FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

ロシア大統領の国後島訪問

ちょっとニュースとしては旧くなったかもしれないが、ロシアのメドベージェフ大統領の国

後訪問は明らかに日本側への挑発である。彼は「ロシア国内のどこへ行こうが勝手だ」と言っているが、国後島をふくむ千島列島は日本とのあいだで未解決な「領土問題」だ。

まず応援のクリックをお願いします!

その係争地に一方の国のトップが乗り込むこと自体、重大な挑発である。
そもそも領土問題は国後、択捉、歯舞、色丹だけではない。
北は占守島、南は得撫島の北千島列島も含まれる。

問題を整理しよう。
歯舞群島、色丹島とその付属諸島はそもそも千島列島ではなく、北海道の一部である。
これらの諸島について日本は条約などで放棄した経過はなく、北海道の占領をもめざしたスターリン治下の旧ソ連帝国主義が不法に占領、今日も占拠し続けている島々である。

日本政府はこれらの諸島については無条件返還を求める権限があり、国際社会に対してもロシア政府の不当性を諄々と説いて粘り強く包囲すべきである。
ロシアとのあいだでは民間もふくめて、その不当性をことあるごとに主張すべきだ。

それに対して国後、択捉の南千島と北千島列島のいわゆる千島(クリル)列島は、少し趣が違う。
これらの千島列島が日本固有の領土であることは論を待たないので詳細は省略する。
これらの島々も第二次世界大戦末期のドサクサに紛れてスターリン旧ソ連帝国主義が不法に占領していることでは、歯舞、色丹と共通している。

だが、千島列島は国際条約で日本が放棄宣言している点で歯舞、色丹とは違う。
その国際条約とは1951年に日本が49カ国とむすんだサンフランシスコ平和条約である。
同条約の「第二章 領域」の第三条には次のように明記されている。
-----(引用開始)-----
第二条(a) 日本国は、朝鮮の独立を承認して、済洲島、巨文島及び欝陵島を含む朝鮮に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
(b) 日本国は、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
(c) 日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
(d) 日本国は、国際連盟の委任統治制度に関連するすべての権利、権原及び請求権を放棄し、且つ、以前に日本国の委任統治の下にあつた太平洋の諸島に信託統治制度を及ぼす千九百四十七年四月二日の国際連合安全保障理事会の行動を受諾する。
(e) 日本国は、日本国民の活動に由来するか又は他に由来するかを問わず、南極地域のいずれの部分に対する権利若しくは権原又はいずれの部分に関する利益についても、すべての請求権を放棄する。
(f) 日本国は、新南群島及び西沙群島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。
-----(引用終了)-----

(c)で日本が千島列島を放棄したことを明記している。

このサンフランシスコ平和条約について、旧ソ連は、中華人民共和国が排除されたために調印に参加していない。
にもかかわらず、日本は条約で千島列島への「権利、権原及び請求権を放棄」している。
なぜか。
それは千島列島が米英によって、旧ソ連の対日参戦の条件として旧ソ連に差し出されたものだからである。
その汚い取引が行われたのが1945年2月、旧ソ連のクリミア半島ヤルタである。

ここで次の秘密協定が結ばれた。
-----(引用開始)-----
 3大国、すなわちソヴィエト連邦、アメリカ合衆国及び英国の指導者は、ドイツ国が降伏し且つヨーロッパにおける戦争が終結した後2箇月または3箇月を経て、ソヴィエト連邦が、次の条件で連合国側において日本国に対する戦争に参加することを協定した。

1 外蒙古(蒙古人民共和国)の現状は維持する。
2 1904年の日本国の背信的攻撃により侵害されたロシア国の旧権利は、つぎのように回復される。
(イ)樺太の南部及びこれに隣接するすべての島を、ソヴィエト連邦に返還する。
(ロ)大連商港を国際化し、この港におけるソヴィエト連邦の優先的利益を擁護し、また、ソヴィエト社会主義共和国連邦の海軍基地としての旅順口の租借権を回復する。
(ハ)東清鉄道及び大連に出口を提供する南満州鉄道は、中ソ合併会社を設立して共同に運営する。但し、ソヴィエト連邦の優先的利益を保障し、また、中華民国は、満州における完全な利益を保有するものとする。

3 千島列島は、ソヴィエト連邦に引渡す。

 前記以外の外蒙古並びに港湾及び鉄道に関する協定は、蒋介石総統の同意を要する。大統領は、スターリン元帥からの通知により、この同意を得るために措置を執る。
 3大国の首班は、ソヴィエト連邦のこれらの要求が日本国の敗北した後に確実に満足されることを合意した。
 ソヴィエト連邦は、中華民国を日本国の束縛から解放する目的で、自国の軍隊によりこれに援助を与えるため、ソヴィエト社会主義共和国連邦と中華民国との間の友好同盟条約を中華民国政府と締結する用意があることを表明する。
-----(引用終了)-----

脇道にそれるが、この秘密協定には「蒋介石の同意」という但し書きがあるものの、旧ロシア帝国が極東、「満州」にもっていた利権を旧ソ連に引き渡すことも含まれていたアナクロぶりであるが、それをスターリンが要求し、ルーズベルトとチャーチルが同意した。
米英ソのどす汚い根性・領土拡張という帝国主義的性格が第二次世界大戦の汚点として刻印されたのである。
だから、米英は旧ソ連が調印しないものであっても、日本に対して同意を求めたのだ。
ここに千島をめぐる日本に対する米英の冷淡さのルーツがある。

千島問題の解決はこの不当性を原点としなければならない。
「北方領土」という、「南千島は千島列島ではない」という国際社会では笑いものを主張しても解決しない。
ましてカネで何島かを買い取るなどというのは、残りの島々をロシアに売り渡すという売国的政策であって断じてその愚を犯してはならない。

旧ソ連の帝国主義的政策は、ソ連崩壊とともに西では原則として解決がはかられた。
ヒトラードイツとむすんだ秘密協定によって占領されたバルト三国は独立した。
ウクライナなど、旧ソ連邦に併合されていた国々も独立をはたした。

旧ソ連の帝国主義的政策で誤りが是正されていないのは、歯舞、色丹と千島列島のある東方である。

この歴史的な誤りを是正させるために、原点にたった国民運動を起こし、当のロシアはもちろんのこと国際社会に強く働きかけることが肝心だ。

日ロ領土問題/歴史的経過を見ると― - しんぶん赤旗


☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 サヨクブログのランキングアップにご協力を!
  励みになります。ポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ

*Comment

 

記事と違う内容になりますが
尖閣諸島 動画流出
http://www.youtube.com/watch?v=q3JYT0G94-E

朝まで動画が生きているか分かりませんし、朝にはニュースになってる……ことを願います。
  • posted by 道端の雑草 
  • URL 
  • 2010.11/05 01:47分 
  • [Edit]

 

ま、プーチンの排泄物にたかってきたハエには、自己主張しようにも その能力も無く、安易にナショナリズムに飛びついたということでしょう。
  • posted by キンピー 
  • URL 
  • 2010.11/05 10:09分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ