土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

電気保温ポッド再び

木村俊雄さんの話題が出たついでに、彼が1月の講演でも強調していた「電気保温ポッドを

やめよう」について考える。木村さんは1月の講演では、全国で電気保温ポッドをやめれば原発3基分いらなくなると言っていたが、3.11の高知集会では改めて計算し直すと6基分いらなくなると言っていた。

まず応援のクリックをお願いします!

この電気保温ポッド、家計の立場からから考えた記事があったので紹介しておく。

節約アドバイザーの和田由貴さんの「電気ポットの電気代の実態、消費電力とは?」(2004年2月)だ。

----(引用開始)-----
平均的な電気ポットを例にとって、以下の条件で電気料金を計算してみました。
電気ポット容量 2.2L
沸騰時の消費電力 1000W
保温時の消費電力 35W
電気料金 23円/Kwh
◆1日に2回満水で沸騰させ、それ以外の時間は保温状態
◆水が沸騰し、保温状態になるまでに要する時間15分

まず2回の沸騰の電気代は、1日11.5円。
保温状態の時の電気代は、1日18.9円。
両方を合計すると、1日の電気代は30.4円となります。
月で計算すると、その電気代912円
さらに年で計算をすると10944円になります。
年間で1万円以上もの電気代がかかっていたんですね。
----(引用終了)-----

なかなかな電気料金である。
それに対してガス代はどうか。

----(引用開始)-----
2.2Lの湯をガスの中火で沸かした場合のガス代は、1回当たり約3円。
1日2回湯を沸かした場合でも月額約180円です。
----(引用終了)-----

うーん。
ガスでお湯を沸かして魔法瓶に入れておく方が経済的である。

またぞろ政府は夏場の電気不足を言いつのりはじめた。
昨年夏もそうだったし、冬場もそうだったが電気不足は起きなかった。
こう繰り返しウソを聞かされると「オオカミ少年」のエピソードを思い出す。

過度な節電は必要ないと思うが、ムダな電気はつかわないように心がけて原発ゼロの夏を乗り切りたいものである。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

土佐高知さんへ 

>木村さんは1月の講演では、全国で電気保温ポッドをやめれば原発3基分いらなくなると言っていたが、3.11の高知集会では改めて計算し直すと6基分いらなくなると言っていた。

本当にこんな主張に説得力があると思っているのですか?

昨今のデフレ不況の日本では、電気保温ポッドなど持っている世帯は限られていると思いますし、例え持っていたとしても既に節約する使い方を心がけていると予想します。バブル時の発想ですよ。高知集会で改めて計算しなおすと6基分いらなくなるとは笑止です。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/11 23:38分 
  • [Edit]

 

我が家にもある電気保温ポッド。
http://allabout.co.jp/gm/gc/58743/
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.04/12 09:11分 
  • [Edit]

 

>本当にこんな主張に説得力があると思っているのですか?

集会でも講演会でも強烈な反応がありましたよ。
結構心当たりがあるのでは、と思いました。

わたしはもっていませんが、実家にはあるし、あたっているのではないでしょうかねえ。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/12 09:51分 
  • [Edit]

バカバカしい! 

講演や集会では、電気保温ポットを1年中そして1日中つけっぱなしにしている国民が何千万人(何百万人)いると想定していたのですか?(いいかげんな試算ではないのですか?)

またこの集会での最大のダメな主張は、一年間を通しての節約数字を挙げて、電力需給がひっ迫する夏場や冬場にさも1年間の効果があると偽っている点です。

くろねこ様の説明で四国では電力不足の懸念が生じるのは7・8月の夏場の時だけだと理解できました。裏を返せばそれ以外の月では節約せずとも(伊方原発を再稼働しなくても)電力供給は足りているのです。四国で節約効果があるのは7・8月分だけの12分の2ですよ。

集会で強烈な反応(私からするとバカげた反応)があったからと言って、『電気保温ポットをやめれば原発6基分はいらなくなる』という主張が正しいのかは別次元の問題ですよ。

>阿波太郎さんへ

貴方の家では電気保温ポットを1年中そして1日中つけっ放しにしているのですか?お答えください。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/12 13:05分 
  • [Edit]

読み違い 

別に木村さんは夏場、冬場と限定して行っているわけではなく、電気保温ポッドつかわなければ原発6基分節約できると一般論を言っているだけなんだけど…。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/12 13:21分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

だからその説明が偽りであると反論しているのですよ。

>講演や集会では、電気保温ポットを1年中そして1日中つけっぱなしにしている国民が何千万人(何百万人)いると想定していたのですか?(いいかげんな試算ではないのですか?) <

私にに質問には一切答えてくれていませんが、どうして電気保安ポットを使わなければ原発6基分もいらなくなるのですか?

1.日本国民全体の電気保温ポットの電力使用量をいくらと見積もって講演していたのですか?
2.日本国の原発6基分の電力供給量をいくらと見積もって講演していたのですか?
3.仮に1と2が合致していたとしても四国では夏場の電力供給は賄(まかな)えるのですか?

異論のある方もいると思いますが、個人的には猛暑の夏場の電力供給が当面難しいのであれば不足分は四国では、原発に代わる電力供給体制が整うまで7・8月限定で原発再稼働を容認してもいいと思っています。

安易に電力は十分足りていると言って、突然の停電や計画停電に陥る事態よりは脱原発派にとってもベターだと今の所考えています。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/12 16:03分 
  • [Edit]

くろねこ様 

先日質問されてましたので、その記事のところにコメントするべきでしょうが、似たような内容だったので、こちらに書かせていただきます。

あれは、一週間前の出来事と比較して、「ずいぶん対照的だった」ということを言いたかっただけなのです。

で、「電気が足りてるか、足りてないか・・・」
「関電管内はどうで、四電管内はどうで・・・」
という話をされる訳が、まったくわかりません。

事故が起きたら、放射性物質は、県境で止まってくれるのでしょうか?
国境で止まってくれるのでしょうか?
茨城では、しいたけからまさかの3128Bq/kg出たそうです。

2~3日前に、福島の知人と電話で話をしたのですが、
「アメリカでは、もうフクシマには人が住んでいないと思っているよ。」て、言ってました。
外国から見たら、福島とか、東京とかあまり関係なく、小さい島国なのです。

くろねこ様は、原発(放射線?)の専門的な知識や技術を持っていらっしゃる方なのでしょうか。
もしそうだとしたら、お仕事に専念して、現在海や空に出している放射能を止めていただきたいですし、いま在る放射能を無毒化していただきたいです。

「足りる・足りない」ということから話をはじめると、ややこしくなってきませんか。
それでも数値をというのであれば、タマちゃんか広瀬先生に直接聞いていただけませんか?
http://www.youtube.com/watch?v=OzGnBFNU1bI【源八おじさんとタマ】
  • posted by おにぎり 
  • URL 
  • 2012.04/12 18:05分 
  • [Edit]

追記 

木下さんと広瀬さん、両方の講演会で、入り口である方といっしょになりました。
2回ともです。
その方のお顔を見たことがあるような、無いような、なんだか気になってました。

そしたら、偶然わかりました。
議員さんでした。
木下さんの時は、席が離れていたのでちょっとわかりませんが、広瀬さんの時は、熱心にメモを取ったり、写真をとったりしていらっしゃいました。
その坂本茂雄さんのブログのちょうど今日の記事が『原発なしで夏を乗り切る決意を』で、くろねこさんのお聞きになりたい内容だと思います。
坂本さんに問い合わせてみられるのもよろしいのではないでしょうか。
http://www.sakamoto-shigeo.jp/main.htm
  • posted by おにぎり 
  • URL 
  • 2012.04/12 22:30分 
  • [Edit]

おにぎり様 

私が聞いているのは
 http://jcphata.blog26.fc2.com/blog-entry-2598.html#comment7022
より

>最後、質問の時間はなかったのにもかかわらず、また、司会のかたが連絡事項を伝えようとするのを半ばさえぎるような勢いで、ひとりの女性が、広瀬さんに質問をしました。
なので、よっぽど切羽詰った問題かと思いきや、
「電気が足りているって本当ですか?」
広瀬さん、落ち着いて「本当です。」

と言うおにぎり様のコメントを受けて

私は
広瀬さんの講演会では、電気は足りているとのことですが・・・
①猛暑での夏ピーク時の「関西電力管内(60Hz)」は、計画停電なしで乗り切れると仰っていましたか?
②それとも単に「四国電力管内(60Hz)だけ」は、猛暑ピーク時でも計画停電なしと言う意味なのでしょうか?

と書きました。
 実際に広瀬さんの講演会に行かれたおにぎり様が、どうして自分の言葉で答えられないのですか?
私、難しい質問していませんが・・・

 >茨城では、しいたけからまさかの3128Bq/kg出たそうです。
 このデータのリンク先をお願いいたします。

 
  • posted by くろねこ 
  • URL 
  • 2012.04/12 23:25分 
  • [Edit]

土佐高知様 

 冗談抜きで、電気ポットなんて言ってしまったら自爆でしょう。
 せめて便座関係にしてくださいよぅ~

 個人の家庭で夏ピーク時に電気の使用量落とせる可能性が高いのは、トイレ関係と冷蔵庫。
 洗浄機付きトイレの電気を猛暑ピーク時は落とす。
 冷蔵庫を新型に変える事(これは今年の夏には間に合わない)。
 企業サイドに立てば、事務屋は赤信号点灯時(97%超えた時)は、病院などを除きすべての冷房を切る。

 あと老人や赤ちゃんとかいる家庭で、どうしてもピーク時に冷房を切れない家庭の場合は、朝から非常に弱い冷房をダラダラかけておいた方(おおむね設定温度28℃~30℃)がピークカットになります。
 一番まずいのが、無理に我慢して、我慢しきれなくなって午後2時ごろにポチット冷房オンしてしまう事です。
 あと電気炊飯器が危ない。これ案外電気消費するんですよ。西日本の場合、日の入りが遅いから要注意かなと。
  • posted by くろねこ 
  • URL 
  • 2012.04/13 00:25分 
  • [Edit]

あのー 

電力問題については、各論あるようです。
環境エネルギー研究所のブリーフィングペーパーでは、「原発を再稼働しなくても今冬と来夏の電力は足りる」として、彼らの見解を示しています。

四国電力に関しては、次の評価をしています。
-------------
四国電力は原子力の割合が高い。これによる需給の脆弱性が今回明らかになった。加えて、政府予測は需要が昨年のままで節電を見込まず、今年の実績より53万kW、約10%多い。四国電力は56万kWの需給調整契約があるが、政府の予測はこれも活用しない。さらに供給力予測でも、火力の出力低下予測(一部設備を需要期に定期検査する想定になっている可能性)、自家発電の受電の打ち切り(来年に向けて受電を減らす)、揚水発電所の使用制限などで低く見込んでいる。さらに、四国電力は需給逼迫との予測をしながら、一方で他社への融通は継続している。融通先は関西電力の他、中部電力と見られる。需給逼迫なのに67万kWも融通をすることで、来夏の四国電力は68万kW不足となっている。関西電力への融通は余裕のある中部電力や中国電力に任せればよく、余裕の少ない四国電力が行う必要はない。ちなみに政府予測では、中部電力は融通を受ける側、中国電力は今夏の融通を来夏は打ち切っており、余裕の少ない四国電力にだけ他社融通をさせるのは大変不可解と言える。今年なみの節電を実施し、発電所を活用、他社融通をやめれば、原発全停止でも来夏は余裕を見込むことができる。
---------------

全国的な状況を知りたい方はこちらをどうぞ。
http://www.isep.or.jp/library/1660

いずれにせよ、何が正しいのか電力会社が情報公開すべきが先決ですね。

まあ、昨年夏、今年冬の政府見通しがウソだったことからみて、わたしは今夏の危機あおりもオオカミ少年とみています。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/13 00:28分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

私は今の野田政権や電力会社の肩を持つ気はさらさらないですが、少なくとも去年の気候で試算する環境エネルギー研究所よりは、一昨年の気候で試算する政府の方がまともな試算方法だと考えています。

アメリカでは3月の気温は記録的な暑さだったようです。
http://www.zaikei.co.jp/article/20120325/98980.html

日本の今年の夏もどうなるか実際は分かりませんよ。

希望的観測で原発再稼働させなくても電力供給は絶対大丈夫と安易に述べるよりも、想定以上の猛暑になればこういうリスクもあります、と述べていた方が脱原発派の主張は信用されますよ。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/13 04:46分 
  • [Edit]

 

ポッド・ネタ継続で申し訳ありませんが・・・

>まず2回の沸騰の電気代は、1日11.5円。
>保温状態の時の電気代は、1日18.9円。
>両方を合計すると、1日の電気代は30.4円となります。

我が家の現状は。
(水からの沸騰)朝&夜の使用です。これは、例示されているのと同じでしょう。

(保温)朝、約2時間。 夜、約3時間。 計5時間。
一日24時間保温継続で18.9円との事ですが、使用時間が5時間なので、その約五分の一、約3.8円
でも、その間に「追い炊き的沸騰」があるので若干プラスされる事になるでしょう。それで5円くらいプラスになるかな。
我が家の一日総計アバウト20.3円(笑)。
例示の金額の三分の二ですが、やはりあなどれない数字ですね。

それと、私の職場では、来客もあるので仕事中は、ポッド・オンが続く事があります。案外、家庭や職場でもというケースもありそうです。これも要注意ですね。

苦手な計算をしたので疲れましたが、要は、身の回りにある電気製品にもっと注意を払う事が肝要だと言う事ですね。
ピーク、ピークですが、『夏場のピークを作るのも、セーブするのも我々人間』ですもんね。
くろねこさんも他の電気製品を指摘されていましたが、そういう事なんだと思います。最初からピークありきではないという部分もある!と。

PS:最近は我が家でも上記のようなポッドの使い方はしておりません。念の為。
・・・疲れた(笑)。計算間違っていたらゴメンよ。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.04/13 10:14分 
  • [Edit]

阿波太郎さんへ 

お答えありがとうございます。

きちんと質問に答えてくれる事もあるのですね。貴方の事を見直しました。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/13 12:51分 
  • [Edit]

 

「実際に広瀬さんの講演会に行ったのに、なぜ答えられないのか」と責められましても困ります。

「電気が足りているって本当ですか」に対する広瀬さんのお答えは、「本当です」一言でしたから。
くろねこさんの質問①や②の、具体的な説明はなかったと思いますよ。
ただ、私はスローなので、映し出された資料を読み終わらないうちに、次の資料が出てきたこともありましたから、繰り返しになりますが、それ以上のことは、タマちゃん・広瀬さん・坂本さんにお尋ねになられることを、お勧めしているのです。

この「足りる・足りない」について、くろねこさん(お仲間?の方も含めて)とのやりとりは、これで終わりとさせていただきます。
被災地の希望する全ての住民の避難・移住が保障されたり、放射能が無毒化された時は、その限りではありません。
  • posted by くろねこ様 
  • URL 
  • 2012.04/13 18:06分 
  • [Edit]

くろねこ様 

すみません。
さっきは、name欄に、間違って書いてしまいました。

しいたけ、そんなにお知りになりたいですか。
この方のブログ、親しい女子にしか教えてません。

くろねこさん、該当しないんですけど、今回だけ特別ですよ。http://ameblo.jp/c-dai/entry-11219817989.html?frm_src=thumb_module
  • posted by おにぎり 
  • URL 
  • 2012.04/13 18:19分 
  • [Edit]

おにぎり様 

>おにぎり様
返答ありがとうございます。
これにて最後にします。

>「電気が足りているって本当ですか」に対する広瀬さんのお答えは、「本当です」一言でしたから。

分かりました。広瀬さんがどう答えたのか?が一番気になっていましたから・・・
 余計なおせっかいになりますが、広瀬さんには気を付けた方が良いです。

 あとはシイタケの数値のリンク先拝見させてもらいました。素直にデータは受け取れないです。これを鵜呑みにするのは危険かなと。
 測定方法や条件で大きく変わります。例えば放射性物質が溜まりやすいところで、セシウムの移行係数の高いシイタケを栽培していた。そんな条件がそろえば、高い数値が出るのは当然です。
ビビる数値ではないです。
 そりゃリスクがない人からすれば、恣意的なデータとて数値が高ければ、驚くのは当然でしょう。その気持ちまで否定するつもりはありません。

 おにぎり様には、耳障りな事書いている自覚はあります。ただもし伊方原発で福島第一と同じような事故が起きた場合。茨城の人間が、高知県産の農産物での放射能デマ流したら怒るでしょう。
 茨城県を高知県に置き換えて想像して欲しいだけなんですよ。

 あと私が電極供給にこだわるのは、計画停電リスクを恐れているからです。犠牲は必ず出ます。四国電力管内は大丈夫でしょうが、猛暑時の関西電力管内が危ない。四国・中国・中部から関西電力に電気送る必要がある。ピーク時対策と、昼間に揚水式をフル回転させるために、深夜も関西電力に電気送る必要ある。ピーク時の最終手段は東電からの50Hz→60Hz変換しての100万Kw融通。

 どうして原発再稼働に反対しながら、原発再稼働なしの関西電力の夏ピーク時の事を真面目に考えないのか?他人事で知らぬ存ぜぬなのか?私にはさっぱり理解できないんですよ。

 私の個人的なぼやきや想いばかり書いてしまいました。これにて切り上げます。
  • posted by くろねこ 
  • URL 
  • 2012.04/13 23:30分 
  • [Edit]

おにぎり様 

お仲間の方とは私の事を指していると想定しますのでこれまでの感想を述べておきます。

1.誤解があるのかも知れませんが、私もくろねこ様も脱原発派ですよ。また貴方が再三訴えている放射能被害など、言われなくても国民は過敏なほど反応していると思っています。

じゃあ、実際に原発を全停止させればどうなるのかを考察しているのですよ。私やくろねこ様の問題提起は2010年並みの猛暑ではどうなるのか?の考察ですよ。きちんとしたデータに基づく説明があれば、私もくろねこ様も原発推進派を論破できる論陣が張れるのです。貴方はそれは大丈夫と言いながら、詳しい説明を求められると「それは専門家に聞いてくれ」と、逃げていると感じています。

ドイツも脱原発に舵を切りましたがそれでも10年スパンの計画ですよ。全ての原発を即停止という政策ではありませんよ。日本ではドイツと比べて原発比率が高く、また自然エネルギーの普及は進んでいません。個人的には、日本で全原発即停止で本当に電力供給は大丈夫なの?という国民の不安があるのも当然と思っています。

2. >茨城では、しいたけからまさかの3128Bq/kg出たそうです。

この表現はいかがなものかと感じます。普通に読めば流通している茨城産しいたけにもその可能性があると思われますよ。風評被害になる典型です。悪意があっての事とは思っていませんが、表現には気を付けた方がいいと感じます。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/13 23:38分 
  • [Edit]

何かおかしいのでは 

>どうして原発再稼働に反対しながら、原発再稼働なしの関西電力の夏ピーク時の事を真面目に考えないのか?他人事で知らぬ存ぜぬなのか?私にはさっぱり理解できないんですよ。

それは電力会社と政府に言うべきことであって、脱原発を主張している人たちに言うべき言葉ではありません。

3.11の過酷事故がありながら、一年経っても原発抜きの電力供給の方策には消極的で、もっぱら原発再稼働にだけもっていこうとしているヤツラにこそ責任がある。

それを中立的装いをもって「どっちもどっち」などというのは一見理性的でもっとも姑息かつ狡猾な主張ではありませんか。

四国に住んでいるものとして、関電に供給するために原発再稼働などあり得ない。
関西圏のためになんで四国が死国になるリスクを負わなければならないのか。
それは都市圏にたいする周辺部も同じことだと思います。

夏場が大変なら、2ヶ月くらい休みをとって都市から逃げ出せばいいのではありませんか。
いつでも田舎は受け入れてあげますよ。
それで年収が下がったり、経済成長が止まったりしともいいではありませんか。

それが3.11の教訓なのではありませんか。

あなたの主張はなんか傍観者的でイヤな気分がしますね。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/14 00:13分 
  • [Edit]

土佐高知様 

 私は脱原発派こそ、変わって欲しいと願っているんです。
 「エネルギー問題」は「イデオロギー」ではなく「生活」ではないでしょうか?
3.11で変わった。

 現実的に出来うる、脱原発が必要ではないでしょうか?政府や財界は原発再稼働させたいから、具体的な数字出さずに足りない足りないと騒ぐ。そして反対派が安易に足りると言い、数字を出さない状況が一番望ましい。
 停電リスクのある地域の人は不安になり、再稼働やむなしの数字が増えていくと思います(政府はそこを狙っているでしょう)。
 そして、反原発派が先鋭化して、穏健な脱原発派をドンドン切り捨て、「原発ゼロ」とお花畑を主張することも番望ましい。彼らが、段階的な原発撤退者まで排除すれば、原発推進派はしめたもの。

 少なくとも、私のように原発リスクの高い地域に住んでいる人間にとっては、多少の時間はかかっても「確実な脱原発」が必要です。
 「原発ゼロ」と騒ぐ事が主たる目的で、その結果、収穫なし(世論の支持が徐々に減り・なし崩し原発再稼働)では意味ないんですよ。これだけは絶対に避けたいんです。
 この感覚は、なかなか理解してもらえないとは思いますが・・・

嫌な気分にさせて申し訳ありませんでした。これにて切り上げます。失礼いたします。
  • posted by くろねこ 
  • URL 
  • 2012.04/14 15:26分 
  • [Edit]

 

くろねこさん

貴方の今回のコメントは、すごく理解できるし、お気持ちも充分伝わるものだと感じました。
脱原発の力が分散する事は避けなければならないと私も思います。

土佐高知さんは・・・
>他人事で知らぬ存ぜぬなのか?私にはさっぱり理解できないんですよ。
・・・この辺りにチョット何かを感じられたんだと思います。

もし宜しかったら、引き続き今後も色んな御意見を聞かせて頂けると嬉しいです。
私は知りませんでしたが、広瀬さんの事もちょっと気になりましたし・・。
くろねこさんと、ここに集う人達とはそんなに隔たりがあるとは思えませんし。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.04/14 16:39分 
  • [Edit]

くろねこさんへ 

ちょっと過激な言い方になりました。
ごめんなさい。

>少なくとも、私のように原発リスクの高い地域に住んでいる人間にとっては、多少の時間はかかっても「確実な脱原発」が必要です。

この意味がわかりません。
「原発リスクの高い地域に住んでいる人間」なら、なぜに再稼働に理解を示そうとするんでしょうか?

それと関西のことを他人事で知らぬ存ぜぬを決め込んでいるわけではありません。

伊方原発再稼働以外の方法なら、電力を融通するために四国だって節電をしなければならないと考えています。
そのためのささやかな手段として、電気保温ポッドの問題もあると思うのです。

だけど関西に電力を融通するために、伊方原発再稼働を受忍すべきとの主張は理解できません。

それに関西電力が発表している電力不足は、「計58時間で全体の2・8%」。
みんなの工夫で停電を回避できる数字ではありませんか。

昨年も節電に努力したけれども、ことしも企業も家庭ももっともっと節電に努力して、全原発停止の時代にそった生活と生産、経済活動に切り替えるべきだと思います。

それを原発54基時代と同じような、生活、生産、経済活動をしながら、「原発ゼロ」を主張しても説得力はないと思います。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/15 00:09分 
  • [Edit]

くろねこ様 

(こちらでは)初めましてですね。とても勉強になり感謝しています。私なんか無知でしたからドイツが10年スパンでの脱原発政策なら日本では10~20年の脱原発も容認姿勢で、四国でもそれ位はかかるだろうと漠然と考えていました。ただ土佐高知さんが示して下さったデータとくろねこ様も解説を聞いて、四国に限って言えば伊方原発再稼働しなくても大丈夫かな、とも思いました。

ただそれでも少し不安があります。

>2011年夏の四国の最大消費電力・・・570万kW
         四国電力発電能力・・・・798.8万kW(伊方原発202.2万kW、他社受電契約97.8万kW含む)

つまり伊方原発を止めても、ピーク時でさえ 21.6万kWの余剰があるということです。

また、四国管内の自家発電設備は 橘港湾発電所 210万kW
大王製紙    50万kW
住友共同電力 25万kW
丸住製紙    15万kW     合計 300万kWもあるそうです<

四国電力発電能力798.8万kwから伊方原発202,2万Kwを差し引けば(Jパワ-分97.8万kw含めて)596.6万kwです。これは2010年のピーク時の596.6万kwと同じ数字です。これでは2011年分と同じ受電契約があってかつかつという事です。

Jパワーは東京に本社のある東証ー部上場企業です。大株主も信託銀行や生保など機関投資家です。四国電力の子会社ではありませんので四国も関西も猛暑になれば、四国にだけ優先的に電力を振り向けてくれるは思えません。個人的には四国もあまり楽観できる状態ではないと思っています。

私の心配は杞憂なのでしょうか?

ps)原発再稼働せずとも電力は十分足りていると考えている皆さま、ぜひご意見をお寄せ下さい。納得できれば喜んで支持します。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.04/15 13:55分 
  • [Edit]

 

>土佐高知様
こんばんは。
ちょっと誤解がるようなので・・・だらだら続けさせてもらいます。
 私は関西電力に電気送るために、伊方原発再稼動せよとは一言も言っていません。
 今年の夏対策のために、現在ある施設(原発を除く)を有効活用&節電して、停電リスクの高い関西電力管内にピーク時に電気を送りましょうと言っているだけです。
 四国からの融通だけでも足りないでしょうし、「60Hz管内が一致結束して」知恵絞らないと厳しいと思います。ただし土佐高知様が仰るように猛暑とて努力次第では十分乗り切れる数字と私は想定しています。もちろん東電50Hz管内からの有事の際、緊急でのMAX100万Kw融通は当然です。
 四国にある火力水力発電所分ならば、四国のピーク時まかなえます(Jパワー分含む・ここはFK様が懸念を示しているので、思うところは後程書きます)。

>「原発リスクの高い地域に住んでいる人間」なら、なぜに再稼働に理解を示そうとするんでしょうか?
 理解と言うか苦渋の選択と言うか・・・
 私の立ち位置は原則再稼働なしですが、オプションとしての再稼働ありです。ピーク対策としての再稼働あり。中東で有事が起きた時の再稼働あり。この選択は残しておくべきだと思います。

 再稼動には「厳しい縛り」をかけて、例外として認める。私は関西で抜き打ち大規模停電が起きたら、世論は大きく変わると想定しています。もう二度と原発から撤退できない最悪の状況になると思います。
 停電は怖いです。

 しかし、例外とて再稼働の前提条件は原発の安全対策の向上。今のような「適当な作文」を提出して、「安全」だなどとんでもないです。事故が起きた時に危ない事は分かっているが、大規模停電が起きたらさらに危ないから、ピーク時の期間限定で例外として申し訳ないと・仙石・野田・前原らが土下座して福井県民を説得するのが筋だと思います。


もう一点は地元対策。
 ここでこんなことを言うと非難されるかもしれませんが、茨城や静岡で脱原発するのは容易です。県としての体力があります。福島県は別として・・・しかしほかの県は厳しいでしょう。
 一番が雇用の問題です。この手当が必要です。過疎地における安定した正社員ポストです。この一部を電力会社が担っていた。
 次が基幹企業が撤退すればそれに付随するサービス業も衰退する。
 
私の発言自体が矛盾していますが(例外としての必要最小限の再稼働⇔原発立地地域の雇用問題)
 恥ずかしいのですが、矛盾を少しでも小さくするための、多くの人が納得できるであろういい案が浮かびません。

>FK様
 こんばんは。こちらでははじめまして。いえいえ、ロクに調べもせず屁理屈ばかりです(苦笑)
FK様がご懸念の事分かります。杞憂ではなく現実の心配事だと思います。
 Jパワー分が、どこにどう配分されるのか?これ現状ではブラックボックス状態なんですよね。これが誰も何も言わない状況です。ここが明らかになれば、夏ピーク対策の方向性は見えてくると思います。
 もちろん「臨機応変に対応できる「遊び」の部分」=「Jパワー分」が、必要なのは言うまでもありません。

 四国の事だけを考えれば、Jパワー分(橘港湾発電所 210万Kw)がどう配分されるかによって需給バランスが大きく変わる可能性はあります。
 ただ「発電所がある地域(四国電力管内)」を停電させてまで、「融通先の他地域(関西電力管内)」を守る事などすれば、企業の信用にかかわるでしょう。Jパワーは四国で商売できなくなります。そうなれば機関投資家も・・・「う~ん」になってしまうでしょう。
 もちろん、少しでも関西電力管の計画停電を避けるために、四国の住民に「節電してください」とプレッシャーをかける可能性はあると思います。

「紀伊水道直流連系設備」なるものがあります。
関西電力より
http://www1.kepco.co.jp/pressre/2000/0622-1_1j.html
MAX140万Kw融通可能です。
 「Jパワー分を含めて」、四国から関西電力へはMAX140万Kw融通(四国で余裕があれば)かなと。これ以上は物理的に無理でしょう。
  • posted by くろねこ 
  • URL 
  • 2012.04/15 23:00分 
  • [Edit]

 

>私の立ち位置は原則再稼働なしですが、オプションとしての再稼働ありです。ピーク対策としての再稼働あり。中東で有事が起きた時の再稼働あり。この選択は残しておくべきだと思います。

ここは意見が違いますね。
福島第一原発事故の原因すらわかっていない段階で「厳しい縛り」などあるんですか?
すっごく甘いと思いますよ。

それよりも、電力不足が不安なら電力会社は、原発以外の発電能力を高める手段を講じることと、節電への要請を強めることが大切です。
それなのに原発事故から1年、努力した跡がみられず、節電対策に至ってはいまなおオール電化などと、アホの極みではないでしょうか。

>私は関西で抜き打ち大規模停電が起きたら、世論は大きく変わると想定しています。もう二度と原発から撤退できない最悪の状況になると思います。

あっ、これ電力会社と政府の謀略としてはありえますね(マスコミも加えて)。
すでに福島でやってきたことをみればありえますね。
秘密体質だから何でもあり、それで一気に脱原発派をつぶすか(^○^) 。
このシナリオは充分ありとみます。

でも、そんな謀略は許せませんが。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.04/16 04:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ