FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

マインドコントロールを解け!

環境省が全国に拡散しようとしている被災地がれきについて再論する。環境省は岩手、宮城

のがれきについて全国の自治体、組合の焼却炉で焼却処分することを決めた。

まず応援のクリックをお願いします!

それにもとづいて、全国の自治体が揺れている。
東京都は受け入れ、静岡県島田市は試験的焼却を行い「クリアできた」と速報した。

この問題では宮武嶺氏が
2500万トンの瓦礫が太平洋を越えアメリカに漂着する 瓦礫を拒否する脱原発派の人間性が今問われている」とのエントリーをたてた。
それを読んであまりにも浅すぎる意見に、宮武氏らしくないなとがっかりした。

宮武氏の意見に沿いながら論点を整理する。

宮武氏はがれき受け入れに難色を示している人たちに対して、次の3点の疑問を呈している。
(一)「東北と言っても広いので…、東北由来のがれきを十把一絡げに嫌がるのもおかしいでしょう」

(二)「そもそも、福島原発後、数日でアメリカでも福島原発由来の放射性物質が検出されたくらいですから、日本列島に住む人が皆もうヒバクシャであることを覚悟すべきです。だからこそ、…脱原発派が自分だけ完全な清浄を願うこともまた非現実的なのです」

(三)「脱原発を唱える人は、ヒューマニズムに根ざして、人間本位の考えから原発を拒否しているはずです。なのに、東北の人だけに我慢を強いて、世界中に迷惑をかけて、それでも自分だけは浮かび上がろうとする、そういう心根で、本当に良いのだろうか、という疑問を感じます」

一読しただけで乱暴な意見である。
まず(一)。
「がれきを十把一絡げに嫌がる」わけではない。
懸念しているのは、放射能に汚染されたがれきの受け入れであって、がれき一般を拒否しているわけではない。
だからサンプル検査ではなく、すべてのがれきに線量検査を行うことを要求している。

(二)。
もちろん福島原発事故によって日本列島が放射能によって汚染されたことは言うまでもない。
だが、それとて程度ものである。
東日本と西日本では汚染の度合いは違うのであって、「汚染されているのだから受け入れないのは非現実的」というのは乱暴な飛躍である。
この理屈でいけば原発敷地内のがれきも受け入れるべきだということに行き着きはしないか。

(三)
放射能に汚染されたがれきは、全国に拡散させずそれを出した福島第一原発にもどすことが本筋であって、放射能を全国に拡散して被ばくを拡大しても良しとする議論はヒューマニズムとは対極にあると思う。

新潟県の泉田裕彦知事は19日、細野大臣の「がれき受け入れ」の恫喝に対して、「どこに市町村ごとに核廃棄物場を持っている国があるのか」と批判し、「国が環境整備をしないといけない。国際原子力機関(IAEA)の基本原則で言えば、放射性物質は集中管理をするべきだ」と訴えたそうだが、これこそが正論だろう。

宮武氏は「全国でがれき処理しなければ復興はすすまない」とする環境省のマインドコントロールにとらえられているのではないか。

確かにがれきの量は膨大だが、それは全国に拡散して処理するしかないのだろうか?
なぜ、カネと機材、技術者を投入して被災地で処理できないのか?
そこで処理プラントを増設し、分別もして処理すれば、新たな雇用も確保出来る。
何もがれきをガソリン炊いて遠くに持っていって焼却する必要はない。

安全性、経済性、効率性からみても、がれきの全国拡散は間違っている。
「全国でがれき処理しなければ復興はすすまない」ではなく、「全国でがれき処理こそ復興の足を引っ張っている」が真実ではないのか。
環境省の官僚たちのつくりあげたドグマ(教条)から解放されれば、可能性はたくさん開ける。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

すばらしい 

「マインドコントロールを解け!」を遅まきながら拝読いたしました。正論がわかりやすく、かつ丁寧に展開されており、すばらしいと思います。
  • posted by 関西人 
  • URL 
  • 2012.02/26 21:06分 
  • [Edit]

 

残念なことですが、宮武氏の主張に軍配を挙げます。

「被災地に新たに焼却炉を作って処分」というのは、全く非現実的です。むろん作れるところには作ればいいですが、それでは全く追いつかないのが現実。どうか焼却炉での処理能力と、報道されている瓦礫の量で計算してみてください。また、瓦礫処理が終わった後、その大量に作った処理場はどうするのか?という問題もあります。答えは明らかです。

また瓦礫は放っておくと自然発火する危険があり、実際にそれが各所で発生しています。これは、完全に野焼き状態。水銀などの金属除去システムを備える焼却炉(全国に普通にあります)で燃やすほうが遥かに安全。

仮に、「放射性物質を少しでも含んでいるから反対」というのでは、日本に稼働できる焼却炉はありません。
なぜなら、あなたが毎日食べている食事にも、捨てているゴミにも、自然放射性物質だけでなく、過去の核実験、チェルノブイリ事故、福島の事故などの人工由来の放射性物質がほぼ確実に含まれているからです。

では、どうすれば良いのか?
この、被災地の復興を妨げている瓦礫問題をどうするのか?
そこに前向きの提案をできない、ただただ「拒絶」だけの脱原発運動では、被災者の信頼も、市民の信頼も得られませんよ。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.02/27 18:12分 
  • [Edit]

いつもと違って、 

宮武氏がまともな事を言っているとしか思えませんな。
  • posted by D 
  • URL 
  • 2012.02/27 21:32分 
  • [Edit]

興味深い議論ですね。 

個人的には宮武氏の主張は、ガレキを47都道府県で均等に処理せよというものではない、とは理解していますが誤解を招く表現だと感じます。

お尋ねしますがLooper様やD様も優先順位はお考えの事とは思いますが、どのような基準をお考えなですか?
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.02/28 22:13分 
  • [Edit]

 

がれき受け入れ拒否する人達=脱原発派なのかな。

福島原発一帯を「ゴーストタウン」と認知する(第二の「原爆ドーム」かも)。ある意味そちらの方が勇気がいる事なのかも知れない。
私も、がれき(南相馬市長もこの表現には反発をおぼえると言ってましたね)分散化には否定的です。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.02/29 01:56分 
  • [Edit]

FKさま 

身勝手で自分さえ良ければ良い私の意見は「基本的に危険度が低い物はともかく、可能な限り福島に押し付けろ」です。
たんに「絆」だとか「福島」を救えとかの奇麗事を言っている連中が放射性物質が微量でも含まれていれば絶対拒否の姿勢を取っている事を批判的に見ているだけです。
そういや受け入れ拒否している人達って、震災ボランティアの人達が放射性物質を地元に持ち帰った事についてはどう思っているんだろうね?
  • posted by D 
  • URL 
  • 2012.02/29 02:30分 
  • [Edit]

Dさま 

>私の意見は「基本的に危険度が低い物はともかく、可能な限り福島に押し付けろ」です。

意見一致ですね。
それを政府がやっていないから私は反対してます。

ボランティアメンバーが持ち帰ったことは許容範囲ですが、現地からの持ち込みにはクレームつけています。
「それでも」ならしゃあないけど。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/29 02:39分 
  • [Edit]

Dさま 

1.>身勝手で自分さえ良ければ良い私の意見は「基本的に危険度が低い物はともかく、可能な限り福島に押し付けろ」です。

身勝手で自分さえ良ければ良いという思考とは思っていませんよ。当然の思考です。危険度の低いもの以外はできるだけ福島で処理させるのは当然です。

次は福島原発で恩恵を受けていた首都圏自治体にできるだけ引き受けさせればいいと思います。石原は自分達も引き受けているのだから、全国も引き受けろ、という主張をしていると感じますが、私は彼らが引き受けるのは当然と考えています。恩恵を受けていた自治体とそれ以外を同列に扱うのは間違っています。ただ糞マスコミは石原のような主張で世論形成していると感じています。

私は最後にどうしてもという場合だけ、(福島原発からできるだけ離れた比較的安全性が高いと思われるガレキで輸送コストと処理能力に応じて)引き受けるべきものと考えます。

四国で地震による同様の事故が起こっても第一義的には愛媛県、次にその恩恵を受けている四国4県、最後にどうしてもという場合だけ他の都道府県にお願いするのが筋だと思っています。恩恵は自分たち、責任は皆で分散というのは逆差別と考えています。先ずは福島県、次には首都圏の自治体が福島原発から近い地域のガレキを率先して大量に処理する姿勢を示さなければ、他の自治体の住民の理解は得られないと感じます。

2.>そういや受け入れ拒否している人達って、震災ボランティアの人達が放射性物質を地元に持ち帰った事についてはどう思っているんだろうね?

震災ボランティアの人達の地元に持ち帰る放射性物質とは、【具体的に何なの】ですか?それによってお答え致します。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.02/29 09:56分 
  • [Edit]

土佐高知さんへ 

共産党の立場はどうなのですか?分散ですか?集中ですか?

批判だけなら石原以下ですよ。個人的には政府のガレキ福島中間貯蔵施設建設にも【いつものように反対】しているだけではないか、と思っています。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.02/29 10:08分 
  • [Edit]

 

私が問題にしているのは、事実を正面から捉えずに、ご都合主義反対論だけを展開して「拒否」するだけで、なんら被災地の問題処理に正面から取り組もうとも、考えようともしない人たち。とりわけ、自分が所属する「脱原発派」がそういう態度ではいけないと思うからこそ、「脱原発派」に対しての問題提起をしている。

例えば、瓦礫処理の遅れが被災地の復興の大きな妨げとなっているのは、厳然たる事実。私も岩手の現状を見てきたし、行政だけでなく被災地や現地のボランティアなどからも指摘されている事。以下のような現地の声を「環境省のマインドコントロール」などとレッテル貼って被災地の苦悩を直視できないようでは話にならないと思うね。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20120212_01.htm

「被災地で処理せよ」というのも、本当に現実を直視していない。
それで出来ればやってる。というか、すでに仮説焼却炉も作って可能な限りの処理はずっとしている。
それでも、全く追いつかないから、助けてくれと言っている事実、現実をきちんと見るべきだろう。

政府からの情報発信や対応が不十分なのは言うまでもないが、キチンと発信されている情報や事実すらも見ようとせず、福島原発周辺の大量汚染された瓦礫と、岩手や宮城のほとんど汚染されていない瓦礫まで同一視して「放射能汚染瓦礫」と決め付けて拒否しているのが今の状況。

で、環境省のHPでは、被災地での焼却炉の排煙の実測値が公開されているが、かなり汚染された瓦礫を焼却しても、測定限界以下のNDのレベルとなっている。福島の高汚染瓦礫でやっと検出限界ぎりぎりレベルのものが、出たり出なかったりする程度。はっきり言って、金属除去システムを備えた焼却炉なら、今広域処分が計画されている100Bq/kg前後の低汚染の瓦礫を燃やしても、排煙での環境汚染はほぼゼロである。
しかし、そんな事実も反対派は決して見ようとはしない。仮にこれが信用出来ないなら、信用できるには何が必要なのかを提起すべきである。
で、今度は「焼却灰は?」と言い出すのだ。
高濃度の焼却灰は、国が引き取りますと言っているし、その地域の元々の焼却灰と同程度の汚染なら、区別する必要もないだろう。つまり、解決させようという意思さえあるなら、どんな問題も落とし所は出てくるはず。

どんな素晴らしい策でも、その気になれば不備や心配事は必ずある。現状は、どんな事実や対案が出てきても、解決へ歩み寄る態度など最初からなく、「拒否」と結論が決まっていて、「信じられない」「こんな時はどするんだ」とあら捜しをするだけで、被災地の苦悩はそのまま放置。
そんな運動(家)は、被災地の現実を阪神の経験から知る私なら決して信用しない。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.02/29 10:28分 
  • [Edit]

ここで議論されている皆さんへ、 

福島の高汚染瓦礫処理問題は、また別の議論が必要ですが、今広域処理で、各地で反対運動が起きているのは、福島県の瓦礫ではなく、岩手や宮城のほとんど汚染されていない瓦礫です。

つまり、環境省が定めた基準値以下の低汚染瓦礫のみの協力がお願いされています。
そこの議論を混同しないようにお願いします。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.02/29 10:37分 
  • [Edit]

どこかで紹介したと思うけど 

陸前高田市長のインタビューの一部。
------------
戸羽市長 たとえば、がれきの処理というのは復興へ向けた最重要課題のひとつなわけですが、現行の処理場のキャパシティー(受け入れ能力)を考えれば、すべてのがれきが片付くまでに3年はかかると言われています。そこで、陸前高田市内にがれき処理専門のプラントを作れば、自分たちの判断で今の何倍ものスピードで処理ができると考え、そのことを県に相談したら、門前払いのような形で断られました。

――県が却下した理由は何なのですか。

戸羽 現行法に従うといろいろな手続きが必要になり、仮に許可が出ても建設までに2年はかかると言うんです。ただ、それは平時での話であって、今は緊急事態なんですね。こんな時にも手続きが一番大事なのかと。こちらも知り合いの代議士に相談をし、国会で質問をしてもらったのですが、当時の環境相も「確かに必要だ」と答弁してくれた。さぁ、これで進むかと思うと、まったく動かない。環境省は「県から聞いていない」と言い、県は「うちは伝えたけど国がウンと言わない」と言う。そんな無駄なやりとりを繰り返すうちに1カ月、2カ月が過ぎてしまう。ですから、どこが何をするかという基本的なことが、この国は全然決まっていないんですよ。
----------
こんなアホな国の姿勢を正すことが先決ではありませんか?

全国拡散、焼却オンリーの呪縛を解き放てば、様々な方策が出てきます。

現に陸前高田市のようなアイデアや、↓のような環境専門家の提案が出されています。
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-fnp10177...html

それを自分たちの机上の論理で一度つくった結論・方策にしがみつき、それ以外の異論・提案を封殺・拒否している政府・環境省こそ無責任かつ有害ではないでしょうかね?

それこそ3.11以前の原発安全神話と構造はおなじ「がれき=全国処理神話」ではありませんか。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/29 11:13分 
  • [Edit]

FKさんへ 

この問題での中央のまとまった見解は知りません。
ただこのあいだ細野大臣がこの問題で日本共産党控え室を訪れ、党へ協力を要請したときの市田書記局長の対応を報じた「しんぶん赤旗」記事を読むかぎり、基本は全国処理に賛成しているようですね。

でも、それは中央の立場であって、この問題で地方が従わねばならないということはないと思います。
処理をするのは本部ではなく、地方ですからね。

地方の利益を守るのは当然です。

>四国で地震による同様の事故が起こっても第一義的には愛媛県、次にその恩恵を受けている四国4県、最後にどうしてもという場合だけ他の都道府県にお願いするのが筋だと思っています。恩恵は自分たち、責任は皆で分散というのは逆差別と考えています。先ずは福島県、次には首都圏の自治体が福島原発から近い地域のガレキを率先して大量に処理する姿勢を示さなければ、他の自治体の住民の理解は得られないと感じます。

まったく同感です。
おなじことを市議会の委員会の聴取で発言してきました。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/29 11:23分 
  • [Edit]

だからこそ伊方は廃炉 

それを最優先に四国の住民はすすめなければなりません。

四国が死国になるなんてしゃれにもなりませんからね。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/29 11:30分 
  • [Edit]

 

>こんなアホな国の姿勢を正すことが先決ではありませんか?

作れるところには無論作れば良い。
政府も既に仮設焼却炉も作っているようですよ。
で、それで全てが解決できるのですか?
そして、なによりもどっちが「先決」などと言っている余裕が無いのが現実。一部の事例だけで全てが解決できると思うほうがどうかしています。
新規建設と広域処理を並行で行えば、一番早く処理できるはずなんですけどね。

>↓のような環境専門家の提案が出されています。

そういう現実性への精査は何もされていないアイデアの存在だけを示して、「政府がやらないんだから、オラ知ーらね」ってのが、今の反対派の態度。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.02/29 14:10分 
  • [Edit]

 

ははははは、やはり、「実践による検証」などと暢気な教条振り回すだけじゃ上手くいかんことにブチ当たるのが現実世界というもんなんだよな。

事の最奥には、事実認識と価値認識の同一性と差異なんて問題も転がっているんだから、実証主義者の哲ちゃんも田口冨久治や藤井一行クラスをやり込めてみせたからって天狗になってちゃマズかったってことなんだよwww

ま、「(政治)実践による検証」どころか「産業の歴史」にすら決着を委ねられないことが露呈している以上、本物の哲学者たちにご帰参願った方が賢明だろうね。
民主主義か愚衆政治かを即断して世論を説得・先導することは、誠に難しいんだよ。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.02/29 17:59分 
  • [Edit]

Looperさま 

>「被災地で処理せよ」というのも、本当に現実を直視していない。・・・

誰もそんな事は言ってませんよ。均等配分に異論を述べているのです。Looperさまが紹介してくださった河北新報の記事によれば、岩手県で476万トン(11年分の処理期間が必要)、宮城県で1569万トン(19年分の処理期間が必要)です。単純計算すると現状は岩手県で43万トン、宮城県で82万トンの処理能力しかないとうこです。だから分散が必要という主張も理解はできます。

ただ岩手と宮城のガレキ総計は2045万トンです。単純に47都道府県で均等分散すれば1県の負担は43.5万トンです。石原は東京都は50万トン引き受けるといって、でかい顔して他県も他も引き受けろと言っていますが、原発の恩恵を受けている事と、人口比などを考えると、香川県や高知県で43.5万トンの(放射能)ガレキを受け入ろ、という主張は支持されないと思っています。安全なガレキと考えるならどうぞ首都圏でできるだけ処理して下さい、というのが私の率直な感想です。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.02/29 19:37分 
  • [Edit]

瓦礫焼却は深刻な2次災害を引き起こす 

震災瓦礫の焼却は小児甲状腺癌の発生を引き起こす可能性があります。このことを政治家はわかっていないのでしょうか?それとも、わかっていながら、小児甲状腺癌の発症は被爆後4~5年なので、今は問題にならないと判断し、人の命、健康よりも経済優先で考えているのでしょうか?非常に悲しく思います。

チェルノブイリ原子力発電所の近傍にあるベルラーシ共和国で小児甲状腺癌の外科治療にあたられた菅谷昭医師(現在長野県松本市の市長)の報告によれば、原発事故の影響と思われる小児甲状腺癌の子供はほとんどが事故前に誕生した子供だったとのことです。

これは何を意味するのでしょうか?事故前に誕生した子供達は原発から放出され空気中を漂ってきた放射能を吸い込み、内部被爆が大きかった。一方、事故後に生まれた子供はすでに地面に放射能が落ちていたので、内部被爆が少なかったということを示しています。

日本と違って震災はなかったので、ベルラーシ共和国には瓦礫はありませんでした。従って、瓦礫を焼却することもありませんでした。日本では震災、津波によって生じた大量の瓦礫があり、これを放射能を閉じ込める能力のない通常の施設で焼却しています。

人口密度がベルラーシ共和国の6倍以上もある日本で放射能に汚染された瓦礫を焼却すれば、地上に落下した放射能を再び空気中に舞い上がらせることになり、深刻な2次災害を引き起こしてしまいます。

時間がかかったとしても放射能を閉じ込める能力を持った施設を開発し、これを現地東北に建設して瓦礫を処理すべきです。決して、瓦礫を全国に拡散してはいけません。

幸いにも放射能汚染をまぬがれた西日本の県および市町村は瓦礫を受け入れるのではなく、福島をはじめ東北の重汚染地区の人々を積極的に受け入れるべきです。
  • posted by 関西人 
  • URL 
  • 2012.02/29 20:18分 
  • [Edit]

FKさん 

>均等配分に異論を述べているのです。

岩手も宮城も環境省も「均等配分」なんて言ってませんよね。それぞれの自治体が可能な範囲で協力して欲しいとお願いしているのでは?

>ただ岩手と宮城のガレキ総計は2045万トンです。単純に47都道府県で均等分散すれば1県の負担は43.5万トンです。

その試算は全く実体を反映しておりません。
岩手の広域処理希望量は57万トン。
宮城の希望量は今のところ344万トン。
あなたの論理でも、全希望量の8分の1を受け入れるとしている東京都は、かなりの責務を果たしていると言えそうですね。

以下の資料でご確認ください。
http://www.env.go.jp/jishin/attach/waste_koiki_mat20120202.pdf
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.03/01 07:44分 
  • [Edit]

黄砂のほうが危険 

関西人さん、
少しは基本的知識を勉強してください。

>震災瓦礫の焼却は小児甲状腺癌の発生を引き起こす可能性があります。

ありません。
もしあるなら、福島原発事故以前から、60年代の核実験やチェルノブイリ事故後に世界中で小児甲状腺がんが大発生していたはずです。
当時どれだけ放射性セシウムで内部被曝していたかを以下の資料で確認してください。私の体もあなたの体も、生まれてからずっと、放射性セシウムで汚染され続けているのです。
http://www.rist.or.jp/atomica/data/dat_detail.php?Title_No=09-01-04-09
これが嘘だと思うなら菅谷先生でも、小出さんでも、今中さんでも良いので確認してみてください。

で、チェルノブイリでの甲状腺がんの原因は、放射性ヨウ素での大量内部被曝だと言われている。で、いまの瓦礫の放射性ヨウ素は、ほぼゼロです。野焼ですら出てきやしません。

セシウムも焼却炉の排ガスからは検出限界以下の量ですから、中国から黄砂に混じって飛んでくる放射性セシウムの量のほうがはるかに多い。
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result24/result24_68.html
これによると、近年では1ヶ月に最大0.82Bq/m2の降下があったようです。
焼却炉から漏れるだろう分は、こうした定点観測でも誤差範囲に収まる程度でしょうね。

でも、こういう厳然たる事実がいくら示されようとも、「危険に違いない」と結論を固定されているこのような方が、自分の認識を見直すことが無いことは存じております。

関西人さん、焼却炉からのセシウムが怖いのであれば、黄砂で放射性セシウムが飛んでくる西日本からは逃げたほうがいいですよ。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.03/01 08:32分 
  • [Edit]

Looperさま 

1.>岩手も宮城も環境省も「均等配分」なんて言ってませんよね。

そうですよ。貴方が優先順位をつけないから均等配分だと誤解を招くのです。そもそもの私の貴方に対する質問は優先順位の質問です。回答はありませんよ。

2.> その試算は全く実体を反映しておりません。
岩手の広域処理希望量は57万トン。
宮城の希望量は今のところ344万トン。
あなたの論理でも、全希望量の8分の1を受け入れるとしている東京都は、かなりの責務を果たしていると言えそうですね。

そもそも河北新報の記事を紹介したのは貴方ですよ。試算が全く反映されていないのであれば最初から紹介などしなければよいのです。

また実態を反映している岩手の広域処理希望量が57万トン、宮城のそれが344万トンでしたら合計で401万トンです。仮に東電の福島原発の恩恵を受けてきた首都圏自治体で東京都と同じように50万トンづつ 引き受ければ殆ど解決する問題ですよ。

貴方は具体的に高知県はいくら引き受けるべきとお考えなのですか?根拠を示してお答えください。量と質によっては引き受けを納得する人も出てくると思いますよ。(真意は分かりませんが)土佐高知さんも阿波太郎さんも1グラムたりとも引き受けは絶対ダメ、という見解ではないと思っています。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.03/01 12:37分 
  • [Edit]

 

>そうですよ。貴方が優先順位をつけないから均等配分だと誤解を招くのです。そもそもの私の貴方に対する質問は優先順位の質問です。回答はありませんよ。

自分の間違いを人のせいにするとは、なんとも情けない。
「優先順位」?、そんなもの要らん。
そもそもの発想が違うのですよ。
責任を押し付けているのではないのですから。
「助けてください」という声に、それぞれが応えられる範囲で行動を起こすかどうかという問題です。

そういう下らない責任議論を始めたら、「交付金たんまり貰ってたんだから、地元で片を付けろ」って話にもなりまっせ。

>貴方は具体的に高知県はいくら引き受けるべきとお考えなのですか?

もう分かったでしょ?
「引き受けるべき」量などありません。
それぞれの自治体が自ら決めることです。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.03/01 13:13分 
  • [Edit]

で、「責任政党」として採るべき対応は? 

近年は左派陣営内部どころか共産党内ですら対立を引きずる難題が頻出している。今回のがれき処理問題もその一つとなろうか。
民主集中制を建て前にしているここのブログ主も「『しんぶん赤旗』記事を読むかぎり、基本は全国処理に賛成しているようですね。でも、それは中央の立場であって、この問題で地方が従わねばならないということはないと思います。 処理をするのは本部ではなく、地方ですからね。 地方の利益を守るのは当然です。 」などと、つい本音を漏らす有様である。

で、諸兄は、政党の政策論としてはこの問題をどうすべきだと考えるのであろうか?
まさか、全国政党が地方自治体や地方党組織に向かって「良きに計らえ!」で済ませられるとお考えではあるまい。
ご高説をぜひ、拝聴したし。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.03/01 17:35分 
  • [Edit]

Looperさま 

1.>「優先順位」?そんなもの要らん。

平行線ですね。私は福島原発の恩恵を受けていた首都圏自治体と全く恩恵を受けていない遠く離れた高知県とを同列に扱うのは反対です。

おっしゃるようにガレキの放射能汚染はほとんど問題ないのかも知れません。ただ政府や貴方が『安全ですよ』と言っても信用されていないのですよ。安全なら先ずは首都圏自治体が原発から近い地域のガレキを大量に引き受ければいいのです。それを行った後でどうしてもという場合は、高知県も引き受けをしなければならないとは思っていますが、貴方の主張は論外です。

2.>もう分かったでしょ?
「引き受けるべき」量などありません。
それぞれの自治体が自ら決めることです。

全然分かりませんよ。それぞれの自治体が勝手に決める事にしているから、処理がほとんど進まないのではありませんか?

大雑把な試算ですが、仮に首都圏自治体で320万トン処理しますから残り80万トンは残り40の道府県に願いします、と言うのであれば均等配分でも1県当たりの受け入れ量は約2万トンです。

そういう提案なら私は支持しますよ。量など関係ない、とする貴方の主張は支持できません。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.03/01 20:10分 
  • [Edit]

 

自己責任論の次は今度は連帯責任論かよwww
同じバラの園の中に立っての対立じゃ「自民vs民主」の田舎芝居じゃんかよw

こりゃ日本人にゃ沖縄も福島も手に負えんということかな?www

  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.03/01 22:33分 
  • [Edit]

FKさん 

>私は福島原発の恩恵を受けていた首都圏自治体と全く恩恵を受けていない遠く離れた高知県とを同列に扱うのは反対です。

そう信じるんだったら、あなたは高知県に2万トンだけ受け入れろという働きかけをすれば良いんじゃないの?
それで自分たちの責務が果たせると思うのならね。

私はそういう思考は決してしませんが、どんな論理であれ、どんな量であれ、自らの判断で受け入れてくれる自治体が生まれるならそれは歓迎します。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.03/02 00:49分 
  • [Edit]

Looperさま 

1.>そう信じるんだったら、あなたは高知県に2万トンだけ受け入れろという働きかけをすれば良いんじゃないの?
それで自分たちの責務が果たせると思うのならね。

ご不満のようですね。それでは具体的に貴方は何万トン高知県が引き受ければ責務を果たしたと考えているのですか?5万トンですか?10万トンですか?30万トンですか?お答えください。

2.>私はそういう思考は決してしませんが・・・

貴方の思考はどういうものですか?高知県は処理能力に応じた責務を果たせということですか?それならば先ずは福島原発の恩恵を受けていた首都圏自治体に最大限の責務を果たせ、というのが筋だと私は思っています。

だから、「優先順位」?そんなもの要らん、と思考する貴方とは平行線と述べたのです。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2012.03/02 07:47分 
  • [Edit]

 

横から失礼します。

>同じバラの園の中に立っての対立じゃ「自民vs民主」の田舎芝居じゃんかよw

私が勘違いして捉えているのかも知れませんが・・
FKさんとLooper さんは、同じバラ園ではないと思います。
FKさんの主たる支持政党も共産党ではありませんし・・。
私も最初は戸惑いましたが、土佐高知さんのこのブログのコメンテーターは、殆どが純然たる共産党支持者ではありません。むしろ批判的な人が殆どです。
ま、それがこのブログの面白いところなのですが。(笑)
・・・以上。失礼しました。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.03/02 08:15分 
  • [Edit]

FKさん 

>ご不満のようですね。

考え方は違っても<歓迎しますよ>と言っているのですけどね。
それに考え方は違う事自体に不満などありませんし、合わせる必要もありません。違いは違いとして認めれば良いのです。
だから、自分は考え方の違いを批判しているのではない。ここのブログ主のような、事実を押さえない議論を批判しているのです。その上で反対論を主張するなら、傾聴に値しますが、環境省が敵だと思うなら、そこの資料をせめて押さえてから批判しろと言ったら、「はじめに環境省ありき」などという的外れを言い出す有様では、ブログ主にそれを期待しても無駄だとよく分かりましたよ。

>それでは具体的に貴方は何万トン高知県が引き受ければ責務を果たしたと考えているのですか?

あなたも自分の論理でしか物を考えられないのですかね?
そんな「責務」という考え方を自分はしないとすでに宣言しています。
そういう考え方をしない以上、「責務を果たすための量」などというものも存在しようがない。

>貴方の思考はどういうものですか?

もう表明済みなのですが、再度書いておきます。
それがあなたのような「責務」との考えからでも、支援との考えからでも、他のどんな考え方からであろうとも、自治体がその引受け量を自ら決めることが大事なんだという主張です。

そうして決めた量なら、100kgだろうが100万tだろうが、量を問わず歓迎すると言っているのです。

そういう考え方をしている私に、均等押し付けか、優先順位を付けた押し付けかという質問や、どれだけの量を引き受けたら責任をはたせるのか?という質問が、意味をなさない事もそろそろご理解ください。
そもそもの立ち位置が「違う」のですよ。
  • posted by Looper 
  • URL 
  • 2012.03/02 08:25分 
  • [Edit]

バラの園 

>阿波太郎さん

>FKさんとLooper さんは、同じバラ園ではないと思います。 FKさんの主たる支持政党も共産党ではありませんし・・。

「バラの園」とは、ヨーロッパキリスト教圏などで「妄想世界」のような非現実性を指す言葉です。左翼業界での使用例としては、例えばソ連盲従主義者のアメリカ共産党委員長ガス・ホール氏を批判した旧イタリア共産党論文の題名「ガーデナー(庭師)・ガス・ホールのバラの園」などがあります。
論争当事者が両方共産党員だという含意ではもちろんありません。
ご親切心には感謝します。
(古寺多見さんのサイトで話題に成ってるラミスと池澤の9条論が、共に「バラの園の中」の議論の典型です)
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.03/02 09:42分 
  • [Edit]

バラバラバラバラ、バラ咲いたぁ?♪~w 

ちなみに、この件でのやりとりがナゼ「バラの園」の中の出来事なのかというと、論争当事者双方が「現実」だと考えている事が「『軍事力による自衛』や『核抑止』が現実だ!」と思い込む改憲派の妄想ともさして違わないようだからです。
「現実」の通念こそ、よく吟味反省してみよ、ということですねw
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.03/02 10:25分 
  • [Edit]

 

バッジ@ネオ・トロツキスト さん

御丁寧な返信ありがとうございます。
不勉強痛み入ります。(恥)
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.03/02 10:27分 
  • [Edit]

打開策提起の責務と資格 

はははは、「バラの園」なんか知ってる西欧カブレや文化人左翼なんて、今の日本じゃまずいませんよね。オレも偶然聞きかじったこと受け売りしただけですから勉強してるわけじゃありませんよwww

ただね、この問題、方針に説得力具備出来るのは、反原発派だけだと思うんですよね。国民は、自公や民主みたいな原発推進してきた「前科者」がいくら何を提起しても信頼寄せないでしょ?どうです?
だから、共産や社民の政策立案能力がとりわけ問題になるんですよ(ま、共・社も「反原発」勢力として胸張れるぐらい一貫してたわけじゃないんだけどねwww不破も福島も本当はウソつきですwww)
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.03/02 14:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ