土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

これは自由競争ではない

我が家でのパーティ。別名「夢子の部屋」では、だいたい3回で「いいちこ」一升瓶2本は

空ける。それで黒潮町で雑貨屋をやっているともだちからまとめ買いをすることになった。

まず応援のクリックをお願いします!

このあいだ4本もってきてくれたが、1本あたり1800円。
ところが中村のディスカウントでは1500円を切る。

この違いはいったい何なんだ?
片や黒潮町の田舎で細々と住民相手に酒などを売っているところには高く売りつけ、大量に販売してくれる業者には安く売るという商売が平然と成り立っているのだろう。
これは自由競争とはいわない。

しかし「消費者」は安いところで買おうとする。
だが、「消費者」はいつでも消費者ではない。

地域の商店や中小企業に雇用されたり、公務員だったり、年金生活者だったり、農林業で所得を得たりだろう。
つまり、地域経済の様々なもたれ合いで成り立っている。
かつては地域経済はそうした地域内循環を主としていた。

そこに「規制緩和」を旗印に大手の地域外資本が入ってきた。
「消費者」もそれを支持した。
「安ければいい」――だが、それは結局は「消費者」クビを締めたのではなかったか。

街の小売業は「競争」いや一方的な屠殺に負けて、次々と店を閉めた。
同じような事情で農林業も切り捨てられ、それに関連した雇用も失われるか悪化した。
公務員への攻撃が強まり、賃金カットが時代の流れとなった。
彼らは紅灯の街に出かけるのをやめ、自宅で手作り料理と発泡酒でささやかなパーティをするようになった。
紅灯が次々と消えた。
ますます「消費者」は安い商品を追い求め、悪循環は続き地域経済はますます疲弊する。

価格破壊――短期的には「消費者」に良いように見えて、実は自らの所得基盤を掘り崩している。
そろそろそこに気づいて循環型地域経済をつくるにはどうすればいいか、それを考え行動する賢い消費者にならなければならないと思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

資本主義が発展した地域では、商業が発展しますが、生産との関係はその地域や業界の力関係となりますので、商業が発展しているところでは生産者は買い叩かれて食えなくなる→廃業。
商業資本は他地域から生産物を仕入れるようになりますが、その他地域も経済成長していきますので、これも限界があります。
そして食えなくなった生産業界自体が没落していく。

まずは生産の代表格である食糧生産の問題が予測されて久しいですが(幸運なことに日本は豊かですから意識されにくいですが)、マーケットの狭い生産物ではすでに抜き差しならない問題に発展しています。
例えば生コン問題。
生産性の向上で価格が下がるということは良いことですが、モノには適正な値段というものがありますので、安ければ安いほど良いということではありません。

経済は人間が幸せになるためにあるとするならば(そうでないなら、その経済は人間に必要ありません)、こういった問題に自由主義経済・市場原理は人間が豊かになる回答を出せるのでしょうか。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2011.08/31 15:54分 
  • [Edit]

 

先日コストコなる激安店に行きました。仰る様な事をつくづく感じました。巨大な体育館と言った店内で従業員全員の顔写真がありましたが、わずか十数人。これだけの人が安い賃金を得るだけです。
具体的にこれと言った事柄がある訳ではありませんが、何か恐ろしい力に飲み込まれて行く感じがしてなりません。
川崎市にそう遠くは無いとは言え品川ナンバーのBMWやベンツって、どうして?
非関税障壁とか貿易自由化などは言われなくなりましたけど、こうした圧力がTPPだとかに名を変えて相変わらず押し寄せて来てます。ちなみに、一緒に行ったのがロシア人だったので複雑な気分でした。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.08/31 16:38分 
  • [Edit]

だったら 

割高な物を積極的に割高な値段で買いましょう運動でもすれば良い。
現在の惨状を招いたのは資本ではなく賢い消費者なのだからね。
  • posted by D 
  • URL 
  • 2011.08/31 22:37分 
  • [Edit]

Re: だったら 

> 割高な物を積極的に割高な値段で買いましょう運動でもすれば良い。
そうね。
一部ではそうした運動が始まっていますよ。
地域経済を守るために…。

根本は凶暴化している資本を押さえ込む政治力が必要なのですが、それを行える政府を目指しつつ、蟷螂の斧かもしれませんが、地方は自衛のために立ち上がらなければならない。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2011.09/01 00:32分 
  • [Edit]

 

ま~、「割高」って言われると躊躇するけど、本来のふさわしい値段というものなら少しは納得できるのではないですか。
安物買いが負のスパイラルを生み出していることは分かると思うのですが。
>しかし「消費者」は安いところで買おうとする。
>だが、「消費者」はいつでも消費者ではない。
この通りだと思います。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2011.09/01 09:23分 
  • [Edit]

 

自己レス
>こういった問題に自由主義経済・市場原理は人間が豊かになる回答を出せるのでしょうか。

みなさんのコメントを読んで、自由主義経済・市場原理では人間が豊かになる回答を出せないことが分かりました。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2011.09/01 14:01分 
  • [Edit]

 

現実にはその手の運動はまず見かけませんね。
大資本に抗議している人達の家にトヨタ車がとめてあったり、小売を守れとか言っている方々の家に密林のロゴが入った空き箱がたくさん積み上がっている悲しい現実なら比較的よく見かけますがね。
  • posted by D 
  • URL 
  • 2011.09/02 22:41分 
  • [Edit]

 

大資本に抗議する人は、車に乗るな!歩け!!・・・「正論」ですね。
ダイハツくらいだったら良いかも。ってダイハツもトヨタ系列だしな~。
ところで、密林の空き箱って何のことか分からない私です。
しかし、よく人んちの家見てるんですね。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2011.09/03 11:31分 
  • [Edit]

ヒント 

大手通販サイト
  • posted by D 
  • URL 
  • 2011.09/03 23:50分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ