FC2ブログ

土佐高知の雑記帳

四国西南部から徒然なるままに、祖国の右傾化、田舎切りすてに異議申し立てほえる。靖国神社の戦争犠牲者冒涜に怒りの発信!軍需産業=吸血鬼を暴き出すお気楽バンパイア・ハンター(^○^)

Entries

サヨの「皇室典範」論議①

いやはやこのテーマについて論じるようになろうとは…。
だが、象徴天皇は現憲法の重要な柱だから、さけては通れないだろう。
右翼ブロガーたちにとって、自分たちのポリシーをかけた大激論がおこなわれている中で、サヨクブロガーがこんなこと書いたらおこられるかな、と思いつつ素朴な疑問もあるので書くことにする(^_^;

このあいだの四国のスキー旅行でも、この話題はもりあがった。



はじめに、基本的なことでのおさらいをしておく。
だが、きわめて不得意な分野なので、誤りがあれば右であれ左であれ中であれ率直に指摘してほしい。

まず、女性天皇と女系天皇の違いについて。
女性天皇は女性が天皇になることで、「万世一系」の天皇家にも歴史的に存在した。
しかし、それは一代かぎりでその子どもたちは代をついでいない(子どもがいなかったのだが)。
で、これは問題なしとされるようだ。
そうだよね?

問題は、その女性天皇が男性と結婚し(当たり前か)子どもができたとする。その子ども(これは男女どちらでもよろしい)が天皇になったら、どうなるかということだ。
これは、女系天皇がはじまったということで、右翼ブロガーのうち一方の側は強力に反発している。
で、この人(埼玉・最年少の和光市会議員)も歴史的な外戚の弊害などをのべて反対しているのだが、でもこれは男女関係ないことだ。正田家にしてもその気になければ外戚の弊害をおこすことができたはずで、それを嫁の側はおこさず婿の側だけがおこすというのはまったく根拠がない。したがってこれは意味なし!!

では女系天皇を認めないとなるとどうなるか。
これは非常にきびしい事態に直面せざるをえなくなる。
懐妊した紀子さんが男子を産めばいいのだが、そうならなかったらどうなるか?
皇室の男性にさらにがんばってもらえればいいが、もし男子が産まれないとしたら早晩、男系は絶えるのだ(もし産まれても、成人でききるかどうか言いにくいことだが、保障のかぎりではない)。

で、もともとこの男系というのは、天皇に側室をおいていることが前提となる制度ではなかったか。
つまりいわゆる「大奥」を皇居に置くことだ。
じっさいにこれは大正天皇までは、そういう制度があったのだ。
ところが昭和天皇は、現皇太后だけを妻とし側室を置かなかった(これは現天皇が生まれるまで、まわりが執拗にすすめたが、断固として彼はききいれなかったという←これは昭和天皇のステキなところだ)。
で、昭和天皇は皇太后とのあいだに天皇、常陸宮の男子をつくった。
天皇には、3人の子どもがいるが、常陸宮には子どもはいない。

でもって、男系継承論者があくまでも主張する男系維持をやるとするなら、あっさり言って側室制度を復活することがもっとも現実的な道である。
つまり、現皇室の天皇、皇太子、秋篠宮、常陸宮、三笠宮、桂宮(えっ?彼は結婚してないの?)は、昭和天皇の意志に反してでも側室をもち、子どもをつくることに挑戦するべきである。
側室になる人かいるかどうか、本人たちとその家族の感情は別とすれば、天皇家には民法のしばりがかからないから(ホントか?ここは自信がない。誰か教えて!!)問題がないのではないか。




でも、こうやって突きつめていくと男系天皇にこだわることは、いかに現代の天皇家の人たちを傷つけ、モラルを破壊することを押し付けていることであって、現代の世界からも笑いものになるグロテスクなことだろうなと思ったところで、今宵はこの辺にしておこう(つづく)。

≪この記事からトラックバックしたブログ≫
どうでも良い?と言いつつも!

9条守ろう!ブロガーズ・リンク

「皇室典範と懐妊さわぎ」について

☆きょうも読んでくれてありがとうm(__)m
 来てくれた記念にポチッとおねがい!
↓    ↓   ↓
にほんブログ村 政治ブログへ


こちら新しいランキングサイトにも

*Comment

 

どうしても男系を維持したければ、言われる通り一夫多妻にするしかないでしょうね。でも民法の縛りはかかってるんじゃないかな?(私もよく知りませんが、他の法律、たとえば道交法なんかも守る必要があるわけだし)ですからその点も法律をいじる必要が出てくるでしょうが。 

私は実は「どっちでもいい」と思っている人間です。将来的に天皇制はなくなっていく方向に向かうのがベストと思っているので、あくまでも男系に固執してもらうほうが消滅しやすくなっていいかな、などとも(笑)。

コメントありがとうございます。 

時々のぞかせてもらっています。
これからもよろしく。

この側室制度については、こちらの方も論じていました。

http://ameblo.jp/syamo0001/entry-10009306274.html

そうですね。
男系にこだわってくれたほうが、天皇制の消滅は早いでしょうね。
女系がはいると長くなると思う。

でも、こんな非人間的な制度は、一日も早くやめるべきですね。

同感(ほぼ) 

はじめまして。
あるところにコメントしてらしたのでそこからうかがいました。
天皇家の方々をわりと好きな者なのですが、
「愛情というか自然な結びつきを重んじた結果(つまり男女産み分けをしない)、天皇家の直系が途絶えても、さらには天皇家の男系の血筋が途絶えても、それはそれでしかたがない」
と考えております。華氏451度氏のご意見とニュアンスが違い
「天皇家の血筋と天皇制は別問題」
ということを前提として(ここは同意していただけますか?)
「天皇家の血筋がたとえ途切れたとしても、
人々の記憶には留まるだろう(長いこと思い出されるだろう)」
と考えております。土佐高知さんのおっしゃる通り、どうしても天皇制を続けようとするとグロテスクかつ非人間的になってしまいます。それはあんまりです。

ようこそ!! 

>天皇家の方々をわりと好きな者なのですが、
私も好き嫌いから言えば、好感度のほうでしょうか。
同情も多々あります。
だからこそ、側があんまり騒ぎすぎるべきではないと思います。

で、「天皇家の血筋と天皇制は別問題」は同意します。
天皇制は現憲法で変わりましたし、天皇家の血筋についての考え方は、昭和天皇の時代で昭和天皇が変えたんだと思っています。

それを逆行させるなど、人間として許されることではないと思います。

実は側室制度の次は、男女産み分け、人工授精、精子冷凍というテーマなんですが、結論からいってそんな惨いことをあの人たちに国民は強制していいのでしょうか。

わたしは、天皇を決めるのは、現天皇家できめてもらえればいい、そういう皇室典範にしたらどうかと個人的に思っています。

「赤子は継承問題に口を挟むべきではない」ということですかね。
外戚やとりまきが皇位継承に口をはさみ出したら終わりだということは、歴史が証明しています。
  • posted by 土佐高知 
  • URL 
  • 2006.02/24 18:20分 
  • [Edit]

 

傍系OKか直系のみか、の問題じゃないの?
女系、男系って言い方でのみ騒がれてるけど。
天皇の直の子供でないと次の天皇になれない、という形が良いの?(これは欧米人の考える王家の流れネ)
(所謂「万世一系」ってそういう流れの事じゃないからね)
傍系を引っ張ってくれば、いくらでも「側室無し」で対応できますよ。
そういうアバウト感覚が日本(神道)の持ち味なんだしさ。(結局“天皇霊”のウケヒの問題だろうし)

ちなみに私はあった方が良いと思うね。

あれは千年単位で時間かけて行っている「コンセプチュアル・アート」なんだよ。いいよ、あれ。

現実に「ズバリの害毒」垂れ流しているわけじゃないだろ、あれ。日本共産党だって「容認」しているそうじゃないか。
皆さんだって、それほど熱く「天皇制はんたーい」って叫んでるようでもないしね。

言語による「思考」にしろ、「文化」にしろ、「帰属意識」にしろ、突き詰めれば、“合理性”を根拠にしてないだろ。
だって、ぐっと突き詰めれば「生の不条理」に行き着くから。
「生」って「虚無」の真っ只中にあるわけ。
といっても発狂するわけにも自殺するわけにもいかないから(本当はかまわないけどね)、何とか“秩序”を擬制として成り立たせるわけ。
仮にこれを「伝統」とでも呼んでおこうか。
日本の伝統の大きな結束点として“天皇”ってやつがある。それが、日本の伝統の全てではないが、かなり大きい方だ(大きいから皆さん騒いでいるわけね)。

残しとけ。「富士のご来光」みたいなものだから。

第一、中国や韓国のような「発狂愛国運動」のストッパーになるだろ。大部分の「天皇大好き人間」はニコニコして田舎から小旗振りに皇居に参詣に来る様な人たちだ。

「天皇」が消滅しても不条理で無意識の世界から来る、“何か”そのものは無くならない。
ただ、昔からの安定した「天皇回路」がなくなって、“発狂大噴火”するだけ。
中国や韓国みたいになったら、あんたらサヨク、“狩られる”のとちゃう?向こうの愛国運動はキッツイらしいよ。
  • posted by 千鳥道行 
  • URL 
  • 2006.02/27 00:19分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

応援おねがいm(__)m

サヨクブログ興隆のために 1日1回それぞれポチッと!!↓


にほんブログ村 政治ブログへ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アンケートのおねがい

このブログへの評価をおねがいします。これからの記事に反映させていきたいと思います。

プロフィール

土佐高知

Author:土佐高知
男性/スライム系(LV61・HP715・MP1952)/高知県に生息/酒席は好きだが、晩酌はしない/どちらかといえば「凝り性」/美徳は「きまぐれ」/ウルトラマラソンに向かって日々鍛錬中!!/嫌いなことは陰口と意見を無視する態度
◎ブログの考え◎
TBは、削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除します。
コメントへの書き込みは、管理人および訪問者の意見交換の場と考えていますので、反対意見でもフレンドリーかつ建設的な態度で行なっていただくようお願いします。無意味な文字の羅列や、コピペ、他者を誹謗・中傷する(この判定は下記のとおり)コメントは警告なく削除する場合があります。多重ハンドル禁止など、ネチケットをまもることは、最低限のルールであることは言うまでもありません。
その他、ここに明文化していないことは土佐高知の判断に属します(重要!)。
紹介している商品の取引は、それぞれの責任でおこなってください。当ブログは一切の責任をおいません。

MAILをどうぞ!

ここでは書けないご意見、お問い合わせをどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

QRコード

QRコード

FC2拍手ランキング

ブロとも申請フォーム

埋め込み

右サイドメニュー

トコトン共産党

ご訪問ありがとう

ただいまのご訪問者

現在の閲覧者数:
無料カウンター

ブログ内検索

商品検索

賛同TBセンター


「しんぶん赤旗」

ブログジャンキー

わたしのオススメ

お薦めの本、CDなど



















アフリⅠ

アフリⅢ