土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

リビアは陣痛のなかにある

リビアは内戦状態になったようだ。軍事的な帰趨はこれからだが、政治的にはカダフィ政権

に対する包囲網は強まっている。

まず応援のクリックをお願いします!

国連安保理もリビア軍による武力弾圧の国際刑事裁判所(ICC)への付託や、武器禁輸、資産凍結などを柱とする対リビア制裁決議案を全会一致で採択した。

主権国家内部で起きるかもしれない大量虐殺に対して国際社会がどう対応するか、「保護する責任」も問われつつある。

民族自決権とともに、人権に対する国際的なコンセンサスは高まっている。
主権国家だったら何をやってもいい、国際社会は内政に介入してはならないという、旧来の考え方は、ルワンダ、ボスニアの経験を経て新たな対応を迫られている。

こんどのリビアで注目されるのは傭兵。
カダフィ政権が周辺国から雇い入れた外国人雇い兵は、反対府デモに対して残虐行為を働いているという。
彼らにはおなじ仲間を殺しているという感覚はないのだろう。
それがリビア軍の一部の離反を招いたという。

産経はリビア国連大使の演説を伝えた。
----(引用開始)-----
【ニューヨーク=松尾理也】「(カンボジアの独裁者)ポル・ポトはなぜ国民の3分の1を処刑したのかと聞かれ、人民のためだと答えた。ヒトラーは、総統の栄光のため国民の死などたいしたことではないといった…」

カダフィ氏の50年来の友人であるリビアのシャルガム国連大使は25日の国連安全保障理事会の会合で、古今の独裁者を引き合いに出して、時折涙を流しながら「国民に手を出すな。われわれは決して降伏しない」と訴えた。

演説後、各国の外交官は次々とシャルガム大使を抱擁し、発言をたたえた。これまで政権寄りの発言を行ってきたシャルガム大使は、「考えを変えたわけではない。これほどまで犠牲者が出るとは想像もしていなかった」と述べた。
----(引用開始)-----

非武装の国民に手を出した政権に未来はない。
独裁政権の崩壊は近い。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

人権に国境無し。
人権問題を内政不干渉を盾に突き放すことは以前から許されていないのです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2011.02/28 10:25分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民主主義を補完するものとしての直接行動

わが国ではまだまだ「直接行動」の認知度が低いようですし,むしろこれを「テロ」や「暴力」と結びつける傾向の方が強いでしょう.少なくとも直接行動が民主主義に役立つと考える人はごく少数と思われます.しかし私たちは今まさに中東諸国において「デモ」という直接行動...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ