土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

使用済み核燃料をどうする?

伊方原発の運転差し止め訴訟に関して、ちょっとしたやりとりがあった。「なぜ、廃炉訴訟

ではないのか?」。うーん、それは理想的なのだけど、当面は電力会社は再稼働に向けて躍起になっているのだから、そこを食い止めることが喫緊の課題、そして、それを勝ちとれば廃炉への道はひらかれると思う。

まず応援のクリックをお願いします!

でも、伊方原発1号、3号機は停止しているとは言っても、福島原発事故直前の状態に変わりはない。
原子炉内で核分裂を起こしていないとはいえ、冷却水で冷やし続けなければならないわけで、何かの理由で冷却系がやられれば福島と同じような状態になる可能性はあるわけだ。

では燃料棒を引き抜いて、当面は原発内にある冷却プールに入れても、これも冷却系をやられれば福島原発4号機と同じような状態になる。
青森県六カ所村の中間貯蔵施設にもっていけば良いが(いやこれはこれで問題がある)、そこもすでに満杯状態。

だから、原発を停めても冷却系がやられれば、どこも福島シンドロームになる可能性ははらんでいるわけで、この一事をとってみても原発は原始的な技術に過ぎないことがわかる。

じゃあすべての原発を停めたとして、使用済み核燃料はどうしたらいいのだろう?
プルトニウムやウラン235を取り出す「核燃サイクル」は論外である。

アメリカのように使用済核燃料をそのまま埋設処分する方法(ワンス・スルー方式)にすることになる。
どうやるかは詳しくは知らないが、それとて外部に放射能が絶対に漏れないように完全に管理し続けなければならないことは間違いない。
それがどれだけつづくのか?

いまある使用済み核燃料は、集合体(1本平均70本程度の燃料棒)で5万9千本、1万3530万トン。
原発にたより続けてきた「ウンコ」がこれだけあるのだ。

もう、ウンコさせてはダメだろう。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2掲示板

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ランキング

ブログ内検索

土佐高知のランキング

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ