土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

おお、谷垣自民党総裁d(^_^o)

自民党の谷垣禎一総裁が、青年将校らがクーデターを企てた二・二六事件を引き合いに出し

て映像流出を賛美する世論にクギを刺したという。彼とは主義主張は違えどこれは正論だと思う。

まず応援のクリックをお願いします!

産経ニュースから引用する
----(引用開始)-----
自民党の谷垣禎一総裁は14日午後、さいたま市で講演し、中国漁船衝突の映像流出事件で神戸海上保安部の海上保安官(43)が関与を認めたことについて、青年将校らがクーデターを企てた二・二六事件を引き合いに出し「映像流出を擁護する人もいるが、国家の規律を守れないのは間違っている」と批判した。

同時に「二・二六事件でも『将校の若い純粋な気持ちを大事にしないと』という声があり、最後はコントロールできなくなった」と指摘した。

一方で「政治の責任で解決する姿勢がなかったことが一番の問題だ」と菅内閣の対応を非難。「政権担当能力を失っており、一日も早く退陣させないといけない」と強調した。
----(引用終了)-----

くわしくは犬養毅首相を暗殺した五一五事件の首謀者たちに対する「甘い」対応が、二二六事件の引き金になったというのが歴史の事実なのだか、非合法手段を賛美する世論には同質のものを感じる。

すこしあの時代をふりかえって置こう。
関東軍の独走による「満州事変」(1931年9月)。
マスコミの一部は、それが関東軍の仕業であることは知っていたが、それわ国民に知らせることなく軍部の流す情報を国民に伝え続けた。
というよりも、報道競争を過熱させ、スクープ合戦で最前線に出過ぎた新聞記者がころされるという事件も起こすくらい、マスコミは軍国熱を煽り続けた。

満州に出陣命令の下った将校の妻が、後顧の憂いを絶つ自決や、いわゆる「肉弾三勇士」など、マスコミ、映画、芸能界をあげて、血涙絞る軍国美談が競作されたのもこのころである。

こうした中で1932年5月15日、2月に井上準之助前蔵相、3月に三井財閥の団琢磨を暗殺した、テロリスト集団「血盟団」の影響をうけた海軍青年将校たちが犬養強首相を暗殺した(五一五事件)。犬養首相は満州事変では軍部寄りだったが、軍部による議会政治否定の動きに強く反発していた。テロリストたちは、それを打倒したのである。退役海軍大将で子爵の斉藤実内閣が後継首相となり、政党政治はテロによって葬り去られた。

国際連盟が派遣したリットン調査団は10月に満州事変は日本軍の仕業であるとする一方で、日本にも配慮をしめした報告書をまとめた。
ところが日本の各界各層は「全身の血が一度に頭に上ってしまったように」ほとんど逆上に近い拒絶反応をしめした。軍部・在郷軍人会・右翼団体などを中心に、リットン報告書排撃運動がおこされた。

1933年2月、国際連盟は報告を42対1(棄権1)の多数で採択し、満州事変以前の状態に戻すことを求めた。それに対して国内では、在郷軍人会、政友会、民政党、新聞社などが国際社会の批判を不当なものとして攻撃した。国民の戦争熱、排外熱は新聞などによって異様に高められた。3月、国際連盟の議場から席をけって退席した松岡洋右全権を2000名の国民が横浜港で熱烈に出迎えた。

国民の軍国熱、拝外熱は異様な高まりを見せた。
5月17日には五一五事件の記事が解禁された。陸軍省、海軍省、司法省が事件の概要を発表したが、そのなかで「純真無垢なる青年憂国の志に副ふべくわれわれは挙国一致全力を」(荒木陸相)、「彼等青年の心事に想到するとき、涙なきを得ぬ」(大角海相)と被告への同情を露骨にあらわにした。

7月からはじまった軍法会議では、被告たちが涙ながらに自分たちの動機を陳述すると、裁判官、検事、新聞記者、傍聴人も泣くという異様な光景がくりひろげられた。新聞記者たちは「こんな感激しにみちた公判に立ち会ったことはない」などとする記事で紙面で埋め、検事は被告の行為はまったく愛国の赤誠にもとづく純真無垢なものであることは極めて明瞭と論告する始末だった。また陸海軍の援助のもとに国民的な減刑嘆願署名運動がとりくまれ、内務省はそれを容認した。

こうして動機が純粋であれば、テロでも何でも許されるという風潮が醸成され、テロリストの標的にされていた財界も、右翼の要求をのむなどして「転向」し、軍部におもねるようになった。

それが二二六事件の土壌となったことは歴史的事実である。

もちろん映像流出事件と五一五事件、二二六事件を単純に同列に論じることはできない。だが、底流に流れている「動機が純粋であれば許される」という風潮を看過することは絶対にできない。

その意味で主義主張は違うけれど、谷垣総裁のこの指摘は正論であると思う。


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

情けない政権 

何度も警告してきたシナリオどうりの結末になってしまった。

民主党政権の外交能力のなさが(自民党も同じだが)そもそもの原因であるが、日本人の政治感覚も80年前とそう変わらないのかと思うと愕然としてしまう。


確かに、日本社会の閉塞感が満州事変当時と似ている部分はあるが、いつか来た道は御免こうむりたい。
  • posted by ダルマパパ 
  • URL 
  • 2010.11/16 10:56分 
  • [Edit]

 

 映像を流出させた海上保安庁の職員の問題は、もう政治的立場の違いなどとは異なる次元の問題なんですよ。要するに主義・主張以前の問題。
 真っ当な思考ができる人なら、右だろうが左だろうが谷垣さんと似たような結論に至るはず。
 そのことをまるで分かっていない人がいて困りますな。
  • posted by コミュニスト 
  • URL 
  • 2010.11/16 15:46分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

535:四万十百選?…今大師寺

2010/11/15(月) ■ 私が選んだ「四万十百選!」その? 伊豆田トンネル前 今大師寺 四万十市から土佐清水市へ繋がる国道321号線に伊豆田トンネルがある。その前の、バス停大師前で降りると左の標...

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ