土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

第3次伊方原発行政訴訟

伊方原発のある「愛媛新聞」が「新たな伊方原発訴訟 国策追従の過ち 司法も清算を」と

題する社説を掲げた(12月9日)。それに触発されて伊方原発訴訟について書きたい。

まず応援のクリックをお願いします!

「愛媛新聞」の社説も書いているが、こんどおこされた伊方原発運転差し止め訴訟の原告の規模はハンパじゃない。
原告300人、弁護団は100人を優に越える。
しかも、この訴訟を知った人たちからは、次々と「原告に加わりたい」との声が寄せられ、「伊方原発をとめる会」では第二次原告募集も検討しているという。

そうなればどれだけの規模になるか予想もつかないが、過去2回の訴訟が1回目(1973年8月提訴、原告35人)、2回目(1978年6月提訴、原告33人)だから、いまでもほぼ10倍。

社説は「行政訴訟ならば原発の基本設計しか判断しない。行政に高度な裁量を認める。科学論争へ不用意に足を踏み入れない消極姿勢は延々と」との伊方訴訟の司法の判断が、その後の原発訴訟の流れをつくったことを指摘して「全電源喪失による炉心溶融の危険性。地震や事故への想定の甘さ。推進ありきの安全規制の矛盾。放射性物質の放出と健康被害の懸念。福島原発で起きたことのすべてが、伊方訴訟の争点だった。司法は行政監視の役割を積極的に果たしてきたか。法の専門家として、原発裁判の審理のあり方から省み、国策追従の過ちを清算するときだ」として、福島原発事故を「見逃してきた」司法の怠慢を厳しく糾弾している。

社説は「司法不信を決定的にもした。1号機の審理をほぼ終えた当時の松山地裁で担当裁判官の全員が不自然に交代した。この人事には最高裁の介入が指摘されている。言うまでもないが、司法の独立を自ら無に帰すような愚を繰り返すべきではない」としている。

この「交代劇」は知らなかったが、それに加えたいのは第1回目訴訟で最高裁が原告敗訴の判断を下したときの裁判官の一人、味村治最高裁判事のことだ。

彼は第三次中曽根康弘内閣、竹下登内閣、宇野宗佑内閣で内閣法制局長官を勤めたあと、最高裁判所判事に就任した(1990年12月10日)。

その判事時代に四国電力伊方発電所1号炉訴訟、および東京電力福島第二原子力発電所1号炉訴訟において原告の上告を棄却する判断を下した。

そしてそのあと、なんと原発メーカーの一つ「東芝」の社外監査役に天下ったのだ。
伊方は加圧水(PWR)で主契約は三菱重工だが、福島は沸騰水(BPR)で東芝。
どちらにしろ「原発利益共同体」に天下った事実は消えない。

中国のことわざに「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」とあるが、東芝だけでなく司法のコンプライアンスも問われた事件でもある。

第3次伊方訴訟は日本の司法の良心を問う裁判ともなるだろう。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ