FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

子ども殺し菅内閣を打倒せよ

29日、内閣官房参与の小佐古敏荘東大大学院教授(61)が参与を辞任する意向を表明し

た。福島県の子どもたちの被曝基準を年間20マイクロシーベルトとした文部科学省の決定を強く批判したものだが、それだけではなく菅内閣の原発事故対応へも強い批判を持っていることが明らかになった。

まず応援のクリックをお願いします!

小佐古教授は会見で20ミリシーベルトについて、「とんでもなく高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わり。自分の子どもをそんな目に遭わせるのは絶対に嫌だ」「通常の放射線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ」とも述べた。

科学者の良心である。
また、小佐古教授は原発対応についてもきびしく菅内閣を批判した。
「共同通信」から引用する。

-----(引用開始)-----
小佐古氏は29日夕、国会内で記者会見し、放射性物質の拡散を予測する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による測定結果の公表遅れを問題視。原発作業員の緊急時被ばく線量限度を年100ミリシーベルトから年250ミリシーベルトに急きょ引き上げたことに触れ「もぐらたたき的、場当たり的な政策決定を官邸と行政機関が取り、手続きを無視している」と指摘した。

同時に、福島県内の小学校校庭などに累積した放射性物質に関し、文部科学省が示した被ばく線量基準は「国際的な常識ではなく、行政の都合で決めている」と述べ、厳格化するよう求めた。
-----(引用終了)-----

菅首相は30日の国会で「見解の相違」と反論したが、いかに虚しく響くことか。
ここまで腐りきった内閣だとは唖然。
さっさと退陣した方が世のため人のためである。

内閣官房参与の辞任にあたって

小佐古内閣官房参与の爆弾発言に注目せよ



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

小佐古内閣官房参与の涙ながらの記者会見。
印象的でした。翻って、この内閣の体たらく、、、という表現では間に合いませんね。どこまで落ちて行くのか。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2011.04/30 13:57分 
  • [Edit]

 

少し前にNHKでやってた特集の中で東条英機はじめ全ての首脳部が戦争をしてはいけないと言う認識を持ちながら誰ひとりそれを言えなかった有様が描かれてました。
今回でも、原発を擁護する勢力が、そのサークルの中で誰ひとり考えを変えられない、あるいはそれを言えないでいるのではと想像していました。しかし、私の思うよりも原発を擁護する勢力は未だに強固なのかと思い知らされます。
放射能によって首都圏放棄さえ起こりかねないこの期に及んでも、原発を守ろうとしてる人達。
原発は安全である。安全でなくてはならない。原発は安全に決まってる。特攻隊が最高の戦術と言い聞かせ、敵に勝つ事以上に命を散らせる事の方が大切になってしまったあの時代の為政者と同じ心理の様な気がしてなりません。

現実的に原発を止める方向さえ示されれば、細かい事には目をつぶろうと思っていましたが、それさえもままならない狂人が対象ではどうにもなりません。
  • posted by ヒロユキ 
  • URL 
  • 2011.05/01 18:56分 
  • [Edit]

 

NHKの特集番組、私も見ました。
むしろ、戦争はやるべきではないという考えが、一部ではなく広く首脳達の意識の中にあった事も明らかにされていましたね。それが、あれよあれよと言う間に開戦の道へと堕ちて行った。悲しむべき現実です。
それは、国体を守るという、ある意味抽象的にも捉えられるものが主体であったせいかも知れません。

原発に関しては、利権的要素も付随してくる為に、一層方向性を見失わせる要素が強くなっているのかも知れません。

原発事故が引き起こす様々な(目に見える)実害、(目に見えない)被害、これからどれくらいの年月を犠牲にしてしまうかも分からない時間的被害。
今回の事故で我々はいやと言う程思い知らされることになりました。

多くはありませんが、一部の学者も声をあげ始めているようです。そして、この内閣官房参与の声もしっかり受け止めなければなりませんね。
原発神話のベールを少しずつ剥がして行かないと・・・。
  • posted by 阿波太郎 
  • URL 
  • 2011.05/01 21:16分 
  • [Edit]

赤旗が取り上げないのは? 

「学校20ミリシーベルト」問題を赤旗がほとんど取り上げないのは腑に落ちません.2度も直接電話し,2度目はだいぶ話し込んだのですが・・・
今日の志位記者会見でも,「学校の土壌などの汚染の問題についても、県民の不安はきわめて強いものがあります。政府部内でも危険性についての意見の違いが表明化し、不安が広がっています」とあるだけです.
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-05-11/2011051104_02_1.html

安斎育郎氏の話の引用 

さらに驚くのは,今日12日の紙面10ページの安斎育郎氏の講演紹介記事です.その中に「3.8マイクロシーベルトとか20ミリシーベルトとか,数字の議論をする前に,放射線を出すものを取り除くことが第一です」という言葉が引用されています.この「数字の議論をする前に」という言い方は,この極端な数字そのものがもたらしている住民と子どもたちへの深刻な影響に目をつぶるものです.そもそも,「取り除く」べきレベル,つまり「数字」を決めなければ始まらないのです.

この問題については,10日朝のフジテレビ「とくダネ」がよくまとめています.もしお見逃しでしたら次で是非視聴していただくようお願いします.
http://www.youtube.com/watch?v=950H9R5htcM

 

ETV特集「ネットワークで作る放射能汚染地図 福島原発事故から2か月」でもこの問題が取り上げられました.反響が大きく,早くも総合TV今週木曜深夜 20日午前1:30から再放送です.それにしても,この基準の撤回を求める議員に共産党の議員ゼロというのも,どうしてでしょうか?
http://blog.canpan.info/foejapan/archive/24

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

脱・原発に向けた具体的ロードマップに向けて(素案)

福島第1原子力発電所の事故を受けて、これまで日本の原発を推進してきた、歴代の自民党政権と、今の民主党の電力労連議員の多い【小沢派】による原発推進へと舵を切って以降の今の政府と、各電力会社と、専門家なる権威を振りかざした御用学者達が作り出してきた、これま...

「学校20ミリシーベルト」問題で首相と文科相に要請文

「学校20ミリシーベルト」問題で,基準見直しの要請文が首相と文科相にファクスとメールで送られました.送り主の「核問題研究委員会」は「原発事故緊急対策マニュアル」の執筆者と同じです.次にも掲示して...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ