土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

不気味な福島第一1号機

水棺作業が続いている福島第一原発1号機。原子炉への注入をそれまでの毎時6トンから、

4月27日午前から10トンに増やし、28日から本格的に作業を始めたという。

まず応援のクリックをお願いします!

そして29日午前11時時点で、圧力容器の下の部分の温度が95℃になっていることがわかったという。

ところが格納容器内の圧力が1.5気圧から1.1気圧まで下がり、圧力が1気圧を下回ると格納容器に酸素が流れ込み、水素爆発が起きやすくなるため、29日から注水の量を元の6トン/時に戻したという。

その結果、低下を続けていた格納容器の圧力が約1.4気圧に上昇。27日午前の時点とほぼ同じ水準に戻ったという。

これまでの注水量は、水棺に必要な約7400トンを超え、本来なら圧力容器内の水位も大幅に上昇しているはずだが、いま「水位がどうなっているかわからない」という。
東電は「水位が上がらない理由が分からない。冷却効果としては、毎時6トンの注水量で十分と判断しており、しばらくこのまま注水したい」と説明している。

理論的にはあり得ないことが起きているわけで、注入した水が「どこかへ」流出している可能性が高い。
だが温度を下げるためには注入を続けざるを得ない。

この1号機は、福島第一原発でも最も古い炉だ。
1971年3月26日運転開始(46万キロワット)で主契約者は、ゼネラル・エレクトリック社。
下請けは日本企業で次のように分担されたという。
東芝受注:原子炉圧力容器、炉内構造物、原子炉系機器、配管、弁類、電気配線
日立受注:原子炉格納容器、原子炉再循環系、制御棒駆動水圧系、タービン系機器
鹿島受注:本館関係土木建築工事

上述のうちで
「原子炉圧力容器の制作は当時東芝と関連のあった石川島播磨重工業が1966年12月より設計、応力解析を実施し、1969年に海送により出荷した。水切り(建設現場への荷揚げ)は現地物揚場に設備された700t吊りジンポールデリック、建屋での据付は特設されたタワーデリック、リフティングタワーが用いられた。

GE社は日本側の設定した試験規則に囚われず性能や安全性の実証に十分な条件と判断した場合は試験を実施するよう求めてきた一方で、本国のプラントの運転経験情報の蓄積に応じて試験手順書を順次手直ししていったが、その理由について常に明確に回答していた訳ではなく、根拠を「GEがそう考えるから」と回答する場合もあったと言う」(ここはウィキより引用)。

40年の老朽機である。
本当に大丈夫なのだろうか。

不気味なのは2009年10月11日(日)に放送された『NHKスペシャル|原発解体~世界の現場は警告する~』で語られていること。

日本原子力発電の松本松治副社長が語った。
彼は次のように言っている。
「やはり40年前、に作られたもんですから、今のこの解体を想定しながらそれがうまくいくように、図面を整備しておかなくてはいけないという考え方はその時点はなかったんだろうと思うんですね。」
「で今は原子力発電所をつくるとなると、それこそそういった図面をきっちり残しておく工夫がドンドンされていかなければいけないと思っています」

えっ、図面がない!?

本当に東京電力だけにまかせていいのか?



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

本当にもう原発はいらない。
いま福井県も問題になりはじめています。
  • posted by きゅ 
  • URL 
  • 2011.05/03 11:11分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ