FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

謀略本の「黒幕」は誰か?

【「高知新聞」暗黒史⑦】
こうして「高知新聞」の「闇の勢力」の野望はひとまず潰え去った。
その彼(ら)の目に邪魔者に映ったのが、日本共産党だったとしても不思議なことではない。
「共産党さえいなければ…」彼らの歯ぎしりする声が聞えてきそうである。

日本共産党県委員会は、2度の知事選挙で橋本知事を応援した。知事にたいする謀略の度合いが強まるにつれて、共産党はより踏み込んで橋本知事を擁護していった。



日本共産党と知事選
共産党は、一回目の知事選挙では、革新県民連合に参加して医師の森清一郎さんを推してたたかった。二回目の知事選挙では、党公認で佐竹峰雄現県委員長をたててたたかった。

共産党は、そのあとに生まれた橋本知事の変化(非核港湾宣言、土佐の教育改革、県労連代表の労働委員選任など)を積極的に評価した。

三回目の選挙のときには、そうした姿勢を評価して、「対立候補を立てない」という戦後初めての対応をおこなった。その後も教員への勤務評価の導入など、マイナス面に対しては断固としてたたかったが、積極面は大いに評価して後押しもした。

シスの思考形式
「高知新聞」政治部記者の硬直した思考(というよりも「闇の思考」)には、こうした「科学の目」で政治情勢を分析し、県民の利益第一に柔軟な対応をしてくる日本共産党を理解できなかったのだろう。
しかし、それを新しい見方として真摯に受け止めるのではなく、自分の善悪尺度に合わないものはすべて敵とみなして攻撃する、「坊主にくけりゃ袈裟までにくい」(あるいはSWネタで言えば、シスの思考)という硬直した考え方にまで昇華させたのではなかろうか。

須賀政治部長とM
反共主義への「高知新聞」政治部長の転落――しかしすでにそれは、2004年の知事選挙で完了していたと思われる兆候があった。
こんかいの須賀仁嗣政治部長の一文は、山原健二郎さんを利用して日本共産党攻撃をおこなうことが特徴なのだが、実はこれには先例があった。
「出直し知事選挙」に元市議でオンブズマンの肩書きをもつMという人物が、「橋本大二郎 闇の真相」という謀略本を出した(ちなみにこのMとは、元中核派でそこを抜けて別グループをつくり、中核派と内ゲバをしたといわれる人物でもある)。

元中核派の所論
そのMは、その本のなかで次のようなことをのべていた。
次に要約する。

「10・8政変」(辞職勧告決議案採択)の歴史的意味は、次のことを示したことである。
①政治家のみそぎは選挙や他の方法ではなく、司法当局にゆだねるか、それが出来ない場合は、自裁するしかないことを示した。
②高知県の政治地図が変わり、自民党主流が社民系の議員らと手を組んで、共産党の従来の方式を取り入れて問題解明に奮闘していることで、あたかも幕末・維新の政治変動と相通ずる県政改革の主流となった。
③哀れをとどめたのは共産党である。百条委員会設置に反対し、委員会でも笠証言を証拠不十分とした。「この態度は従来の共産党の姿勢とは全く正反対だった」。

「赤旗記事を読んでいる多くの党員は高知県議会の共産党の異常な姿に心を痛めていないか」「金権選挙橋本の影でピエロのように物笑いとなっている姿は実に悲しむべきだ。」「山原健二郎が生きていたら何というであろうか。…偉大な政治家は、橋本と癒着した現在の高知県の共産党を憂い、噴りながら死んだ。彼は橋本大二郎を痛烈に批判していた」山原が死の床で書いた「さるとび日記」には、高知県共産党幹部に対する怒りの声がつづられていた。高知新聞にその一部が紹介されたが、県民はもとより党員の多くも読んでいないと思うので全文紹介する。

(全文を紹介したあと)「不正を憎み、戦争に反対し、貧しい人の味方になって生涯常に街頭に立った。山原の肉体は滅んでもその魂魄は死なない」。


なんかトーンは、特に〆は誰かさんの一文とよく似ているなあ…←独り言です気にとめないで♪(つづく)


★参考サイト(高知民報)★
高知新聞の中傷に対し共産党県委が反論文掲載申し入れ

22 問われたメディアのあり方(最終回)

百条委と知事選の取材メモから

土佐山田ゴルフ倶楽部ヤミ立替問題

経営のツケを町民の税金で穴埋 土佐山田町が土佐山田ゴルフ倶楽部に4200万円のヤミ立替 経営陣に大旺・中谷健氏、高新社長、自民党・依光隆夫県議

★参考サイト(その他)★
インサイド 激震の底流

2004年出直し知事選挙

山原健二郎さんを冒涜するな

「高知新聞」二つの顔

三宝山にかかる黒い霧

中内前知事と「高新」

写真は語る

元祖「ガセネタ」王

二回の知事選挙で見えたもの

謀略本の「黒幕」は誰か?


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ





*Comment

 

Mさんではなく、Sさんであると思います。わたしもその「力作」は読みましたが、確たる事実の検証もなく、「熱意」で一気に書いたような文章。とるにたりませんね。
 橋本大二郎さんの自伝「融通無碍」はまあ読むに値しますね。当事者ですので。

そうですねSさんでした。 

そうですか。
知事の出版記念会に行ってたんですか。
いつかそのホン、読んでみたいと思います。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2006.03/24 16:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

融通無碍(ゆうずうむげ)の読後感

 3月2日の橋本大二郎さんの「自伝出版記念パーティ」で本を土産にもらってきまして

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ