土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

脱原発大同団結再論

きょうは広瀬隆さんの宿毛市での講演会。200人を超える人が参加してくれた(前売りは

250枚を突破したという)。いつものテンポで原発推進派を歯切れ良く叩き斬っていた。3時間はあっという間だった。

まず応援のクリックをお願いします!

もっと時間があれば良かったのに、と思ったが3時間は限界。

121123_1301~01

121123_1353~01

121123_1600~01

121123_1602~01

講演会のあと懇親会。
酒は呑めないが参加した。

10名くらいが集まった。
その場でも彼を中心に話題が盛り上がった。

当然、総選挙のことも話題になり、「日本共産党が原発問題では一番まとも」と評価。
「しかし、選挙戦術はダメ。選挙区では脱原発組が一本化出来ないものか。志位委員長に土下座しておねがいしたい」

名刺を渡して、このあいだの心ちゃんとのやりとりも話して「ぜひ、申し入れてほしい」と伝えた。
「もちろん。わたしだけでなく一人ひとりが声を上げないといけないと思う」と広瀬さん。

技術論的に言うと、党間での話し合いがあって合意。
そのうえに現在立候補を表明している組織や、候補者間の調整などを考えると時間的にはきびしいのも事実。
しかし、参列者の雰囲気では「そうなると画期的。いままで投票に行かなかった人たちも投票に向かう衝撃的な決断になるだろう」と。

MCAN_A4_Dec_A-787x1024.jpg

いろいろな人たちが模索している。
その気持ちをすくい上げることが出来るか?
存在がまた問われている。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

中身はともかく 

滋賀県知事が反原発で党を立ち上げる、、、という話題がでましたね。
これに志位クンが批判をしていましたね(離合集散への批判だったかも知れませんが)。もっと、軽く流す事は出来なかったのか。社民党党首のように、合流はしませんが連携はします、、、くらいの大人のコメントが。連帯より孤立を望むか。
少し前までは、共産党も原子力の平和利用!というポスターを街に貼りだしていたクセに。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.11/27 23:22分 
  • [Edit]

「左」右の日和見主義 

>連帯より孤立を望むか。

社民党は、昔は公明党や自民党に、最近では民主党に「どこまでも、付いて行きます下駄の雪」ですが、共産党も「我が道を行く」の自党中心的情勢観・戦略論しかないんですよね、「統一戦線」戦術も忘却して。

未来の党は、小沢や河村などといった取り巻き・御輿が胡散臭いし、滋賀県政での「実績」も問題有りですが、決め付けや無視だけではダメでしょうね。「変革の立場」が失われている。

ま、日本の共産党は、国内的にも国際的にも他党と比べれば数段マシ(最もマシ)だけど、それでもまだまだいろいろ問題があるということです。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.11/28 11:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

>共産党も原子力の平和利用!というポスターを街に貼りだしていたクセに

 共産党は、“社会主義国”の核実験・核保有を是認していたという歴史に正面から向き合い、反省することからも逃げ回ってますわね。上田耕一郎が“社会主義国”の核実験についてどういうことを言っていたかなんて今の国民は知りもしないだろうから反省の弁など述べる必要もないといった感じの高を括った態度。
早い話が、共産党に都合の悪い事実はなかったことにしようとする。これって、南京大虐殺や従軍慰安婦が存在したことを否定する政治勢力と本質的にはあまり変わらないような…。歴史に正面から向き合わない、歴史を捏造するといった点で。
 だから共産党は信用されないというか、警戒されるんじゃないですかね。安倍晋三は権力を持っている側ですから、国内的には警戒されないように誤魔化せる。でも、共産党はそういうわけにはいかない。新党の掲げる「脱原発」「卒原発」が選挙目当てものであったとしても、それは共産党の信頼性を証明するものでも何でもありません。志位さんも、もっと自分たちがどう見られているかを意識したほうがいいでしょうね。
  • posted by 万物流転 
  • URL 
  • 2012.11/28 14:43分 
  • [Edit]

単一与党にでもなれるつもりか? 

たしかに毎日訳の分からない政局で混沌としています・・・が!
ある程度の清濁は合わせ飲むくらいの器量がなければ党勢拡大なんて無理も無理。
単一与党にでもなれるような情勢ならいざ知らず。崇高な理念を掲げて孤立の道をひた走る。何とか近寄れるような立場の人達をも遠心分離機にでもかけるようにふり切ってしまう。
今度の選挙で本当に忘れられてしまうよ。
え?まだいたの?って。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.11/28 17:09分 
  • [Edit]

結局ね 

日本の、そしてソ連東欧崩壊以降は世界の、マルクス派左翼にも、本当の世界観的確信や創造性あふれる未来ビジョンは無いことを構成員全員が自覚せざるを得なくなっているから、そういう政治的理論的な弱さを反映してセクト主義や右傾化にブレるんですよね。

「資本主義の枠内の民主的改革」を当面の政治目標にして、「市場経済を活用した社会主義」とか「計画性と市場経済との結合」とかの未来論を並べ立ててみても、それが現在の中国やベトナムとどのように質的に異なるのか、また、マルクスが深い観点から将来死滅することを予想した「商品-市場関係」を克服して行く道はどうなるのか、といった素朴な、しかし根本的な国民の疑問には開き直ることしか出来ないのが21世紀初頭の「共産党」なんです。

統一戦線や共同の問題でも、つい最近までは「革新三目標」みたいな政策協定に基づく古典的な方式に固執していた。
現在でも、他党との関係は「共同・共闘」か「競合・敵対」の二者択一的選択肢しか考えられない視野狭窄に無自覚(沖縄2区だけは違うのかな?w)です。

ま、簡単に言えば、明治維新以降の追い付け型ニッポンを担ってきた東大卒世襲温室栽培型組織の限界でしょうな!wwww
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.11/28 18:53分 
  • [Edit]

NoTitle 

色々好き放題を言ってしまいましたが・・・
早い話が、「じれったい」です。
脱原発に関しても、広く訴え、いち早く先頭に立つくらいの気力がほしかった。あっちこっちが頭を出してから慌てて批判に追われている感じがします。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.11/29 11:38分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ