土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

世襲王朝3代目を考える

きょう昼過ぎにビッグニュースが流れた。北朝鮮の金正日朝鮮労働党総書記が、心筋梗塞で

なくなったというニュースだ。69歳。父親の金日成もおなじ心筋梗塞だが82歳。それにくらべても若すぎる死だ。

まず応援のクリックをお願いします!

ツイッターでは、ポルポト、サダムフセイン、カダフィも69歳で死んだという話題が出ているが、ここでは「金王朝」3代目の問題について考えたい。

北朝鮮では息子の金正恩氏が後継者となるのは規定方針らしく、朝鮮中央通信も悲しみのなかに「我々は金正恩同志の領導により、悲しみを力と勇気に変え、今日の難局を勝ち抜き、主体革命の偉大な勝利のため、もっと力強く闘争していくだろう」との軍関係者の声を紹介している。

しかし、そううまくいくだろうか?
金正恩氏は27歳。
朝鮮人民軍大将、朝鮮労働党中央委員会委員、朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長とのハクはあるが、実態はどうなんだろう?
父の金正日総書記が父親の跡を継いだのは53歳のとき(1994年)。しかも、1960年から党務、1973年から中央委員として表に立って実績を積んできた経過がある。
それにくらべるとあまりにも心許ない金正恩氏である。

だいたい近代国家で世襲が幅をきかすこと自体がマユツバであるが、歴代王朝などの世襲3代目を振り返ってみよう。

まず日本。
鎌倉幕府一代目将軍は源頼朝。
二代将軍の頼家は失脚後に暗殺、三代将軍実朝も頼家の息子によって殺された。
いずれも実母を交えた家臣団の主導権争いが背景にあったという。

室町幕府一代目将軍は足利尊氏。
三代将軍は義満だが、彼は南北朝の混乱を乗り切って、幕府の基盤を築いた祖父と父・義詮の実績に乗っかって北山文化を花開かせた。
おなじことは江戸幕府三代目の家光にも言える。

足利義満も徳川家光も、初代、二代目がそれぞれ政治基盤を盤石にしてくれたおかげで、多少「世間知らず」でも絶対権力を行使することが出来た。

それは中国の王朝のなかにもみえる。
清朝は初代ヌルハチ(太祖)、二代ホンタイジ(太宗)をへた三代目は順治帝だが、「清」と国号を改めての三代目康熙帝から五代目まではもっとも清国が栄えた時代だったという。
それらは三代目の素質もあったとも言えるが、初代、二代の苦労のうえに政治基盤が安定していたことも大きな理由だろう。

中国王朝の幸運な三代目はこれくらいなもので、宋、元の三代目はパッとしない。

悲惨なのは秦三代目・子嬰、漢三代目・恭、隋三代目・恭帝。
殺されたり廃位させられている。
唐三代目・高宗は、妻の武則天の専横を許し、明三代目の成祖永楽帝は二代目の建文帝を殺して政権についた。
分裂王朝の三代目の運命も総じて悲惨である。

朝鮮の李王朝三代目・太宗は「幼少時から聡明かつ冷静沈着な人物として知られ、父が在位中はその補佐に当たった。父が隠退した後、兄弟や功臣を排除し、さらには後を継いだ定宗(チョンジョン)に圧力をかけて譲位させ(第1次王子の乱・第2次王子の乱)1400年、国王となった」(ウィキペディア)。

世襲王朝につきものは血族同士の陰陽の争いである。
近代天皇制三代目の昭和天皇もそれに悩まされたフシもある。

このように世襲の場合は国家機構が整備されていればトップが凡庸でも、それなりに機能するだろうがそうでなければむき出しの権力闘争が起きる。
くれぐれも暴発せずソフトランディングできるように、注意深く見守りたい。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

お昼休みに近くにあったテレビで知りました。
何かあると真っ先に聞くのが同僚のヒコーキオタク。こいつが結構正確な情報を持っています。
17日に亡くなったと発表がありましたが、何かが起きている事は認識してたそうです。
ミサイルの軌道を計測する特殊なレーダーを装備し、アメリカ軍が僅かに2機だけ保有する通称コブラボールが来ていたのでそうです。それによって、北には何か緊張があるとアメリカも掴んでいた様です。それと、もうひとつこのオタクに聞いたのは、権力の移譲が完成していたのかと言う点。
私はここ数年のパフォーマンスから完成していたと思っていたのですが、オタクに言わせるとかなり不安定な状態の様です。そうなると、不測の事態と言う事にもなりかねません。

それと、これは私の憶測です。数年前に重病が伝えられたキム・ジョンイルはその時点でもう死亡していて、権力の移譲を行う間、影武者を立てて反発を押さえ込んだのではないか。
キム・ジョンイル亡き後、幾つかの権力の核が表向き納得させられるのは、彼の国では世襲以外に考えられません。選挙などは異次元の出来事でしかない国ですから。
そして、個人としての側面よりも、権力はそれを支えるバックボーンと言うものが大切です。
ノーメンクラツーラなり、産軍共同体なり、集団としての特権階級が、あの国にも存在します。実際はこれらの中小の権力が束ねられて独裁を支えています。キム家の総資産がダントツにしても、特権階級の資産も侮れない額に達していると考えられます。
そして、なによりも日米韓の共通の利害は、現政権と体制の維持です。3カ国は引き続きこの体制を支え続ける事になると思います。
もし、比較的に穏便に崩壊したとしても、山口組の数十倍の資産と5万人の特殊部隊員が野放しになる訳です。経済的にも治安の面でも恐ろしい事になります。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.12/19 21:34分 
  • [Edit]

ヒロユキさんへ 

>・・・オタクに言わせるとかなり不安定な状態のようです。不測の事態という事にもなりかねません。

私は専門家でないので実際の所は分かりませんが、本当に一発触発の展開になれば、出来るだけ短期で戦闘を終結させるのがベストと思っています。そこで、次の順で被害(日・米・韓・北の総合)が少なくなると仮定します。

1.日・米・韓の3国の先制攻撃

2.北の攻撃があって日・米・韓の反撃

3.戦闘は米・韓、日は後方支援

4.日は自国が攻撃されれば参戦

質問ですがヒロユキさんはどれを支持しますか?
反論は致しません。答えたくなければ答えなくて結構です。

私は今の所、国連の承認があれば1、なければ2を支持しています。土佐高知さんや阿波太郎さんにもお聞きしたいです。批判には応じますが、その場合
は質問に答えてからにして下さい。

私は左翼の人達でもこういう議論は必要と思っています。9条を守ろう!という精神は理解できますが、それで全てが解決できるというのは、原発は安全です、と言っておいて不測の事態に対応できなかった今回の原発事故に似ていると感じています。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2011.12/20 19:23分 
  • [Edit]

 

開戦はかなり確率が低いと考えています。理由は現体制を米韓日が支えなければならないと考えているので。当然、北も現状維持を望んでいると考えるからです。
しかし、色々な側面から考える事は意味があると思えますから、FKさんのシュミレーションに沿ってかんがえてみます。

3を選択するのが現実的と考えるのが多数派だと思います。
4が最も安全です。何故なら、純粋に戦争が起こった場合、それぞれの国民感情と利害を考えると、日本が参戦した場合、日本対米韓北の連合と言う図式も出来上がる可能性があるからです。アメリカは他のスレッドでもあった様に、理由なしに戦争を仕掛ける国です。イラクの石油が欲しいから戦争をしてぶんどった訳です。韓国や北を占領しても、何も得られないどころか逆に面倒を見なくてはならないけど、勤勉で従順な奴隷が1億2000万も手に入れば、一挙に財政赤字も消し飛びますから。中国にも参戦を呼びかけ、懸案だった中国との共通の敵を作り上げる事ができます。韓国は北が同胞ですから、正義の理由は後で幾らでもとってつけられる。
そうするとロシアも正義の戦いに参加するでしょう。
これらの国は、北の猿芝居の悪役ではなく、本物の悪役が現れる事を望んでいます。ここで言う悪役は本来の意味の悪とは無関係ですが。私が考えると、こんな極論になってしまいます。開戦がそれぞれの国にとってどの様な利益をもたらすかを無視した場合です。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.12/22 23:47分 
  • [Edit]

 

ヒロユキさんへ

お返事ありがとうございます。

大変参考になりました。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2011.12/23 01:27分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ