土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

ジプシー自治体・双葉町

図書館で「世界」2011年1月号を借りた。特集の「原子力復興という危険な夢」という

タイトルに惹かれたからだ。もちろん3月11日以前に書かれたものである。そのなかの葉上太郎さんの「原発頼みは一炊の夢か」という、福島第一原発のある双葉町を取材したルポルタージュを興味深く読んだ。

まず応援のクリックをお願いします!

サブタイトルは「福島県双葉町が陥った財政難」。
ここは隣の大熊町とともに、原発推進の国策に便乗して東京電力に陳情し原発を誘致した。

福島第一1号機(1971年3月)
福島第一2号機(1974年7月)
福島第一3号機(1976年3月)
福島第一4号機(1978年1月)
福島第一5号機(1978年4月)
福島第一6号機(1979年10月)

このうち、双葉町にあるのは5号機、6号機。

はじめの頃は羽振りがよかった。
1.0以下は地方交付税の補填対象とされる財政力指数は、1965年度が0.23だったものが、原発建設に伴う電源交付金が流入し始めると一変。
1979年度には1.0を超えて地方交付税不交付団体となり、80年度には3.73。1年間の自前収入で3年以上の経費がまかなえる、超富裕団体になったのだ。

町はそれで図書館、道路整備、農林業施設、消防施設、スポーツ・レクレーション施設などにつかった。

ところが春は長続きしなかった。
原発関連の固定資産税は、原発の法定耐用年数が15年であるためにドンドン落ちる。
電源交付金も期限があるし、法人税も福島第一原発の正門、メーン道路は先に建設された1~4号機のある大熊町にあるため、関連企業はそちらに偏った。

そして双葉町はついに1990年度には財政力指数が1.0を切った。
世の中がバブル景気にわいていたときにだ。
同じ年に人口も減少に転じた。
普通の自治体なら、地方交付税の補填があるので、その程度では財政難にはならない。
ところが、双葉町は原発誘致の「豊かな財源」を背景に造った施設の維持管理で経費がかさんでいた。
財政難になった。

そこで町議会は1991年全会一致で双葉町に新たに2機の原発を造ってほしいとの誘致決議を行った。
まさに「シャブ漬け」である。
これを受けて東京電力は、2001年~2002年稼働を目途に2機の増設計画をつくりあげた。

双葉町も財政難にもかかわらず、借金をつづけながら各種事業をすすめた。
理由は三つ。
一つは豊かさになれた住民がどんどん施設整備を要求するようになったからで、「隣町にもあるから」と建設が始まった総合運動公園建設が典型。
二つは将来の原発誘致のための先行投資、4車線区間もある町道。
三つは国策による介護保険整備と下水道整備など。

町には不安はなかったという。
原発増設が決まればカネが入り、借金は一気に返せる。

ところが、東京電力は2001年電力需要の伸び悩みから建設を凍結、その上に不正が発覚してさらに不透明になった。
時間だけがたち、借金はかさんだ。
2005年度、来年の予算が組めないことがわかった。
リストラに取り組んだ。
ハコモノ事業を中止、見直した。
団体補助金も削減した。
議会も定数、報酬を減らし、職員も期末手当をカット、町長は手取りゼロにした。
町長はいまでも60パーセントをカットしている。

葉上太郎さんは、町民のとりくみも紹介しながら、次のようにルポをしめる。
「国が少しでも軸足を移せば、町のダメージは計り知れない。ただこれは双葉町だけの問題ではない。原発立地自治体はいずれも同じ構造にあり、双葉町は最も早く顕在化したというだけなのだ。…原発に頼り切って国策に翻弄される町になるのか、それとも原発を部品の一つとして戦略的に扱う町になれるか。双葉町は運命の分かれ道にいる」

だが原発事故が起こり、双葉町はジプシー自治体となった。



☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ