FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

秋水墓前祭へのメッセージ

幸徳秋水墓前祭の晩、別件で呑んで「カテコテ」に行こうと町に出ると山泉進先生(明治大

学副学長)たちのグループとばったり出会った。先生たちも「カテコテ」行くとのことでごいっしょした。

まず応援のクリックをお願いします!

山泉先生は日本共産党の志位和夫委員長が墓前祭にメッセージを寄せたことを「歴史的なことだ」と高く評価しておられた。

私としてはある意味意外な感じがしたが、学会などでは「日本共産党の幸徳秋水に対する評価は低すぎ」というのが定説だったようだ。

考えてみれば、渡米した秋水はアナルコ・サンディカリズムの影響を受け、帰国後は日本社会党内でゼネラルストライキなどによる直接行動主義を提唱して、のちに日本共産党設立に力をそそいだ片山潜らの普通選挙権を求める議会政策派と対立する。
こうした経過もあっての評価もあったのだろう。

しかし、潜と秋水から学ぶもので書いたように、片山潜と秋水は深いところで結びついていた。
個人の思想と行動は時代によって制約を受ける。
その時代にどう考え、どう対処してきたか、そこからいまにいかせるものを拾い出すことが大切だと思う。

以下、志位委員長の墓前祭に寄せたメッセージを転載する。
-----(転載開始)-----
 幸徳秋水が大逆事件で刑死して百年を迎えるにあたり、墓前祭へのごあいさつを申し上げます。

 幸徳秋水は、日本における社会進歩の運動のさきがけの一人でもあります。師である中江兆民の自由民権論を継承・発展させ社会主義へすすみ、『廿世紀之怪物帝国主義』『社会主義神髄』などの啓蒙(けいもう)書を著し、マルクス、エンゲルスの『共産党宣言』を初めて翻訳し、紹介に貢献しました。

 また、日露戦争時に、幸徳秋水が堺利彦らと「平民新聞」を創刊し、日本とロシアの人民はともにこの戦争に反対し両国の専制政府とたたかおうと、反戦闘争の先頭に立って「非戦」の論陣を張ったことは、わが国の近代史に特筆すべきことでした。

 反戦平和が世界の大きな潮流となっている今日、幸徳秋水の反戦の活動は、歴史のなかで新たな輝きをまし、私たちの反戦平和のたたかいを力強く励ますものとなっています。

 2011年1月24日

 日本共産党幹部会委員長 志位和夫
-----(転載終了)-----

日本は幸徳秋水の言論をえん罪裁判・絞首刑で葬ったあと、坂の上から後戻りできない坂道を転げ落ちていった。
この歴史的教訓を忘れてはならない。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

秋水の評価に限らず、日本共産党の戦前史は非常に貧弱ですね。
土佐高知さんは高知ということもあって共産党全体から見れば異質なのですが、「戦前=暗黒の時代」という歴史観から早く脱却してもらいたいものです。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2011.01/29 10:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ