土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

小松左京さん逝く

どこかこの人は死なないのではないかと思える人はいる。それは生物学的にあり得ないこと

だが、つまりわたしが死ぬまで生きているという人種である。少なくとも小松左京さんは私にとってその一人だった。

まず応援のクリックをお願いします!

このブログでも彼の小説にいては何度かとりあげた。
「果てしなき流れの果て」にだし、「哲学者の小径」、「地には平和を」、「日本沈没」など…。

かれは京都大学生だった。
だから京都への思い入れは高かった。
「日本沈没」で、日本沈没いごの日本民族の行く末を提案させる学者に京都にいた学者を据えたことでもわかる。

また、彼は日本共産党の一員であった。
人一倍「革命」への憧憬は強かったように思う。
ハヤカワSFシリーズ「日本売ります」(1968年)に収録された「正午いっせいに」はそれをよく現している。

正午一斉に革命行動を起こす段取りだったが、どういうわけか時間は午前11時47分20秒から先へ進まない。
だが「革命の日」は「終わっていた」。
しかし、永遠に正午はこないまま時は前へすすむし、それだけ主人公は歳をとる…。

その時間のループの不条理に主人公は最後に言う。

----(引用開始)----
「どうする気だ?」たった今、彼の立っていた交差点に、再びたった彼に向かって40代の彼は背後からかさねてきいた。
「待つのさ…」彼は時計を見ながら言った。
「いつか正午の訪れる日を…たとえ、骨が舎利になっても…」
----(引用終了)----

3.11。
彼はなにを思ったのだろう?
いまどこにいるのだろう?

合掌。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

「日本沈没」で、首相が、自分の他にこの危機を任せられる人物がいるだろうか、と思い悩むシーンがあります。

そこで首相が真っ先に思い浮かべたのが、明らかにミヤケンとおぼしき人物だったことが、妙に印象に残っています。

考えてみればミヤケンは、「コワモテぶり」といい、「ひたすら暗いイメージ」といい、「評判の悪さにびくともしない太い神経」といい、何となく今の小沢一郎を想起させますが、良くも悪くもはるかにスケールの大きな方でしたね。
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2011.07/29 22:28分 
  • [Edit]

 

URIはお好きなwikipediaより

>後に共産党を離党する。

生涯共産党員であったかのような情報操作。

反論を期待します。
  • posted by 特定日本人です(T 
  • URL 
  • 2011.07/29 22:39分 
  • [Edit]

ふっ 

小松左京氏を知っているひとには
言うまでもないことと省略しましたが、気に障りましたか?
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2011.07/30 00:59分 
  • [Edit]

 

そうですね。小松氏が若いころ山村工作隊の一員であり、ベトナム戦争の時は「ベ平連」の活動をやっていた・・・なんてことは、私ですら知っている、常識の域だと思います。

Wikkipedeiaを見るまで、ご存じなかったんだろうか?
  • posted by ゆう 
  • URL 
  • 2011.07/30 04:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

息子が30分間完泳に合格

●昨日の仕事は、昨日の日記で「提出も明日いっぱい(午後の定時頃)といった仕事になる筈」と言っていた、「豊田自動織機・碧南工場」向けの特殊単体機×1台の見積だが、結局は残業をして昨日中に終わらせてしまった。見通しより早くなった理由としては、補給部品生産用で

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ