土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

スターリン化を誰が防ぐか?

このあいだの不破さんの「古典講座」。納得するところは少なくないのだが、優秀な先輩た

ちの理論を聞かない「アホな後輩たち」で終わりでいいのか?そこが足りないのは何かが深められていないのは多いに不満。

まず応援のクリックをお願いします!


仮に不破さんが正しい理論家・革命家としても、それを理解しない連中がいたらどうなるの?
志位さんがベルンシュタインだったり、スターリンだったりすることを防ぐにはどうするの?
そこは全く解明されていない。

そういう面ではいろいろ論じているが期待はずれ。
日本共産党の若い活動家たちは分かっているのだろうか?

そこは置くとしても、きわどいことまでいっているので、深めた講義だとは思った。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

~共産党は個人の意見など求めない。個人は共産党組織のための歯車・家畜であって指導部に従っていればよく、従わない者は排除される。これが「組織の論理」。指導部は「優秀」、個人は「部品」。指導部がアホになった瞬間、組織が瓦解する仕組み。 民主主義と相容れない~

あるツイッターにこんな意見が載ってました。もしこれが誤解だとしても、この類のことを思っている人って結構多いのが現実。この手の意見を共産党の人たちは不快に思うでしょうが、だからといって向き合わうことを怠っていれば支持は広がらないでしょうね。「自分たちはいいことしている」と自己満足しても、人は付いてきません。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2012.01/29 16:04分 
  • [Edit]

 

現在の日本共産党はいずれ歴史の砥石によって削られるでしょう。それは確かなことだ。だからといって、今有るもの、到達点、を否定しようとは私は思いません。それは、私が残念ながら歴史的存在でしかないからです。

 

日本共産党が政権を取った時、その政権が旧共産国家のようなのものにはならないなどという保証はどこにもないわけで、やはり民主主義というのは不断の努力で守っていくしかないのだと私は思いますよ。共産党が政権を取るなんてことは考えられませんけどね。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2012.01/30 20:26分 
  • [Edit]

 

ブログ主さんご無沙汰です。お元気ですか?
貴兄のブログ、思い出したのでまた時々お邪魔させてください。

>日本共産党が政権を取った時、その政権が旧共産国家のようなのものにはならないなどという保証はどこにもないわけ

コミュニストさん、残念なことに問題は将来の「政権を取った時」の事なんかじゃないんですね。
「政権を取る前」の現在でも、党内事情に精通する機関メンバーや「上級」経験者になればなるほど見えて来る事があります。
機関や大企業内の党組織、「民主経営」の支部などでは現在でも相当の官僚主義化や堕落、腐敗が散見されます。

党が出来て100年近くも経てば、万年野党でも立派にソ連化、中国化(北朝鮮化もか?)するんですね。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.02/23 21:50分 
  • [Edit]

ごくろう。 

組織は客観的存在であることを知ることから、出発すべきと思いますね。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/24 01:01分 
  • [Edit]

 

>組織は客観的存在であることを知ることから、出発すべき

はははは、悪しき客観主義の免罪ですか!
ま、小選挙区制並みに民意を歪め圧殺する「民主集中制」なるもので組織方針や役員を決めているような組織じゃ、非武装闘争の時代に社会から取り残されるのも当然ですよねwww
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.02/25 09:19分 
  • [Edit]

 

生きているのか?共産党!

う~~~~~~ん、組織のごちゃごちゃはもういい。(肝心?)
議席が少なくなっただけで、これ程に発信力が弱くなったのでしょうか。
ど腐れ民主党の醜態&バカが目に余る毎日。そして、中身はともかく毎日発信しまくる橋下市長。

目立てよ!共産党!・・・暴れろ、小沢!(笑)
政界シャッフルだ。 暗鬱たる毎日。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2012.02/25 09:37分 
  • [Edit]

まあね 

共産党は戦う組織だから、そういう組織形態はありで、それと国家の代議制度を混同させるなど、ほんとうに君はトロツキストなのかな?

わが愛するトロツキーが聞けば苦笑するだろうよ。
笑止千万な議論はお断りだ。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2012.02/26 01:42分 
  • [Edit]

 

>共産党は戦う組織だから、そういう組織形態はありで、それと国家の代議制度を混同させるなど、ほんとうに君はトロツキストなのかな?

独断的なレッテルを貼るだけで逃亡ですか?w

議論は、20世紀左翼が常用してきたいわゆる民主集中制なるものが、組織の方針決定や人事選考に際して構成員の意思・意見を正確に反映し得たかどうか、という論点に移動してきているのでしょ?違いますか?

貴兄は「多数派総取り」が不問にされるアメリカ大統領選挙の予備選のような「民主主義」にさえ疑問を感じられないほどの現状追認派なのかね?
「国家の代議制度との混同」!!??
貴兄は、いったい何を言いたいんだね???

なお、「スタ・トロどっちもどっち」論にしがみつく貴兄は、「レーニン最後の手紙」や20回党大会時に行われた不破の荒川サンパール講演なども再読してみたまえ。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.02/26 10:40分 
  • [Edit]

 

貴兄の読解力や現状把握能力には大きな疑問があるから付言しておくけどね、民主集中制の問題性、反民主主義性とは、「多数派総取り」が不問にされるアメリカ大統領選や小選挙区制同様に理論的には少数派による多数派支配さえ可能になる点なんですよ。つまり転倒の可能性や現実化という大問題。
アメリカ大統領選挙ではブッシュ再選時に実際に起こったでしょ!そう、全有権者レベルでは比較少数の支持しか得られていない選択肢が、多数派や勝者を僭称出来てしまう。
完全比例制とは異なり、州や支部のような「選挙区」毎に「一票の格差」が必然化する小選挙区制やアメリカの大統領選挙、「民主集中制」などではそういう弊害が不可避なんです(ま、民主集中制の弊害はそれだけじゃないけどねw)。
  • posted by バッジ@ネオ・トロツキスト 
  • URL 
  • 2012.02/26 11:13分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ