FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

ジェロニモ=ビンラディン

米国が911テロの首謀者とみなすオサマ・ビンラディンが、米軍テロ部隊「シールズ」の

軍事作戦よって暗殺された。「遺体」は米空母から重しをつけられてアラビア海に投棄された。

まず応援のクリックをお願いします!

カダフィ一家をターゲットにしたNATO軍の空爆といい、アングロサクソン帝国の傍若無人ぶりは度を超えている。

しかも、パキスタンという主権国家に極秘にヘリコプターでテロ部隊を送り込んで殺人をやらかすんだから、やっぱりオバマになってもアメリカという国はとんでもないテロ国家だ。

オサマ・ビンラディンの暗号名を「ジェロニモ」と名付けていたという。

ジェロニモとは言わずとしれたアメリカ大陸の先住民・インディアン、アパッチ族のシャーマンである。

彼は侵略者であるメキシコとアメリカを相手にゲリラ戦を展開。
1886年に投降して以後、ジェロニモは生涯米軍の虜囚として扱われ、故郷への帰還を許されず80歳で生涯を閉じた。
ジェロニモの墓はシル砦にあり、インディアンたちによる墓前の供物は絶えることがないという。

だが、ビンラディンには墓すら残らなかった。

この暗殺を米国民は狂喜乱舞して歓迎したと言うが、テロの連鎖は終わらないだろう。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

911はアメリカのやらせだと考えています。ですから、なんらかの意図があってこの時期、この形をとったと考えられます。職場の同僚に軍事オタクがいますが、早くも今回の作戦で怪しい点があるそうですから。
福島の問題から関心をそらす為か、いずれにしてもアメリカ国民の意識の低さは絶望的です。これからも悪をふりまき続けて行きます。

たまたま、外国人パブに行ってロシア人とお話ししました。
91年のソ連解体の前後に行ったハバロフスクから来た娘さんです。当時よりも人の心がすさんでいるとの事。あの頃ロシア人に対して持った好感度は相当なものでした。ソビエトも侵略をしていましたが、アメリカに軍事的に対抗する労力を除けば、国民生活は事足りていました。

ソビエトは負けたけど、アメリカが勝ったのでは断じてない。少なくとも人類にとって望まれた結末でない事は明らかです。
アメリカはこらからも争いの種をまき散らし続ける事でしょう。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.05/03 23:35分 
  • [Edit]

 

ほとんどB級映画の世界ですね。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2011.05/04 00:07分 
  • [Edit]

 

アメリカのやり方やアメリカ人の喜びぶりには本当に腹が立つけど、アメリカ政府の自国を守るという毅然とした態度はうらやましく思う。
日本だったら「話し合いで解決」などと寝とぼけたことを言って、その間にますます外国に侵略されていくんでしょうね。

>ソビエトは負けたけど、アメリカが勝ったのでは断じてない。少なくとも人類にとって望まれた結末でない事は明らかです。

共産主義などという幻想が勝手にこけただけでしょう。
ソビエトが勝ってたら、恐ろしい結末になっていたでしょうね。

>アメリカはこらからも争いの種をまき散らし続ける事でしょう。

とことんアメリカが嫌いなんですね。
争いの種を撒き散らしているのは、アメリカだけじゃなく、中国、ロシアを筆頭に、フランス、イギリスなど常任理事国すべてでしょうに。
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2011.05/04 01:26分 
  • [Edit]

 

A級戦犯の東条英機らの遺骨も米軍機から海にまかれたらしいですね。ビンラディーンも東条英機も同じ扱い。理由は同じだったとか。

水葬というより、土佐高知さんのいう「遺体の投棄」ですね。また、新たな「報復の連鎖」が始まる予感。
しかし、他人の家(国)に乗り込んでの大捕り物・・・。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2011.05/04 11:45分 
  • [Edit]

 

まあ、makotoさんにとって庶民が平和に暮らすって事より大事だって思えるものが沢山あるんでしょうから、旧ソビエト人がどの様にくらしたかなんてどうでもいいでしょうね。分かります。
勝ち組に入れない奴は努力が足りないんですよね。だからそいつ等が悪いって言うアメリカの考え方の支持者ですもんね。分かります。
私は当時のソビエト人の暮らしそのものを見た思いから考えた訳です。チェチェン問題とかも抱えていたので全く問題がなかった訳ではないことは勿論ですけどね。
人として暮らすのに余分なものはそれほど要らないんだなと感じた訳です。領土を欲しがったりする人達の事は私には無価値ですから。出発点の違いって事で。
ちなみに、makotoさんは好き嫌いで判断する事が多いみたいですね。それはそれで人間味があって悪い事ではないですけどね。同じ事を言ってもキンピーさんには反論しないって感じてます。それも個性ですからね。(笑)
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.05/05 23:22分 
  • [Edit]

 

ヒロユキさん

>まあ、makotoさんにとって庶民が平和に暮らすって事より大事だって思えるものが沢山あるんでしょうから、旧ソビエト人がどの様にくらしたかなんてどうでもいいでしょうね。

庶民が平和に暮らすことより大事なこと、たくさんありますよ。
例えば日本を守ることとか。
ヒロユキさんは庶民が平和に暮らすことが、日本を守ることよりも大切なんでしたよね。
あなたのように考える人が100年前の朝鮮にいました。
金玉均など、併合推進派の朝鮮人がそうでしょう。
ただ、植民地支配が悪ではない時代の、庶民が食べるのにも困る貧しい国(しかも国として機能していなかった)ならその考えは分かりますが、今の日本でそのように考えるのは、どうかと思います。

旧ソビエト人の暮らしなんか気にしたことありません。
気にしていた人って共産主義者くらいじゃないですか?

>勝ち組に入れない奴は努力が足りないんですよね。だからそいつ等が悪いって言うアメリカの考え方の支持者ですもんね。分かります。

いいえ。僕そんなこと書きましたっけ。
ただ、努力もしないで、権利ばかりを主張する労働者なるものには憤りを感じますが。
ついでに言えば、会社経営陣や日本の政治家には、すぐ「闘争」だの「粉砕」だの「打倒」だの「断固抗議」だの、攻撃的な言葉を連発するくせに、近隣諸国には「不戦」、「話し合いで解決しよう」などと訴えている左寄りの人たちには心底あきれ返ります。

>人として暮らすのに余分なものはそれほど要らないんだなと感じた訳です。領土を欲しがったりする人達の事は私には無価値ですから。出発点の違いって事で。

領土を拡張しようと思っている日本人、とくに政治家っていますっけ。
だけど、中国の政治家はそうですよね。
領土を拡張するためには、チベットやウイグルなどの他民族を抹殺することも厭わない国です。
僕は日本の領土を拡張しようなどとは思いませんが、そのならず者国家から日本の領土を守ろうという気持ちにはなります。
ヒロユキさんはなりませんか?

>ちなみに、makotoさんは好き嫌いで判断する事が多いみたいですね。

いいえ。
いろいろな基準で考えて、好き嫌いが出てくるんです。
上に書いたように、あなたたち左寄りの人たちこそ、「アメリカ嫌い」、という考えがまず根本にありませんか。
アメリカばかりが非人道的な極悪国家じゃありませんよ。
非人道度、極悪度から言ったら、中国や北朝鮮の方がずっとそうでしょう。
なぜそれらの国を批判しないんですかね。
しても、アメリカを批判しているときのような感情がまったく見えない。
あなたたちが、アメリカを批判しているときは、憎々しげで、心底嫌い、こんな国許せない! って感情がひしひしと伝わってきますが。

>同じ事を言ってもキンピーさんには反論しないって感じてます。

気のせいです。
最近の彼のコメントにはそれほど違和感を覚えないので。
アメリカのやったことを「B級映画」とはよく言ったものです。
ただ、そんなに嫌いなアメリカが押し付けた日本弱体化の憲法をなぜ後生大事にするのか、アメリカの復讐劇である東京裁判をなぜ批判しないのか、よくわかりませんが。


ヒロユキさんは、僕をたかしズムに案内したご本人ですよね。
彼の考えに共感できるんですか?
50代(後半?)にもなって、自分のサイトにたまに来る彼から見て右寄りの人を、たかしの名前では丁寧な文体でしかし陰湿に攻撃し、「うー」の名前では下品に罵倒していますが、あんな二重人格的な彼の一連の言動を、いや彼自身を異常とは思いませんか?
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2011.05/06 17:46分 
  • [Edit]

 

まあ、曇った眼鏡だと見えるものも見えないって事で。
北朝鮮や中国についての批判はありますよ、勿論。
ただね、大きさの問題です。あなたがそれらを同じ次元で捉えてる事に呆れる訳です。世界中で北朝鮮が殺してる人が全くいないとは言いません。が、しかし、アメリカが現在殺してる人は桁が違う訳です。こっちの方が緊急だし、重要だと考えるのが自然だと思いますが。今もイラクやアフガンやグアンタナモで殺されてるし、それを正義とか宣ってるからです。
中国や、ましてや北朝鮮がこの日本を支配しようとはしてるかも知れませんが、アメリカに比べれば巧妙さも根深さも比較にならないからです。

たかしズムについては、確かに私も方向性と排他性には若干の疑問を持ってはいますが、あなたのかつての態度ならどっこいどっこいだと思ってます。相手を認めない点では同じ程度だと思いますよ。
私があそこを進めたのは、こうして要点をまとめる事なく、だらだらと箇条書きで論点を広げるあなたに付き合う暇な人があちらには居られるからです。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.05/06 23:20分 
  • [Edit]

 

ヒロユキさん

>まあ、曇った眼鏡だと見えるものも見えないって事で。

それは、あなたです。
資本主義や金持ちや大企業やその経営陣を徹底的に憎む、その曇った眼鏡で見ているのは。

>北朝鮮や中国についての批判はありますよ、勿論。ただね、大きさの問題です。世界中で北朝鮮が殺してる人が全くいないとは言いません。が、しかし、アメリカが現在殺してる人は桁が違う訳です。

意図的に中国を外しましたね。

>中国や、ましてや北朝鮮がこの日本を支配しようとはしてるかも知れませんが、アメリカに比べれば巧妙さも根深さも比較にならないからです。

中国が日本を支配しようとするわけがないでしょう。本気ですか。

>たかしズムについては、確かに私も方向性と排他性には若干の疑問を持ってはいますが、

若干ですか。すごいですね。

>あなたのかつての態度ならどっこいどっこいだと思ってます。相手を認めない点では同じ程度だと思いますよ。

僕は以前に何回かこの掲示板でも、「確かにそうですね」などと自分の間違いを認め、考えを改めたことがありますが、あなたがありますか?
一回もないでしょう。
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2011.05/07 02:46分 
  • [Edit]

 

また出てきたか
  • posted by makoto 
  • URL 
  • 2011.05/09 13:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ