FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

私論「司馬史観」

「功名が辻」論争の支流として、司馬遼太郎氏の作品について私論を述べてみたい。
まず、当ブロガーと司馬遼太郎氏の作品との関係についてだが、最初に読んだのは、「関が原」である。

彼のヒット作である「竜馬がゆく」は、なぜだか敬遠していた。



「関が原」を読んだのは、テレビドラマの加藤剛三成と森繁久弥家康の「関が原」に触発されて読んだものだが、実に面白かった。
登場人物が生き生きとしていて、テレビではわからない人間の心の機微もよく描き出されていた(テレビ版で山内一豊を演じていたのは千秋実だった)。
それにつられて読んだのが、「城塞」である。
これは「関が原」の続編に当たり、大阪冬・夏の陣をえがいたものだが、これも面白かった。

そのあとしばらく遠ざかっていて、「坂の上の雲」を読もうとしたが乗り切れず挫折。
かわりに「竜馬が行く」を全集で読んだ。
たしかに面白かったが、あまりにもカッコよすぎで乗り切れなかった。ただ若いころに読んでいたら、ちがったかもしれない。

竜馬ものでは、司馬竜馬に心酔した武田鉄矢が書いた小山ゆうの「おーい竜馬」が面白かった。これも竜馬はカッコいいのだが、子どものころのダメ竜馬が描かれていて共感がもてた。
余談になるが、武田鉄矢は竜馬をやらせたらいいと思う。
映画の「青春グラフティRonin」で演じているが、テレビ版「青春グラフティ」がよかった。
北小路竜馬もいいけれど、あの土臭い熱血ぶりには共感できる。

話はそれた。
さて、そのほかに「街道を行く」の南予・西土佐編と、「夏草の賦」を読んだに過ぎない当ブロガーが、司馬遼太郎を論じるのはおこがましいが、どちらかというと好きな作家の一人である。

その彼の歴史小説を「司馬史観」と呼んで批判する人たちがいる(不破哲三氏もその一人である)が、妙に違和感を感じる。
つまり、彼の小説は歴史観というだけ緻密に構成されているか、という問題である。

どちらかというと、司馬遼太郎氏は、人間ドラマ、娯楽性の方を重視しているのであって、時代考証や流れについてはズサンなところもある。
「竜馬が行く」はその典型であって、小説では彼は若いころに四万十川に来たことがあるとなっているが、史実にはない。

また「功名が辻」である。
これもパラパラと読んだだけだが、歴史考証はズサンなところがある。
たとえば、千代の父親と一豊の父親が違っていたり、一豊が高知にはいってからの出来事だが、滝山騒動がさきで、種崎の虐殺はあとになっている。

司馬氏自身も史観と呼ばれることに違和感を感じていたことを、どこかで読んだことがある。

だから、司馬文学はそこのところをわきまえて読むことが大切だと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

はじめまして。 

はじめまして。

人気ブログランキング・ランブロの管理人です。

このたび、アクセスアップにお役に立てるよう、人気ブログランキング・ランブロを開始しました。

まだ、開始したばかりですので、登録数などは少ないですが、これから、登録数などを増やしていきたいと考えております。

そこで、登録して、ご利用いただけたら、と思います。

よろしくお願いいたします。
  • posted by 人気ブログランキング・ブログ検索「ランブロ」管理人 
  • URL 
  • 2006.03/27 14:39分 
  • [Edit]

 

「司馬史観」などと持ち上げることには、私も反対です。というか、違和感を持ちます。所詮オハナシ、楽しく読める人は楽しく読めばいい。もっとも私は司馬遼太郎は嫌いですが……(登場人物がカッコよすぎるのでね。カッコ悪い人間も、それなりにカッコよかったりする)。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[アンケート]政府を批判すると密告で逮捕されかねない国に住みたいですか?

【平和と民主主義を考えるための覚え書き】Vol.042  (32+61)部  日本の民主主義の危機的状況は依然続いております。  大一番は来週に持ち越しとなりました。  押し切られないように、民主主義を守り抜く必要があります。  自民党や公明党に法律の恣意的解釈権を与

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ