FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

「高新」は何を得たか?

【「高知新聞」暗黒史⑧】
山原健二郎さんが病床にあって、「さるとび日記」を書き続け、党員や親しい人たちに送り続けていたことは知られている(そのなかにマスコミ関係者がいても不思議ではないし、須賀政治部長もその一人だったという話は誰かからきいたことがある)。

だが、革命的共産主義者同盟中核派に属していた、かの人物にそれを送っていたということは知らない(これは当ブロガーが知らないだけかもしれないが…)。



個人と歴史
山原さんが病床でどんな思いであったのかは、色々な受け止め方がある。
当ブロガーの感想を言わせてもらえれば、山原健二郎さんは、高知県が生んだ巨大な政治家であった。当ブロガーも大いに影響をうけた人物である。
だが、それは盲目的に彼の一言一句を絶対化することを意味するものではない。一個人を絶対視しないことは、およそ民主主義者を自認する人であれば当然のことだ。

制約された状況と言動
率直に言えば、晩年の山原さんは、病床にあってもするどい観察眼と政治性をもっておられた部分とともに、現実政治にたいする見方ではかたくななところも少なくなかった(それは彼の特性の一つでもある)。それは病床にあってかぎられた情報しか得られなかったこと、集団的な論議の場に出られないことから自説に対する客観的な見方を欠いていたこと、そして何よりも病床にあった山原さんにたいする周囲の気づかいから反論を慎んできたことによって、いっそう強まっていた。それは少なくない党員の心を痛めたであろう。その一方で、山原さんの晩年を傷つけまいと党や周辺が努力していたことも当然だ。

死者を鞭打つ須賀論文
許せないのは、こうして山原さんの晩年の極めてかぎられた状況におかれたもとでのあれこれの言動をつかって、彼がその一員として生涯を全うした日本共産党の攻撃に活用しようとする手法である。
しかも、反共ネタを仕入れるためだけに山原さんの墓参のふりをして、墓所を訪れる――その行為は二重に山原さんを傷つけることである。
いやしくもジャーナリストであるならば、病床にあった山原さんの言動ついて、山原さんへの「思いやり」があってしかるべきではなかったか。

それすらかなぐり捨てて書かれた、こんかいの一文は、須賀仁嗣氏自身の人格を下げたし、「高知新聞」そのものの品格を下げた。
「高知新聞」は、投書欄の紙面だったが、3月15日に日本共産党佐竹峰雄県委員長の反論文を掲載した。これはこの人もいっているように「英断」の一つだと評価したい。それだけ須賀政治部長の一文は、ひどかったということだろう(つづく)。


★参考サイト(高知民報)★
高知新聞の中傷に対し共産党県委が反論文掲載申し入れ

22 問われたメディアのあり方(最終回)

百条委と知事選の取材メモから

土佐山田ゴルフ倶楽部ヤミ立替問題

経営のツケを町民の税金で穴埋 土佐山田町が土佐山田ゴルフ倶楽部に4200万円のヤミ立替 経営陣に大旺・中谷健氏、高新社長、自民党・依光隆夫県議

★参考サイト(その他)★
インサイド 激震の底流

山原健二郎さんを冒涜するな

写真は語る

今日で市議会閉会へ


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

「分断工作」を仕掛けたのでしょうね 

  橋本知事を支持する人たちは政党の枠に囚われない人たちの集まりですね。3月22日の「出版記念会」にも支持党派関係なく大勢の市民が来ていました。共産党の皆さん方にもお会いしました。
 あえて共産党の「カリスマ」である山原健二郎さんを引き合いに出すことで、オールド共産党原理主義者の記憶を呼び覚ますと同時に、橋本さんの支持者にある「反共」
意識を呼び覚ます効果を狙っています。
 もう来年の知事選挙は始まったのですね。

するどいご洞察だと思います。 

そうですね。
そういう効果をねらっているのだと思いますよ。
じっさいにそれに釣られた人も何人かいましたし、
須賀さんの政治性は、そこにも現れていると思います。

知事の新しい本は、買って来ました。
なかなか面白いです。
感想はいつか書こうと思っています。
「橋本大二郎」論は、このシリーズ記事の
もう一つの公約ですから…。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2006.03/28 16:09分 
  • [Edit]

松尾さんはご出馬されますね 

 ホテルの社長さんに納まる人ではありませんね。最近は、WBCの日本を引き合いの出し「韓国に2敗しましたが、最後は勝つ」ようなことを側近の皆さん方が言われていますね。
 須賀記者はその流れをこしらえるべく、山原さんを引き合いに出し、日本人に染み付いている「反共アレルギー」を呼びさまそうとされたのですね。同時に共産党原理主義者のプライドも傷つける行為もしています。
 こうしたメディアを「私物化」する行為は許されるものではありません。徹底的にそのあざとさ、浅はかさを暴露していきたいと思います。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

どうする橋本大二郎高知県知事?

 昨日は橋本大二郎高知県知事の自伝「融通無碍」の出版を祝う会に出席しました。青

融通無碍(ゆうずうむげ)の読後感

 3月2日の橋本大二郎さんの「自伝出版記念パーティ」で本を土産にもらってきまして

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ