FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

福島原発事故と「日本沈没」

1973年「日本沈没」をかりてきた。3月11日の東日本大震災のリアルな映像を目にし

たいまは、東宝特撮陣の映像もチャチくみえるのが悲しい。原作が1964年から書かれたので、時代背景は60年代から70年代初め。

まず応援のクリックをお願いします!

だから原発が描かれていないのはある意味で当然だが、日本列島を失うという日本民族の悲哀は、福島原発事故で住み慣れた故郷を捨てざるを得ない福島の人たちにも通じるものがある。

田所博士(小林桂樹さん、50歳)らの調査の結果、日本列島は2年以内に地殻変動でほとんど沈んでしまうことを示された山本首相(丹波哲郎さん、51歳)は、謎の渡老人が学者たちに立案させた「D2計画」を渡される。

一つは、日本民族がどこかで新しい国を造るための計画。
もう一つは、各地に分散して帰化するために。
もう一つは、世界のどこにも受け入れれない人たちのために。
そして、最後の封筒にはもう一つのプランがあった。
それはこのままなもしない、日本列島とともに滅んでいくというものだった…。

規模は違うとは言え、いま福島原発周辺の自治体は似たような選択に直面している。
放射能に汚染された故郷から脱出しなければならないという…。
いまそれぞれの自治体では、住民のあいだに様々な思いが去来しているはずだ。
それは「原発がなければ」「東京の人たちのために、なぜ自分たちがこんな目に遭わなければならないのか」に収斂している。

この過酷な原発事故に直面して、都会に住んでいる人も地方に住んでいる人も、いまこそ日本人は自らのアイデンティティーを見直す時期に来ていると思う。
それができなければ、日本は本当に沈没してしまうだろう。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

放浪する日本人 

「日本沈没」は、「流浪の民とならざるを得ない日本人」というシュミレーションドラマとして、面白く読んだ記憶があります。

もし、ほんとうにそんなことになったら????

日本でしか通用しないのではないかと思われる言動をしている人たち・・・・・
たとえば、「かつての戦争は正しかった」などと今だに言っておられる方々は、外国に行っても同じ考えをつらぬかれるのでしょうか?
それから、
今、日本国内でずる賢く立ち回って、美味しい思いをしている人たちは、外国でも同じようにされるだろうなぁとか・・・・・
また、
今現在、外国で活動され、現地の人たちから慕われ、尊敬されている日本人も大勢いらっしゃるわけですが・・・・

まぁ、私のような人間は、日本に残って日本と一緒に沈没するしかないなぁと思って読んだ記憶があります
  • posted by しろー 
  • URL 
  • 2011.05/06 12:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ