まず応援のクリックをお願いします!

3位の民主党候補は元職。それでも当選どころか共産党新人の後塵を拝んだ。
もはや民主党は自民党対抗政党ではないことが証明された。

翻って高知県。
高知県の民主党の実力はいかほどか。
確かに参議院議員は2人もっているが、肝心の草の根の県議0、市議7人、町議1。
党員も二ケタか多くて三ケタ前半だろう。
これをみても自民・公明連合軍に勝てるはずがない。

それに対して共産党は県議5を初めとして市議、町村議合わせて40名余(ゴメン失念しとる)。
党員は4ケタ。
そうそうたる陣容である(民主にくらべれば)。
こちらの方が当選のチャンスが高い。

どうだろう?
民主党は潔く立候補を取りやめて、日本共産党の浜川ゆりこさんの応援にまわったら?
自公を利する愚を犯してはならない(^○^)

勧告する。
民主党は参議院高知県選挙区での立候補を辞退せよ!!


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

おお、高知県 

改めて高知県の共産党の強さを知り、驚きました・・・すごいなぁ~
  • posted by あるみさん 
  • URL 
  • 2013.02/06 23:43分 
  • [Edit]

そうそう 

それが論理というものです。
論理の貫徹、論理の整合性の維持。
レーニンがイギリス共産主義者に勧めた「予備選挙」による「取り引き」も、たしか、そういう論理を一時的にではあれ普遍的に貫徹せよというものでした。

そういう論理も採り入れて、共産党の側ももっと謙虚かつ意欲的・能動的・主導的に、他者への働きかけを行わなければいけませんね。ただし、もう、民主や生活や未来はダメですよ。一般有権者からさえ軽蔑されていますからね。
しかし、座して正論のみでは、その意図は無くとも客観的にはセクト主義です。傍観者のセクト主義w


国政選挙でも、無党派個人や左翼統一派の社民人士、まじめな反原発・緑派勢力などとの共闘体制を早急に構築せよ!
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2013.02/07 08:27分 
  • [Edit]

そうそう No.2 

>もう、民主や生活や未来はダメですよ。一般有権者からさえ軽蔑されていますからね。

軽蔑という表現に納得します。
しかし、「政権交代の現実」がこんなにも果敢ないものだったのかという落胆を国民の意識に植付けてしまった責任が何よりも大きいような気がします。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2013.02/07 14:16分 
  • [Edit]

>そうそう No.2 

でも、それは左翼の責任じゃないですよ。
20世紀左翼の責任は、世界でも日本でも真の対立構図を描き出せず、人類に真の第3極を提示出来なかった(今でも出来てない)点でしょう(むかしの「保守対革新」対立構図は、今ではもう判りにくいし不正確なんですね。保守の側が公共性の破壊を専門的に主張する新自由主義「改革」勢力と復古主義的国家主義保守に分岐しているような場合・時代にはなおさらね)。

たとえば、世界規模では今話題の中国。
あの体制も、旧ソ連東欧の「国有国営中央官僚統制型社会主義」というインチキ(過去の亡霊)に対し、新自由主義政権とさして変わらない「市場社会主義」なるこれまたインチキの社会主義で対抗し差別化を図っているだけのニセの対立の片割れでしかありませんからね。
事実、今の中国は、国内局面では私人主義と国家主義がヌエのようにニセの対立を示しつつ二つの間でいたちごっこを続けており、復古主義と新自由主義がニセの対立と振動を続けている日本の状況と同じです。

日本国内でも同様。
復古主義的国家主義勢力と新自由主義勢力のニセの対立と両者間の振動という構図に、今の日本共産党や日本の左翼勢力は理論的にも実践的にも真の第3極として本格的に対立・対抗出来ていません。
そのことは、鮮明で信望がある真の第3極勢力を作れていないことなどで実践的には説明不要でしょうが、理論的にも少なくない政策分野でそうなんです。
例えば「領土問題」。以前書きましたね。共産も社民も新左翼も、みんなダメです。みんな自国の国家主義に取り込まれるか相手国側の国家主義に迎合・譲歩するかだけの違いしかない。マルクスやジョン・レノンのようには国家を乗り越えられていません。
他にも、非正規雇用の激増に正社員原則で対抗している問題(賃労働の前提の固定化というニセの土俵内でのニセの対立)とかいろいろあります。
そういう問題群でニセの対立構図を止揚・撤廃出来ず、事実上は偽りの土俵内で偽りの一方の極に加担・同化してしまっている。
たしかに、こういう状況は左翼の責任に属することです。人類や日本の有権者に対し申し訳ない。
そんな日本の左翼界や共産党の状況を変え切れない我々のような批判派も同罪です。

ま、もう少し時間を下さい。すみません m(_ _)m
(と、謝っても、本当は太郎ちゃんだって部外者や傍観者ではあり得ないのですが・・・・)

  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2013.02/07 15:06分 
  • [Edit]

むつかしいっす!笑 

そう。左翼の責任だとは思っていませんが。
ワタシの場合、各国の事情や歴史については、ほぼ無知状態なのでその部分に関しては、まともなお話は不可能かと思われます。冷汗

歴代の民主の党首(総理)の顔を思い出すにつけムカつくのであります。
私のようなレベルの人間からすると、やはり誰が政権をとっても同じ事だというのをスリ込まされてしまった感覚が恐いと思うのです。そんな意味合いでもあります。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2013.02/07 17:46分 
  • [Edit]

うん。そうね。 

民主党の政権交代がもった歴史的意義とは、「誰が政権をとってもおなじ」という刷り込みを国民にしてしまったことかも…。
それが一番コワイのです。

ジェダイの希望だったアナキンが暗黒面に落ちたように、絶望と暗闇が広がることが…。
それを乗りこえる新たなる希望をつくり出すために、我々は知恵をつくさねばならない。
帝国の支配から抜け出すために……。

ありゃ?何の話じゃ?
でもちょっと似通っているかも。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2013.02/07 18:14分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

>どうだろう?
民主党は潔く立候補を取りやめて、日本共産党の浜川ゆりこさんの応援にまわったら?
自公を利する愚を犯してはならない(^○^)

勧告する。
民主党は参議院高知県選挙区での立候補を辞退せよ<

他の選教区では共産党も辞退します。というのものであれば筋は通りますがその覚悟は持っているのですか?

また高知県の先の衆院選や参院選の得票数は民主よりも上なのですか?

  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2013.02/10 21:25分 
  • [Edit]

失礼しました 

先の投稿はFKのものです。名を入れ忘れていました。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2013.02/11 09:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ