土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

永田洋子死刑囚の死

連合赤軍事件の永田洋子死刑囚が病死したという。65才。同時代を生きた者としてある種

の感慨をもった。連合赤軍事件およびあさま山荘事件が起きたのは、おなじ冬だった(印旛沼をのぞく)。

まず応援のクリックをお願いします!

連合赤軍事件については、このブログでも再々取り上げてきた(主なものは末尾にリンクしておく)。
それを繰り返すことはしない。

この事件の起きたころは札幌オリンピックがあった。
「あさま山荘事件」はテレビでみた。

その年の4月に京都に行った。
浪人のためだ。
その頃は胸あたりまでくる長髪だった。
下宿探しは、西陣の遠縁の家に泊まらせてもらって行ったが大変だった。
京都は赤軍派の拠点だったために身元チェックが大変だった。

下宿は東一条になったのだが、近くの書店で連合赤軍事件を「総括」する雑誌を買った覚えがある。
京都に住み始めてまもなくテルアビブ空港乱射事件が起きた(1972年5月30日)。
左京区に「ピエロ」というジャズ喫茶があって、そこに「赤軍―PFLP世界戦争宣言」のポスターが貼ってあった。

あの時から39年たったのだ。
いまの若者に「あの時代」を話してもピント来ないだろうな。

それは「あの時代(1972年)」から、39年前の時代のこと(1933年・昭和8年)をいわれても、わたしがピンと来なかったこととおなじことかもしれない。

昭和8年?
1月に京都帝国大学の河上肇元教授が検挙、2月には小林多喜二が謙虚・虐殺、3月に国際連盟脱退…。
確かに実感がなかったなあ…。

アイヒマン実験と「連合赤軍」

『実録 連合赤軍』を見て

あさま山荘1972

スポーツ界系と連合赤軍事件

連合赤軍事件再考

70年代の青春「光の雨」


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

生きていることが地獄の責苦だったでしょうね 

それにしても、日本の左翼が党派を超えた真摯な交流と、相互批判・自己批判が出来ていれば、、、という思いが強くあります。そんなことを思いながら、こんなブログ記事を書きました。

http://red.ap.teacup.com/tamo2/1447.html

説明責任 

彼ら、彼女らが仲間をリンチ死させた『総括』ですが、今はアホマスゴミがよく使う『説明責任』と言う表現と同義語という印象です。

どちらも対象者になった者は、解が無いのにいくら説明しても皆が『納得』していないという事で延々と繰り返される理不尽な性質のものという印象です。

個人的には国民代表者づらして偉そうに他者を糾弾しているみのもんたとか田原とか古館とか辛抱とかがそれほど立派な思想・信条を持っているとは全然感じられません。またそれに組している現民主党執行部や野党の自民・公明・共産もアホという感覚です。
  • posted by FK 
  • URL 
  • 2011.02/15 11:36分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ